地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

田舎で商売を成功させるコツは「他がやっていないことをやってみる」

   

一昨日、昨日と、城崎オンパク「松葉ガニと香住ガニの食べ比べツアー」の様子をお話してきました。このツアーは昨年させて頂いて、募集開始と共にすぐに満員になりました。そして、今年は値段を上げて、すぐに満員とはならないようにしました。一日しか開催できないツアーなので、本当に価値が分かる方だけにご参加してほしかったからです。最終的には満員になり大盛り上がりのうちに終了しました。城崎オンパク自体、そんなに知名度あるわけではなく、参加される方の多くがパンフレットを置いている豊岡市内に限られるかなと思ったのですが、昨年も今年も、カニのツアーだけは過半数の参加者が神戸、大阪の方でした。

ところで、皆様にどうしてこんなツウでレアなツアーを見つけたのかを伺いましたら、

*城崎オンパクのファンで、何度もいろんなプランに参加してますから、狙ってました!
*黄金ガニがテレビで放送されていたのでネットで探していたら、このプランにたどり着いたんです。
*日帰りのカニツアーを探してて、香住ガニと松葉ガニの食べ比べっておもしろそうやと思って。
*昨年参加した人から「このツアーは本当に美味しいカニが食べれるよ」と勧めてもらった。
*他のオンパクプログラムを行うので、他にどんなんがあるかなぁと見ていたら、このプランを見つけたんです!

どれだけ知名度が低く、ツウでレアなツアーでも、探す人はしっかりと探しているということです。『企画が良ければド平日でもお客様は来る!』ということを証明したツアーになりました。

城崎オンパク香住仕事を休んで参加して下さった方も!

今回のポイントは「食べ比べる」こと!香住では、香住ガニ(べにずわいがに)をいろんな調理法で食べるフルコースを9月〜10月、4月〜5月に行い、11月〜3月までは松葉ガニ(ずわいがに)を同じくいろんな調理法で食べるフルコースを行います。なぜ季節に違いがあるかというと、松葉ガニのほうが獲れる量が少なく、単価が高いため、宿の収入も大幅に伸びます。黙っていてもお客様がひっきりなしに来るため、松葉ガニに走ります。その結果、香住にある民宿150軒近くがほとんど同じメニューになります。

ところが、二つのカニの食べ比べプランを用意している民宿が圧倒的に少ないため、最近は人気が出てきています。私の主人の宿もカニ鍋で食べ比べるプランを行っており、「香住の食材を初めて食べる人のための初心者コース」として人気です。いろんな調理法で食べるのも楽しいけど、同じ調理法で食べ比べるのも、いろんな比較が出来るし、カニに詳しくなれて楽しいのです。案外、同じ種類の食材を食べ比べるということを自宅ではしないですよね?

宿のプランなどでも、ありきたりのプランではなく、ちょっと視点を変えて「食べ比べ」にしてみたり、その伝え方に工夫を凝らすことが重要です。例えば、

「セコガニ付松葉ガニフルコース」

とするよりも

「オス松葉ガニとメスセコガニの茹で食べ比べプラン」

とした方がワクワクしませんか?

カニ以外でも黒毛和牛と短角牛、乳牛の食べ比べや、地鶏とブロイラーの食べ比べとか・・・だからこそ、旅に出てそういうことをしてみたいんです。贅沢だもの!

出尽くした感のある「郷土料理」ですが、アイデアはまだまだ眠っているんです!

香住の宿でこのプランは不可能?!

この企画、宿屋を営む主人に「自分の宿でもやって!」と伝えたら「それは無理〜っ!大変だし面倒っ!」と一蹴されました。まず、黄金ガニが手に入るかどうか分からないこと。香住ガニも足が早くすぐに黒くなるから、新鮮でなければならないこと。松葉ガニとセコガニもきちんと身剥きしてきれいに揃えて提供するということが、手間のかかる大変な作業なのです。ニシトモさんは仲買人で大きな生け簀をいくつも持っているし、スタッフも多いので、この企画ができるんです。

オンパク香住大きな生け簀や加工場を持つ「ニシトモかに市場」

これらの準備に手間を惜しまないのであれば、カニシーズンが始まったすぐの時期や、1月以降の雪が本格的に降るシーズンのド平日はお客様が本当に少ないのですから、この企画であればすぐに埋まります。比較的空いているお宿でこれができれば、きっと平日もお客様が増えると思います。「食べ比べる」という行為は、ワクワクドキドキの体験なんですよね!それに気づいていない香住のお宿さんが実は多いんです。ここにビジネスチャンスありです! 次回は来年5月、イカの食べ比べを行う予定です。是非チェックしておいてください!

広告代や設備投資にお金をかけなくても、アイデア一つで閑散日の集客は可能です!!

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 地域活性化, ジオパークの恵み, 田舎での商売心得

コメントを残す

  関連記事

じゃらんの目指す「旅する若者づくり」とは(JRC観光振興セミナーより)

8月6日に行ってきたじゃらんリサーチセンター(JRC)主催の観光振興セミナーでは …

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭<2>館内施設の巻

昨日からご紹介している、主人のお友達の旅館、石川県山代温泉「宝生亭」は、館内もい …

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」隠岐世界ジオパーク

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」今月は隠岐世界ジオパークで …

外国人観光客必携のジャパンレールパスに注目☆インバウンド集客

どうして外国人誘客を考えるようになったかというと、まずは宿の立地です。外国人の多 …

4年に一度の再審査にむけ、進化したガイドシステムとは?

今日は昨日のジオパーク話に続いて、ジオパークのガイド養成に対する私の考えについて …

ジオパークを活用した地域活性<2>美味しさと地形との関係

昨日は一日、書類を整理していました。その数、120サイズの段ボール箱に5箱分(そ …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(1/2)

先週登壇した東北環境教育フォーラムで頂いた質問のお答えシリーズ続きます! 地域を …

田舎で出る杭を打たれないようにする方法

少し前になってしまいましたが、今年も70名以上の人が集まり、ジオパーク&但馬大交 …

目指すゴールに向かって淡々と進もう!APGNガイドツアー準備。

この3ヶ月、福島正伸先生の自己啓発系セミナーを受講してて、本当に良かったって思い …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(1)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」という番組 …