地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

WEBサイト・ディレクションの実例~ターゲットはここまで絞る

      2014/12/12

昨日のWEBサイトディレクションなる言葉、聞きなれない言葉かもしれません。実際、ホームページを作る際、業者さんに任せっきり、デザイン的にはキレイ、カッコイイものでも、効果の出ない、売上や予約の入ってこないサイトが多いのが実情です。それは自社や商品を良く見せようとするだけで、どんな人にどんなことを共感してもらって買ってもらうのかの導線がはっきりしていない場合が多いのです。ここはあえて、主人のもう一つの事業、スキューバダイビングショップのサイトを例にとってお話させていただきますね。

どんなお客様に来ていただきたいですか?どんな体験をしてもらいたいの?

まずはこちらのサイトを御覧ください。

ダイビングホームページ画像をクリックするとリンク先のサイトに飛びます

ダイビングショップのサイトですが、どんなお客様に来ていただきたいか、誰でもわかりますよね。夏休み中の「親子」に忘れられない親子のふれあい、感動体験をしてもらいたい。メッセージが明確です。

従来のダイビングショップのサイトは?

あまり知られていない業界ですので、解説させていただきます。ダイビング業界には20世紀から長らく変わっていない販売手法が2つあります。一つは入り口である講習料が極端に安いショップさんが多いこと。もう一つは初期講習からプロコース、更には水中ガイドや水中写真まで何でもできます、何でもご相談下さい、といったスーパーマン的なショップが多いことです。1つめは入り口の体験ダイビングや初期講習を安くして、その後の器材販売で儲けるというバックエンド方式のビジネスモデルが古くから続いているということです。その為、サイトのトップに「講習料が安い!」ということをPRしたサイトのお店がまだまだ多いんです。2つめは華道や茶道同様習い事システム(ステップアップ方式)を採用しているため、どんなレベルのお客様でも対応できるインストラクターであるかのような創りのサイトが多いです。実際はインストラクターによって得手不得手はありますし、それぞれのショップさんの得意分野があるのですが、ホームページを作るとなると「どんなお客様でもOK」「うちのお店はスーパーマン揃いです!」的なものを作ってしまっているケースが多いのです。

自分の業界に置き換えて考えてみてください

❏他のお店よりも安い価格を全面に押し出して、とにかくお客様の問い合わせをもらう。そのためにホームページはあるんだ!

❏とにかくどんなお客様でもいいのでたくさんのお客様に来てもらいたい!なので、ホームページには様々なお客様に興味を持ってもらえるコンテンツをモリモリで入れるべきだ!!

こんな考え方でホームページを作ろうとしていませんか?現在私が対応させていただいている事業者さんには業界を問わず「どんなお客様が多いですか?」「どんなお客様に来ていただきたいですか?、買ってもらいたいですか?」ということを必ずお聞きしています。宿泊業界の場合「年齢層は?」「カテゴリー(カップル、親子、グループ、お一人様等)は?」「どんな遊びを好きな方?」といった感じでも絞りこんでいきます。すると「カップルでもファミリーでも年配の方でも、とにかくたくさんのお客様に来てもらいたいんです!」といわれる事業者さんが多いです。断言します。

「どんな人にも来てほしいと思っているお店は誰にも選ばれません!!」

主人のダイビングショップは、お客様を絞ることで、価格競争とも無縁ですし、業界内での広告も不要、周辺の同業者をライバル視する必要もありません。宿も同様です。皆さんのお店も同様です。大切なのはしっかりディレクションした上でホームページを作ることが重要なんです。

ここまで絞り込んで本当に大丈夫?ってぐらい絞り込んでしまいましょう。どうやって絞り込むの?そこを考えていくのがディレクションです。ぜひ、ご相談下さいね。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, その他, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

誇張した自社サイトが原因でクチコミ点数が低い宿の対応策3つ

昨日のブログで、自社サイトを盛りすぎて高級旅館と見せてしまっているために、実際と …

ジオパークの本質をもう一度学び直そう 〜3/27『山陰海岸にジオパークは必要か?』開催記

山陰海岸ジオパークが日本ジオパーク委員会から条件付き再認定(イエローカード)にな …

持続化補助金で経費として認められているもの<2>広報費

平成26年度補正(27年実施)での小規模事業者持続化補助金で経費として認められて …

今年のふりかえり★宿や小売店のホームページ製作

本格的に事業を始めた今年、お仕事で大きなウエイトを占めたのが、ホームページ製作で …

5年後もガイドとして活躍したい人にインタープリテーションスキルが必須である理由

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

「少子高齢化は行き着くところまで行くと、子供の数は増えてくる?!」地方にとって希望に満ちた法則になるかも!

昨日ブログに書いた、和歌山大学で行われた藻谷浩介先生の講演の続きです。一度聴いた …

チラシやダイレクトメールを「広告」と思うと失敗してしまう

最近、様々な業種のチラシやダイレクトメール(以下DM)のアドバイスをさせていただ …

ネットショップに出店するメリットとデメリット

先日、「集客効果が出る販売促進ツールの選び方」というセミナーを豊岡市商工会のまち …

宿泊施設はクレジットカード払いを積極的に受けましょう

昨日まで、3泊4日で信州から北陸へ夫婦で旅行に出ていました。今回は知人友人の宿へ …

閑散期は繁忙期への準備期間と捉えましょう! 〜宿泊施設の集客アドバイスから〜

「今の時期、お客様からの予約が全く無いんです。このまま来ないんじゃ・・・!」 と …