地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

田舎であなたの商売がうまくいかない7つの理由(2)

      2014/06/30

私がここに嫁いで6年、いろんなケースを見てきた中で思った「田舎であなたの商売がうまくいかない理由」を昨日から書いています。昨日は7つのうち2つ「景気のせいにする」と「すぐに安くする」をお話しました。今日は続きの2つです。

3)様子見、なにか儲け話が降ってくるのを待っている。

ジオパークに関わるようになって、ジオの恵みを使った商品開発の提案をしたこともありますが、「儲かりますか、それ?儲かるんやったらしますし、すぐに現金化できないようなものは・・・だれかすでにやってるの?」と言われる経営者の方が多いです。パイオニア(先駆者)になるのは嫌で、誰か成功した担保があってから始めるというのは、もしかしたら地域性かもしれません。私の師事する郷土史の先生は「香住のつれしょんべん」という言い方をされておられました。

独特の地域性は明治期のカニ漁法の普及などにもみられたのですが、最近は「かにすき(カニ鍋)」がそのいい例です。今は全国的にメジャーになった香住発祥の食べ方で、昭和40年までに香住の「川本屋」さんが釣りに来たお客さんに教えてもらって始めたというのが起源と伝えられています。それまでは浜ゆでしたものか焼きガニを食べるもので鍋に入れて食べる食べ方はありませんでした。かにすきが始まった当時、香住は海水浴ブームで夏にお客さんが押し寄せ、冬は雪深く閑古鳥だったのですが、その冬に食べる「かにすき」が高度経済成長の波に乗り、中産階級のサラリーマンなどが社員旅行で大量に来るようになると、一気に「かにすき」をする宿が増えて、現在の「香住の民宿が150軒」という状況になっています。決して悪いというわけではありません。宿の価格競争と価値観の多様化、経営者の高齢化で、どこまで踏ん張れるかが問われています。儲かっている宿の真似をすればよい。また売れる食材(カニやイカ、但馬牛など)やコンテンツ(海水浴やスキー)が突然現れるのを待とう、では事業を続けていくことはできません。

松葉がにのカニすき鍋の写真
実はかにすき発祥の地は香住。

4)人を頼ろうとしない。

昨年秋に豊岡市商工会の起業塾へ通って以来、各地の商工会職員の方々とお話する機会が増えました。商工会や商工会議所の方々は民間企業の商売をどうやったら軌道に乗せることができるか、軌道に乗った企業さんはどう維持するかについてサポートをしてはること、それらは地域振興、地域活性化がベースになっていることを知りました。企業サポートのために、その道のプロの派遣を手続きして下さって、一緒に勉強なさっていたり、安価で講習会を開催し企業活動の手助けをして下さっているのです。

ジオパークを商売に活用して下さってる方が時々商売の相談を私にして下さるのですが、私では太刀打ちできないこともあり、商工会の専門家派遣(年3回まで依頼主の費用負担はゼロ円です)を紹介したところ、「そんな制度があるなんて知らなかった!専門家の先生がとても親切にいろいろとアドバイスして下さって、すぐに行動に移せました」とお礼をいわれました。商工会を頼っていなかったんですね。

残念ながら、商工会や商工会議所を「融資の仲立ち」だけにしか使っていない方が多く見られます。商工会を頼るときには、すでに手遅れという方も少なくないそうです。田舎の人ほど他人の目を気にするようですが、格好いい悪いの問題でなく、常日頃から商工会や会議所をうまく頼って、自分の知識に無いことをどんどん吸収してほしいです。勉強会や研修会で販促でたくさんの実績を挙げられているすごい先生がいらしていても、全然商工会員が参加しない、なんてこともあるようです。もったいない!!

 

明日もひき続いて、あげていきます。

 

田舎であなたの商売がうまくいかない7つの理由
(1) | (2) | (3) | (4)

 

illust3786
中小企業、個人事業主の方、プレゼンの個人指導は
ミラサポで今井ひろこを活用!
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 田舎での商売心得, 補助金申請

コメントを残す

  関連記事

外国人観光客必携のジャパンレールパスに注目☆インバウンド集客

どうして外国人誘客を考えるようになったかというと、まずは宿の立地です。外国人の多 …

来年1月着手分から一部値上げします!~コンサルタントの料金

今年一年は経験を積むために、採算度外視で行った事業が結構あります。観光ガイドを行 …

私がジオパークと経済活動をつなげたい理由

ジオパークは長期ビジョンとして有効であり、即効性はないけども漢方薬のように地域に …

城崎オンパク・但馬牛見学ツアーの下見に行ってきました(2)

昨日のブログ「城崎オンパク・但馬牛ツアー下見に行ってきました(1)」の続きです。 …

小規模事業者のみなさま、商工会をもっと活用しましょう!

中小企業庁の中小企業&個人事業主の商売をサポートする「未来サポート事業」(通称: …

持続化補助金で経費として認められているもの<3>旅費

平成26年度補正(27年実施)での小規模事業者持続化補助金で経費として認められて …

田舎であなたの商売がうまくいく方法

昨日まで「田舎であなたの商売がうまくいかない7つの方法」についてお話してきました …

補助金申請書で「自社(自分)の強み」がわからない方へ

泣いても笑っても、書類提出まで1週間を切りました。申請書のサポートをしている私の …

体験プログラムは山よりも海が人気? じゃらん香美町観光セミナーより

じゃらん観光商品作りワークショップでは、今回、GAP調査の結果も合わせて、どんな …

兵庫県立但馬技術大学校の非常勤講師に4月から就任! 〜科目は観光概論とプレゼン〜

この4月から新設される、兵庫県立但馬技術大学校・総合ビジネス学科の非常勤講師を4 …