地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

WEBサイト・ディレクションの実例~ターゲットはここまで絞る

      2014/12/12

昨日のWEBサイトディレクションなる言葉、聞きなれない言葉かもしれません。実際、ホームページを作る際、業者さんに任せっきり、デザイン的にはキレイ、カッコイイものでも、効果の出ない、売上や予約の入ってこないサイトが多いのが実情です。それは自社や商品を良く見せようとするだけで、どんな人にどんなことを共感してもらって買ってもらうのかの導線がはっきりしていない場合が多いのです。ここはあえて、主人のもう一つの事業、スキューバダイビングショップのサイトを例にとってお話させていただきますね。

どんなお客様に来ていただきたいですか?どんな体験をしてもらいたいの?

まずはこちらのサイトを御覧ください。

ダイビングホームページ画像をクリックするとリンク先のサイトに飛びます

ダイビングショップのサイトですが、どんなお客様に来ていただきたいか、誰でもわかりますよね。夏休み中の「親子」に忘れられない親子のふれあい、感動体験をしてもらいたい。メッセージが明確です。

従来のダイビングショップのサイトは?

あまり知られていない業界ですので、解説させていただきます。ダイビング業界には20世紀から長らく変わっていない販売手法が2つあります。一つは入り口である講習料が極端に安いショップさんが多いこと。もう一つは初期講習からプロコース、更には水中ガイドや水中写真まで何でもできます、何でもご相談下さい、といったスーパーマン的なショップが多いことです。1つめは入り口の体験ダイビングや初期講習を安くして、その後の器材販売で儲けるというバックエンド方式のビジネスモデルが古くから続いているということです。その為、サイトのトップに「講習料が安い!」ということをPRしたサイトのお店がまだまだ多いんです。2つめは華道や茶道同様習い事システム(ステップアップ方式)を採用しているため、どんなレベルのお客様でも対応できるインストラクターであるかのような創りのサイトが多いです。実際はインストラクターによって得手不得手はありますし、それぞれのショップさんの得意分野があるのですが、ホームページを作るとなると「どんなお客様でもOK」「うちのお店はスーパーマン揃いです!」的なものを作ってしまっているケースが多いのです。

自分の業界に置き換えて考えてみてください

❏他のお店よりも安い価格を全面に押し出して、とにかくお客様の問い合わせをもらう。そのためにホームページはあるんだ!

❏とにかくどんなお客様でもいいのでたくさんのお客様に来てもらいたい!なので、ホームページには様々なお客様に興味を持ってもらえるコンテンツをモリモリで入れるべきだ!!

こんな考え方でホームページを作ろうとしていませんか?現在私が対応させていただいている事業者さんには業界を問わず「どんなお客様が多いですか?」「どんなお客様に来ていただきたいですか?、買ってもらいたいですか?」ということを必ずお聞きしています。宿泊業界の場合「年齢層は?」「カテゴリー(カップル、親子、グループ、お一人様等)は?」「どんな遊びを好きな方?」といった感じでも絞りこんでいきます。すると「カップルでもファミリーでも年配の方でも、とにかくたくさんのお客様に来てもらいたいんです!」といわれる事業者さんが多いです。断言します。

「どんな人にも来てほしいと思っているお店は誰にも選ばれません!!」

主人のダイビングショップは、お客様を絞ることで、価格競争とも無縁ですし、業界内での広告も不要、周辺の同業者をライバル視する必要もありません。宿も同様です。皆さんのお店も同様です。大切なのはしっかりディレクションした上でホームページを作ることが重要なんです。

ここまで絞り込んで本当に大丈夫?ってぐらい絞り込んでしまいましょう。どうやって絞り込むの?そこを考えていくのがディレクションです。ぜひ、ご相談下さいね。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, その他, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

自社商品を使って下さってる既存客こそ大切に。

今日、トヨタへ12ヶ月点検に行ってきました。私の愛車プリウスは乗って丸6年になり …

知る→わかる→できる→習慣化こそがビジネス成功のカギ

先週の土日、主人のダイビング店を久しぶりにお手伝いしました。昨年は起業して直ぐの …

【開催報告】プランづくりに悩む宿泊施設オーナー様向けに「宿泊プランづくりセミナー」を4/25、26に開催!

先日、宿泊施設の方を対象に、宿泊プランづくりセミナーを豊岡市小田井のコムサポ事務 …

視座を変えて俯瞰することを楽しめた「ダリ展」

今日は先ほどまで京都に居りましたため、遅い時間のブログ投稿になりました。 兵庫県 …

ソーシャルメディアをビジネスに活用する方法〜エクスマセミナーより

エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)のセミナー聴講報告、最終回です。 前 …

拡散されたり紹介されるインパクト「看板」を考えてみませんか?

私が暮らす佐津集落には、以前、テレビ番組の「ナニコレ珍百景」に取り上げられた、お …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …

Facebookページやソーシャルメディアをする前に事業者がなすべきこと

先日のお話で、Facebookページのデメリットをお話する結果となりました。記事 …

白山手取川GP観光業者向け講演☆ジオパークという言葉は使うな?!後編

昨日のブログの続きです。例としては、私の地元・香住をテーマにジオツアーを作ったと …

お客様から予約や注文の入ってくるホームページとは?

『お客様から予約や注文の入ってくるホームページ』 とても魅力的な言葉ですよね。ど …