地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ビーチクリーンイベントに参加。高校生がんばってます!

      2015/03/27

先週土曜日、兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町にある猫崎半島の付け根、誕生の浜のビーチクリーンイベントに参加してきました。実は地元豊岡総合高校インターアクトクラブの顧問・岩本先生からFacebookでお声をかけて頂き、仕事の予定の間を縫って、参加した次第です。

竹野浜竹野の海はエメラルドグリーン、気持ちいいくらいの快晴!

このイベントは、兵庫県内の高校のインターアクトクラブが多数参加し(それも交通費は自費で)、地元ロータリークラブ、竹野海岸を美しくする会、たけの観光協会、そしてNPOたじま海の学校ほか、地元住民総勢130人ほどで回収しました。遠い方は何と4時間半もかけて淡路島から!ありがとうございます!

ちなみにインターアクトクラブとはボランティアクラブで、但馬では豊岡総合高校がいろんなところで活動されていて、花いっぱい運動やカバストマルシェなどでの出店など、多様な活動をされています。

インターアクトクラブ(Interact Club、IAC)とは、奉仕と国際理解に貢献する青少年のための、ロータリークラブ(RC)提唱の世界的団体で、高校に在学中の生徒、または年齢12~18歳までの青少年が入会できます。Interactという名は「国際的活動」International Actionを意味します。(ロータリージャパンHPより抜粋

話をビーチクリーンに戻しましょう。この時期には珍しく晴天。ですが風が強くて日陰はちょっと寒い一日でした。午後からの1時間半でどのくらいのゴミが回収できたかというと、4トンとのこと。すごい量が押し寄せていたことになります。冬の間はドンドン押し寄せるので、わざと放っておいて、春になったら人力で回収するのです。回収したゴミは豊岡市が処分して下さいます。ありがとうございます。

豊岡総合高校インターアクトクラブの生徒達がリーダーとなって、ゴミ集めの目的とこの浜の説明をジオパークを絡めて説明して下さいました。ジオパーク保全って皆さんの活動があってこそです。感謝!

ビーチクリーン

一番多いのは発泡スチロール、次いで木材でしょう。硬質プラスチックも多く、拾い甲斐のある場所です。階段で下りる浜なので、拾った漂着物はすべて階段を上って持って行かなきゃいけないことが難儀でした。足が棒に・・・!太いロープも、そして、木材もみんなで協力して運び出しました。内陸の学校さんは漂着物すべてが珍しいのか、ロシアの白樺ウキを紹介するとすぐに写真に収めてはりました。こういう交流って良いですよね。瀬戸内海と日本海は共通する漂着物もありますが、異なるものも多いので、それに気づくと、漂着物回収も楽しいものになると思います。

ビーチクリーン

小さな浜なのですが、たくさん溜まります。木材が一番目立ちますが、それを移動させても次々と出てくる漂着物。一番私がやっかいなものと思ったのは、こちらです。

ビーチクリーン

足下に見える白い粒は、雪ではありません。細かくなった発泡スチロールの粒。これが15センチくらい積もっていて、地層と化してました。これは自然に戻るまでに何万年もかかりますし、そのままにしておくと流れ出して別の浜をも汚します。細かいだけにやっかいです。これを私は軍手をして両手ですくって袋に入れて、をずっと繰り返してました。その量、45Lビニール袋に3袋・・・それでも残ってしまいました。発泡スチロールは大きい塊のうちに回収しなければ、砕けて厄介なものとなってしまいます。

この日の大物はこちら。

ビーチクリーン

海洋ウキなんでしょうか、ロケットの先端なのでしょうか?男子高校生と男性と総勢10人以上で運び上げました。

おかげさまで最後まで雨が一滴も落ちないまま、イベントは終了。北前館さんよりお風呂券も頂きました。本当はお風呂に入って帰りたかったけど、仕事が残っていたので事務所へ戻りました。又の機会に。。。

閉会式の後、浜を撮影してみたら。。。人力ってすごいなぁ!と思いました。皆さんのご協力で、日本の渚百選の浜・竹野浜は守られています。ゴミと思い出は、海へ流さず、お家へ持って帰りましょう。

ビーチクリーン

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 環境・教育, 山陰海岸ジオパーク, 海辺の漂着物

Comment

  1. 岩本敏浩 より:

    今井さん。ありがとうございました。この文章と画像は感想文集に入れさせていただきます感想文集は後日、お届けに参ります。今後ともよろしくお願いいたします。また10月のイベントは参加させていただきます。

    • 今井 ひろこ 今井 ひろこ より:

      岩本先生、ぜひお使い下さい!10月のビーチクリーンの際も、どうぞよろしくお願いします。

コメントを残す

  関連記事

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<上>

18日(金)に、ジオパーク国際大会でのツアーガイドを行ってきました。今日はその報 …

城崎温泉旅館視察ツアー「山本屋」編~城崎オンパクでジオってみよう(4)

昨日に続き、城崎オンパクで開催された『有名旅行社の新人研修でやっている 城崎温泉 …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・白山手取川ジオパーク

先月2月28日(土)の日本海新聞朝刊連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」 …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・南紀熊野ジオパーク<下>

先月1月31日(土)、日本海新聞朝刊・但馬欄に、連載コラム「日本のジオパークへ行 …

但馬牛の安産祈願「大日祭り」に行ってきました!<上>

香美町小代は現在の黒毛和牛のルーツとされる但馬牛発祥の地。一家に一頭、農耕牛とし …

ガイドさんの準備と練習のたまもの~但馬牛ツアー報告(1)

この日曜日、私の主宰するNPOたじま海の学校と山陰海岸ジオパーク小代ファンクラブ …

目の前の出来事にとらわれず、ゴールだけを見る。

昨日、主人が経営するダイビング屋さんの手伝いで体験ダイビング(インストラクターと …

世界ジオパーク再認定審査を受ける際にガイド側が準備したこと

今回、NPO法人たじま海の学校のガイドとして再認定審査の対象になり、審査に向けて …

日本ジオパーク南アルプス大会の参加人数は過去最高?!

今回の日本ジオパーク南アルプス大会はとにかく参加人数が多かったのが印象的でした。 …

自然の造形に思わず息を呑む竜串海岸〜土佐清水のジオパーク講演会外伝

土佐清水市でのジオパーク講演会の前日、15時半に土佐清水市に近い土佐中村駅に到着 …