地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・洞爺湖有珠山ジオパーク

      2014/06/30

先週28日に掲載された、今月の日本海新聞コラム連載「日本のジオパークへ行ってみよう」は、北海道の洞爺湖有珠山ジオパークです。日本で最初に世界ジオパークになった3つのジオパークのうちの一つです。(残りは島原半島ジオパーク糸魚川ジオパークです。)

201406洞爺湖有珠山GP

洞爺湖有珠山ジオパークの旅行記については、過去のブログで書いています。

洞爺湖有珠山ジオパーク「昭和新山と三松正夫記念館」~守り伝えている人

火山マイスターの熱い思いに触れてきました☆洞爺湖有珠山ジオパーク

洞爺湖有珠山ジオパーク・ジオパークピザプロジェクトを五感で堪能!

今回の主役、「火山女将」こと、旅館「湖畔の宿洞爺かわなみ」の女将:川南恵美子さんの話は新聞コラムと過去ブログをご覧頂くとして、ブログに載せていないお話を2つします。

1)洞爺湖有珠山ジオパーク火山マイスターの役割

前回の旅行の際にはそれほど詳しく聞けませんでしたので、今回コラムを書くにあたり、川南さんに詳しく教えて頂きました。 日本にはジオパークが33か所ありますが、その中で最も難しい資格と言われているのが「洞爺湖有珠山ジオパーク火山マイスター」です。合格率が50%もないと伺いましたが、川南さんは娘さんも合格し、親子で火山マイスターになっています。

川南さん
有珠山を背景に川南さんと

ーーー火山マイスターはガイド「も」しますが、第一の目的は防災意識の大切さを伝える役割で、地元の学校への出前授業や、様々な行事の中で、噴火への備えを訴える事がまずは優先です。有事の際の避難誘導はしません。むしろ「率先して逃げる!」ということ。「あの人が逃げたのだから私も逃げなくちゃ!」というお手本になる、が私達の目指すところです。(もちろん、登山中やガイド中に変化が起きれば避難誘導はします)そのうえで、自治体や行政、そして避難民の間をつなげる役割かできたら、と考えています。ーーー(洞爺湖有珠山ジオパーク火山マイスター、川南恵美子さん。)

洞爺湖有珠山ジオパーク火山マイスターの方々の「マイスターとしての誇り」。昔からこの地域でガイドをなさっている方も、今回の川南さんのような女将さんもおられますが、それぞれ自らが洞爺湖有珠山ジオパークを担っているという誇りや自信がみなぎってる方々ばかり。山陰海岸ジオパークではどうなんだろうなぁと考えさせられました・・・

 

2)洞爺湖有珠山ジオパークはジオパークに来た感が満載!

洞爺湖有珠山ジオパークでは、ジオパークの入り口となるような道の駅に、しっかり作りこまれたジオパーク紹介パネルが展示されていて、ジオパークへ来た感が溢れ出ていました。写真もプロが撮影したもの。ワクワクしますよね!(写真は、本格窯焼きのジオパークピザで有名な、道の駅フォーレスト276にて)

フォレスト276

フォレスト276
道の駅フォーレスト276は、洞爺湖有珠山ジオパークの玄関口。

さらに中心部となる洞爺湖町には、ジオパークの情報拠点施設となる火山科学館、昭和新山・三松正夫記念館、そして洞爺湖有珠山ジオパーク火山村情報館があります。

洞爺湖有珠山ジオパークの火山科学館
噴火当時の壮絶な状況がつぶさにわかる展示(火山科学館)

火山村情報館は民間が運営しているなど、官民あげてジオパーク普及活動に取り組んでいる様子が本当によくわかります。

火山村情報館

火山村情報館
ロープウェイの待ち時間や団体バスの待ち時間に見れる「火山村情報館」は無料。

いずれもパネル内容は洞爺湖有珠山ジオパークのチェックを受けたもので、テキトーに作っているのではありません。そのため、道の駅もこれらの施設もふくめて、ジオパーク内の展示資料に統一感があるのです。(→ここ大事)

山陰海岸ジオパークにありがちな、安もんぽい「貼りパネ」にワードファイルでつくったペーパーを貼り付けました、とか、シルバーのフレームにポスター入れただけのものを展示しているのではなく、洞爺湖有珠山ジオパークはきちんとプロの手で展示物を作っていることが広いジオパークで統一感を出すことに成功し、クオリティを高く見せる、文字通り「ジオパークというブランド化」を実践されています。餅は餅屋。ジオパークへの旅行だからこそ、展示物はハリボテやインスタントなものでなく、プロの手により丁寧に作るべきだなぁと思いました。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークとは?, ジオパークの旅, 新聞コラム

コメントを残す

  関連記事

【開催報告】12/9(土)環境学習コーディネーター養成講座で講師として登壇しました!

今回のブログは、兵庫県と(公財)ひょうご環境創造協会が主催し、NPO 法人はりま …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(2)全体会

昨日のブログの続きです。翌28日のガイド分科会の全体会は何と180名ほどの方が参 …

地域振興をテーマとしたジオパークシンポジウムの開催意義

今や全国に33か所のジオパークがあり、シンポジウムが各地で開かれています。特に山 …

ジオパークにおける「ソシオ資源」とは?

昨日、兵庫県立コウノトリの郷公園の運営懇話会に行ってきました。年2回、環境系NP …

香住ガニと松葉ガニの食べ比べ&まち歩きツアー開催!

昨日、城崎温泉博覧会(城崎オンパク)のツアーで、カニの食べ比べツアーを開催しまし …

ジオパーク全国大会のガイド分科会の様子(1)ワークショップ

27日、28日の2日間、ジオパーク全国大会(霧島)では8つある分科会の一つとして …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(4)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中で「日 …

今年、日本ジオパークに3地域が認定!

2014年に日本ジオパーク加盟を目指す6地域(立山黒部、南紀熊野、天草、苗場山麓 …

ジオパークはサラダボウル?!

25日の山陰海岸ジオパーク国際学術会議で国内招待講演として、首都大学東京の菊池先 …

日本ジオパーク全国大会開幕~首長セッションより西予GP三好市長の言葉

朝五時半出発、約六時間半の道のりで到着しました南アルプスジオパーク。日本ジオパー …