地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

白神山地の本質は種の多様性<上>

   

あきた白神の食を巡る旅の後半は、腹ごなしのように、白神山地を歩きました。白神山地は秋田県と青森県の県境にあり、秋田県側・八峰(はっぽう)町の白神山地の散策路は標高1200mの二ツ森という山へ行くコースと、私が参加した標高180~200m付近にある留山(とめやま)散策路と2つあるようです。留山はガイドの同行が条件になっています。

白神ガイド

白神ガイド
「観光化しない」だけが削られて、各方面の調整の難しさがわかります。

白神山地の南側にあたる留山散策路は今年の春に散策用の木道が整備され、とても歩きやすく、通常だと1時間半のコースのようです。今回は、あきた白神体験センターの車で散策路入口まで向い、そこから八峰町認定白神ガイドとともに散策路を歩きました。

白神ガイド

但馬の森では標高900mほどのところでないと見ることのできないブナですが、ここではいとも簡単に見ることができます。ブナは寒い所を好む植物なのです。昔は標高の低い海岸線にも普通に生えていた木だそうです。

 

今回のガイドは隣の能代市在住の女性、横山さん。ガイド歴は10年ほど、小さい頃から自然の中で遊ぶことがとても好きだったそうです。訛りのある言葉からは、白神山地の自然を私たちが先頭に立って守っていこうという心も伝わってきます。元々、集落に暮らす住民がマイタケなどを取る里山として使われていましたが、白神産地が世界自然遺産として登録されると観光客が増え、森の環境が悪くなるのでは、と危惧した地元住民と行政が話し合い、最終的に折り合ったのは、ガイド同行だったということです。

白神ガイド
一番右がガイドの横山さん

「白神はブナの森っていうけど、ブナだけじゃない。クロモジやサクラ、ホウノキなど、いろんな木が一緒にいるの。右を見ると自然が作り出したブナの広がる森、左を見ると人工的に植えた杉林。陽の当たり具合も違うでしょ?下草の様子も違うでしょ?こう見比べるのも大事。」

ブナは太平洋側のクロブナと日本海側のシロブナがあり、腐葉土の多い所に生えます。杉は針葉樹で下へ下へと根を張るのに対し、ブナなどの広葉樹は横へ根を張るので、どうしても土の多いところで育ちます。

白神ガイド

 

「ブナの木を見るとほかの木と違う何かが見えない?」・・・??

「枝や幹に黒い線が1本入っているでしょ?」あ、ほんとだ。確かによく見ると線が入ってる・・・

白神ガイド

なぜ、ブナに線が入っているのか?その答えと続きは明日にお話します。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ガイド, ジオパークの旅

コメントを残す

  関連記事

ガイドはお客様に「伝える」ではなく「満足させる」こと

一昨日、山陰海岸ジオパークのガイドや専門家の有志で作る「山陰海岸ジオパーク談話会 …

城崎温泉旅館視察ツアー「山本屋」編~城崎オンパクでジオってみよう(4)

昨日に続き、城崎オンパクで開催された『有名旅行社の新人研修でやっている 城崎温泉 …

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」隠岐世界ジオパーク

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」今月は隠岐世界ジオパークで …

島原半島の「過去」をジオガイドさんと共に巡ってきました

知ってましたか?島原半島は南方向に毎年約1センチのペースで動いているんだそうです …

豊岡に居ながら秋田のジオパークセミナーでオンライン講演!

平地でも雪が降る、積もると天気予報で脅されたものの、全く問題が無かった昨日。豊岡 …

寒中鍋パにジオパークどん?!☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<4>

2/13(土)に青森県下北半島のむつ市で行われたジオパークフォーラムですが、その …

スィーツ&ビネガークルーズに参加☆遊覧船かすみ丸&トキワ・コラボイベント

昨日、香住の遊覧船かすみ丸に乗船し,スイーツ&ビネガークルーズを楽しんできました …

講演前に感じていた疑問が全て解決できた、中央アルプスジオパーク構想での講演会

今日のブログは中央アルプス・駒ヶ根市と箕輪町でのジオパーク講演前に思っていた疑問 …

海と大地が育むキャベツ-日本のジオパークへ行ってみよう!(日本海新聞連載)

一昨日、月一回掲載している日本海新聞但馬版「日本のジオパークへ行ってみよう!」。 …

ジオガイドは読んで欲しい「2038年 南海トラフの巨大地震」(尾池和夫 著)

先日の土佐清水ジオパーク構想での講演会を前に、是非読んでおきたいと思ったのが「2 …