地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

自宿だけお客様が無いと悩む前に、近隣の集客状況を「近隣エリアの空室カレンダー」で確認!

   

今日現在、まだ梅雨明けしていない近畿地方。。。だからでしょうか、但馬の観光地は7月に入っても人影はまばら。

今日から海の日3連休。今日もピーカンで灼熱の太陽が海水浴を促して、今日から観光客や旅行客が増えて欲しいなぁと思います。

というのも、

「6月から連休前まで、ホンマにもうヤバいくらい、お客さんが入らなくて・・・」

「もう主人と、今年こそ宿をたたまないといけないかもって言ってたんです。。。」

と、クライアント様や宿屋の知人と言っていたほど、近畿の日本海側は観光客が動いていないようなのです。

香住の人気宿でも、今年の夏の予約は例年に無く苦労しているとか。。。むむっ!

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

近隣の集客状況が確認できる「近隣エリアの空室カレンダー」

予約が入ってこないと、どうしても「自分のところだけかも」と自暴自棄になりがちです。でも、心を落ち着かせる方法はあります。

じゃらんネットの「近隣エリアの空室カレンダー」を見てみましょう。

自宿だけが予約が入らない場合、原因は自宿にあるわけですが、近隣も同じように空いているのであれば、自宿だけの原因ではないかもしれません。

7/12(水)現在のデータ。淡路島は夏がオンシーズンなので、当然、夏の連休は早くから少ないですが、但馬地方は半分程度しか空室が出てない状況です。

自分の宿だけが無いということではないと思うだけで、心が落ち着きますよね。全体的に動いていないということは、全体的に動き始めると自宿の予約動向も良くなるということだから。

とはいえ、景気動向のせいにしないことが重要です。

私の主人の宿のように、リピーター様が多ければ自宿が選ばれ、満室になります。リピーター様を増やしてこなかった宿側に原因があるので、景気動向に左右されないリピーター様を増やす努力を重ねるほかありません。

ま、「近隣エリアの空室カレンダー」を見て心が落ち着いたら。。。

それでも、いろんな対策をして、1人でも多くのお客様に自宿を見つけて頂きましょう!

この夏、いくつか試してみて効果があったことを3つお伝えします。

1.手仕舞いの時間を遅くする

夏は天気を見て「明日明後日は晴れそうだから、海へ行こうか!」と夜中に予約するお客様も居られます。そのため、お任せ会席など調整が可能なコースの場合は、手仕舞いの時間をできる限り遅めに設定してみましょう。

2.海や山に近い宿ほど「ファミリー」を意識する

通常の季節は「しっぽり大人旅」がメインターゲットでも、夏休みだけは子供や孫も動く「三世代ファミリー」にもターゲットを広げてみましょう。その場合、プランタイトルや中身も三世代を意識したものに変更しましょう。

3.予約サイトに載せる写真も夏っぽい写真に

夏は「夏休み」或いは「梅雨明け宣言」と共に急に予約が動き出します。7月に入ってからお盆までは写真もトップ画面も夏仕様にして、海水浴や水遊びを意識して変えてみましょう。

(夏を連想させる写真ですよね!)

当地はオンシーズンは冬で、6ヶ月先までのプラン販売をするため、料理の主役となるカニの写真がどうしても予約サイトに増えます。そのまま冬仕様の写真のままにしていたところ、やはり夏の予約は芳しくありませんでした。

そこで、トップ画面を夏仕様の「海水浴メイン」の写真に切り替えたところ、PV数が増加し、予約も少しずつ増えてきました。

*****

夏は酷暑になれば海水浴客も増えてくるので、これからの天候次第になりますが、手を休めること無く、宿泊予約サイトのてこ入れをしたり、いつ急に入られても大丈夫なように掃除を再度丁寧にしたり、お客様に暑中見舞いを出すなど、一つでも多くのことをやってみてください。

 

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

FLAP TOYOOKA(フラップ豊岡)の個人会員になりました! 〜コムサポ式活用法〜

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている …

「売れる売り方」とは、価値を伝え、必要とする人に響くこと

昨夜は町内の方に頂いた鹿肉を調理して、頂きもののシャンパンと共にローストで頂きま …

なぜ私が小規模宿泊施設の支援ができるのか?

ここのところ、宿泊施設さんへの販促アドバイスが続いています。その際には宿泊プラン …

宿のWeb販促の基本は宿泊プランです

今年に入ってからも宿泊業の方からの販促支援のお仕事を頂いています。ありがたいこと …

値下げしないで売るための3つの考え方

小さな店舗、小規模宿泊施設の支援をさせて頂いていると、価格設定の悩みをよくお聞き …

小規模事業者持続化補助金、二次採択分の結果は・・・!

本日夕方に、平成26年度補正予算小規模事業者・持続化補助金の第二次募集の採択結果 …

よくある質問「ホームページに動画を載せた方が売上は上がりますか?」

先日、販促支援をさせて頂いている事業者さんから、ホームページ制作のご相談を受け、 …

売れるホームページと売れないホームページ、どちらが欲しいですか?

売れるホームページが欲しい方へ 今日は私の仕事「Webディレクター」のお話です。 …

「お客様に思い出してもらうためのツール」ニュースレター第4号、必死のパッチで制作中!

今日から1週間ほど、主人がロンドンで開かれる観光博、World Travel m …

「女性目線の観光資源って?」商工会女性部の研修会で講師を担当!

昨日、商工会女性部の研修会で講師を務めました。商工会や観光協会の女性部って研修活 …