地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ホームページ制作で最初に必要な予算は撮影代です

      2015/05/24

ホームページを制作するにあたって多くの方が軽視している準備物が2つあります。今日はそのうちの1つをお話します。ホームページの見積もりを取る際に「撮影代」が入っていない場合が多いようです。実は、売れない残念なホームページを完成させてしまうクライアントさんに共通する傾向として「写真代にお金をかけない」というのがあります。

写真のクオリティが売上に大きな影響を与える

ホームページを訪れた際、最初に目に入るのは写真です。その次に大きめのキャッチです。お客様は訪れたサイトが自分に関係あるかないかを瞬時に判断します。特に宿泊業や飲食業は重要です。写真ならば、美味しさや清潔さを瞬時に伝えることができるからです。あるいは「何ができるか」を伝えることも大切です。その大切な1枚の写真がチープであれば、お客様の購買意欲が大きく削げてしまうのです。例えば、以下の2枚の写真をご覧下さい。

自分で撮った写真↓

カニ鍋1

プロが撮った写真↓

nabe2

どちらの写真が目に入った方で予約を入れたくなりますか?写真のクオリティはプロにはかないません。特に「美味しそうに」撮られたプロの料理写真は、素人が撮った写真とは比べものになりません。写真が劣る分、キャッチコピーや説明書きでフォローする、という考えもありますが、文章のプロでもない限り、更にハードルが高くなります。また、記載できる文章量に制限のある予約サイトなどでは、売り手が思っている以上にお客様は写真で選んでしまっているケースが多いのです。

じゃらんネットの民宿かどや例えば、じゃらんネットは写真が重要

宿泊業界や飲食業界の場合、ホームページを作るつもりで用意しておいた予算を写真撮影に回してしまう、という手もあります。じゃらんネットやぐるなび等のポータルサイトは、写真の優劣が反応率に大きな差がつくのです。

プロのカメラマンの撮影代っていくらぐらい?

撮影代は1枚につきいくら、という場合もありますが、大抵は1回来てもらっていくら、と言ったケースが多いです。旅館などの場合は、料理だけでなく、館内、お部屋、お風呂、外観なども撮ってもらうとなると半日~一日仕事です。納得の行く良い写真を納品してもらいたければ、撮影代は宿の場合だと10万円ぐらい見ておいたほうが良いです。また、モデルさんなども入れて人気(ひとけ)を出したい場合は、別途モデルさんの人件費も発生します。

nabe3モデルを入れると”体験”できることを
イメージしてもらいやすい

撮影予算がとれない場合は・・・

そんなにお金は出せない!という場合は、自分で撮影するしかありません。幸い、カメラの撮影技法のセミナーは近年いたるところでやっています。物販の場合は楽天市場が楽天大学で撮影セミナーでやっていたり、宿泊業の場合は楽天トラベルが楽天カレッジで撮影セミナーをやっていたりしています。あるいは今回の持続化補助金のように補助金でホームページが作れる場合は思い切ってカメラマンの予算も入れておきましょう。撮影代をケチらないことが効果の高い売れるホームページへの第1歩なのです。

売れるホームページを作るには

写真という素材ともう一つ準備しておくものがあります。そちらはお金はかかりません。この2つの準備物とこれらを引き立たせるためのキャッチコピーでホームページを作り上げていきます。準備なくして売れるホームページはできません。

もう一つ準備するものって何?
集めた素材にどんなキャッチコピーをつけていけばいいの?

その辺についてのお話をさせて頂くセミナーを『無料』で行います。

■日時:2015年6月10日(水)13:30~15:30
■場所:オーシスマップ青渓技術センター 研修室
■内容:WEB集客の基本、圧倒的に反応率が上がるWEBリニューアル術 他
■参加対象:兵庫県在住の方
■参加費:無料 定員:30名
■申込期限:6月3日(水)(定員になり次第締切)
詳しくは、株式会社ピーナッツ(TEL: 079-662-8331)まで。
★平成27年度・兵庫県ブランド力強化・人材育成支援事業★

詳しくはコチラのPDFをご参照下さい。

Webセミナー150610

Facebookイベントで参加表明されているだけでも定員の半数となっています。まもなく満員となると思いますのでご希望の方はお早めに。(参加資格は兵庫県内の事業者のみとなります)

 

illust3786

(公式)コムサポートオフィスHP
http://www.com-support-co.jp
「伝える力」を付けて売上UP!!

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, マーケティング

Comment

  1. 澤尾 より:

    初めまして。関西でフォトグラファーをしております、GREENPHOTOGRAPHYの澤尾と申します。写真が簡単に撮れるようになった現代で、ここまで撮影が大切と言い切っていただける記事をお見かけしたのでコメントさせていただきました。ありがとうございました。

コメントを残す

  関連記事

「この週末、予約が殆ど入らなくて。何か手立てはありませんか?」〜宿泊施設の販促事例〜

「何か手立てはありませんか?」 年末年始が終わると、松葉蟹を出す宿もお客様が一段 …

宿泊施設の方がネット集客を考えた時にお勧め本「究極のネット集客術」

この正月、実家へ里帰りをしていましたが、その間、何冊か本を読んでいたので、本から …

小規模事業者持続化補助金、二次採択分の結果は・・・!

本日夕方に、平成26年度補正予算小規模事業者・持続化補助金の第二次募集の採択結果 …

お客様から予約や注文の入ってくるホームページとは?

『お客様から予約や注文の入ってくるホームページ』 とても魅力的な言葉ですよね。ど …

宿を営むのに必須なコト2つ

9月から本格的に始めた、小規模宿泊施設(とくに10室以下の民宿)の集客・販売促進 …

「僕たちは1/100のほう」〜実際に行動に移す人、続ける人は少ない

昨日のブログで、自施設の従業員に対して観光ガイド養成を行った湯村温泉の老舗旅館「 …

宿泊施設はじゃらんネットや楽天トラベルに参画したほうが良いの?

今やインターネットによる宿泊予約といえば、じゃらんネットと楽天トラベルが2大巨頭 …

私が量販店やネットではなく「街の電器屋さん」で家電品を購入した理由

11月に事務所を開いたコムサポートオフィス豊岡事務所も段々と設備が整ってきました …

お客様を集めるのと売上を集めるのとは違う!

宿泊施設の販促支援を行っていると、卵が先かニワトリが先かという内容に出合うことが …

集客に活用するFacebookとブログの使い方とは?

小規模宿泊施設や事業者の方、Facebookとブログを意識して集客に活用していま …