地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(2)

      2014/10/22

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中ので「日本に”世界ジオパーク”続々誕生」という題で日本ジオパーク委員会事務局の渡辺真人さんが出演されて、ジオパークの説明を分りやすくなさっていましたので、その番組の書き起こしのダイジェストを昨日のブログに続き、お届けします。(M:解説委員の室山哲也さん、W:渡辺真人さん)

渡辺さん

M:世界ジオパークは10年で現在111か所にあり、ヨーロッパや中国に多いと聞いています。どういう基準で決めているのですか?まず、ダイナミックな地形があるということですよね?

W:将来まで残していくだけの科学的な価値のある地形、地層、岩石などの地形地質遺産が無ければなりません。

M:人々が生活しているだけではダメで、それを守って積極的に前進していかなきゃいけない?

W:そうですね。素晴らしいものの価値を、まず地元の人たちがよく理解して、学んで、その上で大事だなと思ってきちんと後世に残していく、或いは伝えていく。更には外から訪れた人にも、その良さを伝えることが基準になります。

M:ともすれば観光産業みたいになってしまい、自然がめちゃめちゃになるということも想像するんですが、そうなったら、ジオパークでは無くなるんですか?

W:ジオパークは4年に1回、認定された後も再認定審査といいまして、ちゃんと活動しているか、ちゃんと守っているか、というのを審査員が見に来ます。ですから、一方的に観光開発だけをするようでは、将来的にはジオパークからは認められなくなるのです。持続可能な地域社会を築いていくということが大事です。

M:世界遺産とはちょっと違う?

W:世界自然遺産は手つかずの自然をどう将来に守って残していくかということが、まずメインの目的になっています。ジオパークはもちろん守り伝えますが、守り伝えることによって地域社会が活性化する、ということが大事な目的になっています。

 

大事なことは、観光産業だけに偏ってはいけないということ。持続可能な地域づくりが大切ということです。私は渡辺さんがいつもおっしゃる、「まず、地元の人たちがよく理解して、学んで」というところにジオパークの越えるべきハードルの高さがあると思います。

地元の人は地元の事は自分が一番知ってるとおっしゃいますが、その地に秘められた数百年、数千万年の時の流れまでは知ろうとしません。何を今さら勉強せなあかんねん、とシラける雰囲気。私が勤めていた町でジオパークマスター講座をした際、町議会議員の皆様に声を掛けて頂きましたが、たった2時間のセミナーに、わずかな議員さん参加されませんでした。町民の代表であり、町民の鏡となる方々が、です。そいうことから見ても、ジオパークで地域を改めて学び直そう、という民間や行政の動きをそれを理解して学ぶまでの土壌作りが最もムツカシイと私は思っています。それができてこそ、地域づくりの扉は開かれます。逆にいうと、ジオパークに認定された地域は、その難しいハードルを越え、ジオパークのステージに立てたということです。地域づくりの扉が開かれた地域であると言えます。

ラジオの話は、日本にある世界ジオパークの話に展開していきます。続きは明日に。

 

 日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて (1)(2)(3)(4)|(5)

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークとは?

コメントを残す

  関連記事

「初夏の棚田と和牛の里を訪ねる」小代・但馬牛ツアー開催しました!

今日は純粋にガイドの話を。昨日、城崎観光協会主催の体験プログラムイベント「城崎オ …

城崎温泉と香美町小代のコラボ・但馬牛見学ツアーの意義

昨日とおとついのブログで、城崎オンパクで行く、但馬牛見学ツアーin香美町小代のお …

「ジオパークをひと言で伝えると?」ジオパーク全国大会ガイド分科会ワークショップ<後半>

私のジオパーク全国大会は無事終了しました。昨夜、1週間ぶりに但馬に戻り、今日から …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

「今井さんは日本ジオパークのアンバサダーだからね!」 〜山陰海岸ジオパークの(日本ジオパーク)再認定審査〜

動きが読めない台風5号。行ったり来たりしてましたが、ようやく動きが見えてきました …

目の前の出来事にとらわれず、ゴールだけを見る。

昨日、主人が経営するダイビング屋さんの手伝いで体験ダイビング(インストラクターと …

五里霧中から霧が晴れたAPGNガイドツアー準備

昨日の続きです。ガイド依頼の荷が重すぎて、いよいよ撤退か?と追い詰められた私が、 …

松葉ガニと香住ガニと黄金ガニの食べ比べ講座を開催しました!(前編)

先日、城崎オンパク2015年秋のプログラムとして、『松葉ガニと香住ガニの食べ比べ …

朝日新聞に掲載されました!ガイドのリスクマネジメント講座、その内容とは?

昨日、リスクマネジメント講座の必要性をブログに書いたところですが、12日午後から …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(1/2)

先週登壇した東北環境教育フォーラムで頂いた質問のお答えシリーズ続きます! 地域を …