地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

5/11香美町小代・小長辿(こながたわ)植物観察会

      2014/05/17

この日は前日の海浜植物の観察に続いて、山間部の植物観察会。昨年は香美町小代の久須部渓谷と吉滝周辺の植物を観察しましたが、今回はツウというかコアというか・・・無住集落(いわゆる廃村)の小長辿(こながたわ)周辺と、仏の尾(「ほとけのお」という名前の山)への登山口近くまで行きました。何と標高700m~800m!

全員集合。兵庫県南部から8名、地元2名

まずは集合して、当日の予定などのお話。

講師の先生。ひとはくの高橋先生(左)と高野先生(右)
講師の先生。ひとはくの高橋先生(左)と高野先生(右)

小長辿(こながたわ)にある、県の天然記念物の大トチノキを目指しました。小長辿(こながたわ)は平成に入ってから無住集落になりましたが、畑をされている方はまだおられるため、一車線ですがアスファルト舗装の農道&林道が整備されています。昔は棚田だったんだなぁという放棄地を横目に、マイクロバスは走りました。

大トチノキまでは、ちょっとした坂道を上っていきますが、その途中にカスミザクラが満開でした!北海道に桜が届くころに香美町で桜とは・・・「今年は3月に大雪が降ったからなぁ~」と小代の方。そうだった、8日ごろ降りました!

カスミザクラ
カスミザクラ

畑のそばを通りぬけ、最後に急な坂をやっとこさ上がったら、そこには小さな祠とその後ろに巨大なトチノキが!

小長辿の大トチノキ
小長辿の大トチノキ

何という神々しさでしょう。誰も住まなくなった村を守る御神木です。その周りにはイチリンソウやハコベの仲間がたくさん咲いていました。

ハコベの仲間。金平糖みたい!
ハコベの仲間。金平糖みたい!

この日も「ジオの目」は健在で、坂の途中で崩れ落ちていた泥岩?をパチリ。ここはカルデラの湖の底かしら?と思いつつ、観察をしておりました。

泥岩
小長辿(こながたわ)の泥岩


マイクロバスに戻り、再び出発。小長辿(こながたわ)の集落を過ぎたあたりで、おじろスキー場へ上がる道と佐坊集落へ続く林道(仏の尾への登山口へ通じている)の分岐点があります。ちょっとした旋回がここでできるので、マイクロバスを降りて、ここからは歩いて林道を登りました。(林道は未舗装&激しい坂はコンクリ舗装で凸凹が激しいので、背の高い四輪駆動車以外は止めた方がいいです。)

イワカガミ
イワカガミ

シハイスミレ
シハイスミレ。葉の裏が紫色なので「紫背」。

ユキグニミツバツツジ
ユキグニミツバツツジ

キンキマメザクラ
キンキマメザクラ。「近畿」と名前がついていますが、福井でも見られます。

ミヤマカタバミ
ミヤマカタバミ

ホクリクネコノメソウ
ホクリクネコノメソウ

などなど、林道沿いにもたくさんの花があり、私たちを迎えてくれました。

ところで、このあたりは香美町内でも雪解けが最も遅い地域で、日影には雪がまだまだ残っていました。この日の講師、高野先生が5月1日に下見に来た時には、雪が林道を塞いでいて、先へ進めなかったとか。

残雪

この景色はお昼ごはんを食べていたときに目の前に見えていた景色。目の前には鉢伏山(1221m)、そして右端には兵庫県最高峰の氷ノ山(1510m)。山々がとても美しく、新緑のグラデーションを楽しみました。このコース、ノルディックウォークだったらとても気持ちがいいコースになるかも!
林道からの眺め

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークの旅, ジオパークの植物

コメントを残す

  関連記事

松葉ガニと香住ガニと黄金ガニの食べ比べ講座を開催しました!(前編)

先日、城崎オンパク2015年秋のプログラムとして、『松葉ガニと香住ガニの食べ比べ …

理想のジオガイドって?島原でガイドさん向けジオカフェ開催しました!

昨日、島原半島ジオパークのガイド有志11名が集まり、島原半島ジオパークで恐らく初 …

白山手取川ジオパークで水の旅(2/3)へしこを訪ねて

白山手取川ジオパークは活火山・白山を水源とする手取川とその伏流水がテーマになって …

ジオパークで観光客を集客できない理由は「ウンチクにこだわり過ぎ」(1/2ページ)

先日、主人の民宿が楽天トラベルから表彰され、マイスター賞(キャッチコピー部門)を …

白山手取川GP観光業者向け講演☆ジオパークという言葉は使うな?!後編

昨日のブログの続きです。例としては、私の地元・香住をテーマにジオツアーを作ったと …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・白山手取川ジオパーク

先月2月28日(土)の日本海新聞朝刊連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」 …

白神山地の本質は種の多様性<下>

昨日のブログの続きです。ブナの木の幹に黒い線が入っているのはなぜ? 1本の木にた …

鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中)の見どころに行ってきた!(後編)

先週末、秋田県と山形県の県境に計画されている鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中) …

風土がFoodを生みだす白神山地(1)白神こだま酵母

12日から秋田県八峰町に来ています。一昨日行った基調講演の記事が地元紙・北羽新報 …

ガイドさんの準備と練習のたまもの~但馬牛ツアー報告(1)

この日曜日、私の主宰するNPOたじま海の学校と山陰海岸ジオパーク小代ファンクラブ …