地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークマスターマップ初版の製作秘話<上>

   

先月から全国6カ所で予定しているジオパーク講演会。ジオパークによる地域活性化の話をするときに、必ず出すのが、「ジオパークマスター(香美町)制度」です。山陰海岸ジオパークの中では唯一、香美町だけで行っている制度で、糸魚川世界ジオパークの例をそのまま120%真似ています。商店主を中心に、観光客や店の客にジオパークの話や、自店近くのジオサイトへの道案内をして頂く制度です。商店主さんによるジオパークサポーター制度といったところでしょうか。店には幟とステッカーをお渡しし、幟のある店で観光客が道を尋ねることができるよう、ジオパークマスターマップを作って、観光施設等で配布をしています。

ジオパークマスター

この制度を知ったのは、香美町のジオパーク推進協議会で1泊研修に出かけた糸魚川ジオパーク。町の至る所の店や銀行にジオパークマスターの幟やステッカーがあり、何とパブにまでステッカーがありました!町を挙げてジオパークを応援している雰囲気が気に入り、糸魚川ジオパークに許可を頂き、香美町でも2011年からこの制度をスタートさせました。

ジオパークマスター糸魚川市内で見かけたジオパークマスターのぼり

香美町ではジオパークマスターになるために2時間の講習を義務づけています。最初の15分で香美町が製作したジオパークDVDを見て頂きます。兵庫県立大学大学院の先山准教授からジオパークについての講義を1時間聞いて、次にジオパークマスター制度と各種資料等の使い方や山陰海岸ジオパークのロゴマークの使用規則についてジオパーク推進員から説明をし、試験無しで登録です。

マスターの方には、幟、ステッカーのほか、ジオパークマスター専用冊子を配布し、質問を受けたときにすぐに答える事ができるように、ジオパークの基本的なQ&Aだけでなく、観光施設の定休日や入場料、主な観光コースを記したA5サイズ20ページの『ジオパークマスター早わかりQ&Aマニュアル』と、各ジオサイトまでの距離や時間を示した『ジオサイト間の時間距離表』を作って配布しました。

ジオパークマスタージオパークマスターののぼり

ジオパークマスタージオサイト間の移動時間表。
目的のジオサイトまで車の所要時間の計算が可能。

現在、およそ町内300名の商店主やスタッフの方に受講頂いているほか、小中学校の先生にも「ジオティーチャー」として受講をして頂きました。また、役場職員の研修として約100名の職員にも受講して頂き、おもてなしを大事にする観光の町・香美町を全面的にサポートできるような制度を観光商工課で作って頂きました。

そうはいっても、このジオパークマスター制度は一筋縄では行かず、試行錯誤を繰り返しました。明日はその理由と、ジオパークマスター制度がもたらす3つの効能についてお話します。

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★

販促&集客方法の支援は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139
☆★まずはHPをご覧下さい★☆

http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 地域活性化, ジオパークの販促物&教材, ジオパークビジネス, 山陰海岸ジオパーク, 田舎での商売心得

コメントを残す

  関連記事

11月開催のジオパーク講演会のご案内

2015年度も後半にさしかかってくると、増えてくるのがジオパーク講演会です。今年 …

イベントを開催する際、本当にお客様を呼びたい時に考えてほしいこと

先日、私の住む香美町香住の訓谷集落ではオープンガーデンフェスタが開催されました。 …

天草ジオパークで登壇「もう一度、話をしに来て欲しい!」

先月31日に熊本県の天草市へ参りまして、ジオパーク講演会を行ってきました。遅くな …

地域イベントには直近の為のものと未来に向けたものがある

昨日までのシカの関する環境問題、いかがだったでしょうか。多くの地方において無関心 …

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭<2>館内施設の巻

昨日からご紹介している、主人のお友達の旅館、石川県山代温泉「宝生亭」は、館内もい …

地域づくりシンポジウムの聴講者を増やすための5つの秘策

先日、某市でジオパークシンポジウムを開催するかどうかの会議があり、私と主人にお声 …

インバウンド集客で成功している旅館「清風荘」へ行ってきました!<1>

先月、5ヶ月に及ぶ松葉ガニオンシーズンが終わって、ひと区切りついた主人と一緒に、 …

但馬牛の安産祈願「大日祭り」に行ってきました!<上>

香美町小代は現在の黒毛和牛のルーツとされる但馬牛発祥の地。一家に一頭、農耕牛とし …

黒川温泉では地域共創で世代交代! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<3>

昨日の続き、じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーでの三田愛研究員の研究 …

『集客』を再認識したガイド養成講座の企画〜『集客』の極意とは?

昨日はとっても青空が広がって、いい天気でした。でも今のワタシには日焼けは厳禁。今 …