地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ホテルが人気の一方で、旅館・民宿は低調?!☆宿泊旅行統計調査(平成27年)

   

観光産業ニュースサイト・トラベルボイスのTwitterにこんなニュースが。

りょ、旅館が低迷ですって?!

年間旅行者数は過去最高?!

元記事が観光庁のサイトにあるので、見てみました。

旅行統計調査

2015年の年間宿泊旅行統計の速報値が示され、統計を取り始めてから初の5億人泊を超えたそうです。想像付かない数字!海外からの観光客はもちろんのこと、日本人観光客も去年は増えたのだそうです。その背景には、

『前年は消費税増税等の影響により減少したが、平成27年はその反動増がみられたこと、円安等により海外旅行から国内旅行へのシフト傾向が続いていること、北陸新幹線開業の効果等が要因として考えられる。』(観光庁サイトより)

北陸は強いなぁ〜!新幹線がそんなに珍しいのか?!って思わず嫉妬。新幹線効果で、旅行番組や旅行商品が北陸シフトを敷いたからでしょうね。今年は北海道かぁ〜、くぅ〜っ!

旅館が低迷ですって?!民宿はもっと低迷?!

旅行される方がどこに泊まるかということですが、調査によると、

『客室稼働率は全体で60.5%であった。シティホテル(79.9%)、ビジネスホテル(75.1%) 、リゾートホテル(57.3%)は、平成22年の調査開始以来、最高となった。』(観光庁サイトより)

と書いています。特に稼働率が高いのは大阪で、

特に大阪府では、リゾートホテル91.4%、シティホテル88.1%、ビジネスホテル87.8%となるなど極めて高い客室稼働率となった。(トラベルボイスより)

最近、出張で大阪に来る方が「ホテルが取れない、どっか郊外のオススメのビジホない?」って聞かれる事が増えてきました。特に市内は予約が取りづらくなってきているので、郊外の新快速や快速が停車する駅に近いホテルをオススメしています。

その一方で、気になるのが旅館及び27年度から新たに統計を取り始めた簡易宿泊(いわゆる民宿、農家民宿、ゲストハウスなど)。

トラベルボイスの記事では、

『一方、旅館の全国平均稼働率は37.8%。茨城県、埼玉県、長野県、新潟県などで25%前後になるなど、低調さが目立つ結果となった。』(トラベルボイスより)

と悲しいコメントが。グラフが宿泊旅行統計調査レポートの中で公表されているのですが、民宿・旅館は低いなぁ・・・・最も低いのが簡易民宿、次が旅館の順。

施設タイプ別客室稼働率の推移(観光庁)

兵庫県を見てみると、平成27年度の旅館の稼働率は37.1%で全国26位、簡易民宿に至っては17.4%で全国28位と低い結果です。お隣の大阪・京都は全国5位以内に入ってて利用率が高いので、兵庫県をUPさせる方法はあるはず・・・!

旅館や民宿が敬遠される理由って?

私なりに考えると、旅館や民宿は1泊2食付き、1泊朝食付きの、いわゆる「泊食分離」でないのです。私が地方に行って食事の付いていないホテルに泊まるときには、

※一人で気楽に食べたい
※地元の居酒屋で地元の人が食べている、飾らない郷土料理が食べたい
※食事の時間を気にせず食べたい
※食事の量や食べず嫌いなものを調整しながら食べたい(一品料理を食べる)
※地元の人たちとお話しながら食べたい(方言も食べる?って感じ)

と考えているためです。料金も部屋単位の価格なのか、人数ごとの価格なのかでも比較されちがちですし、友達と一緒に旅行に行っても、寝るときくらい部屋はシングルが希望って方も多いでしょう。ホテルであればシャワーも24時間ですが、個室に風呂付きの旅館以外ではお風呂の時間も制限されることも、同地域にホテルと旅館、民宿がある場合で比較されるポイントになるでしょう。

インバウンドは泊食分離のほうが人気があるってよく聞きますが、日本人もその価値観に近づいていることを、今回のデータは示していると思います。価値観が多様化して劇的に変化している今、これからの民宿、旅館のプランづくりも、この結果を踏まえてアイデアを絞り出し、他の近隣の宿と違う独自化を考えていきたいですね。

お時間がある方はぜひ平成27年度宿泊旅行統計調査結果(観光庁)をご覧下さい。
■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

「クチコミで落ち込む私を何とかしたい!」
という方が購入されています!
宿泊施設向けクチコミ活用術
iPhone&DVD販売中!

クチコミDVD

 

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 観光

コメントを残す

  関連記事

カメムシ、何とかしたい!☆宿のクチコミUP大作戦

今日は久しぶりに宿のクチコミについて、田舎の宿に特有の「カメムシ」についてお話し …

電源や設備の不具合をクチコミで指摘?!☆宿のクチコミUPお部屋編

宿のクチコミシリーズ、先週のお風呂まわりのことではたくさんのアクセスを頂き、あり …

「お客様に忘れられない工夫を徹底的にする」〜9/21コムサポ販促塾開催報告

昨日のコムサポ販促塾は想像以上にハンパない内容。ノウハウの塊・・・これ、本当に部 …

Facebookページが非公式ページと統合できない?!Web制作会社が仕込んだ「管理者」の罠

先日、集客支援をしている宿の女将さんから 「私、Facebookやってみようと思 …

”予約が増える”宿泊施設のホームページの特徴は?【ホームページ製作実例】

昨夜から近畿地方北部は、みぞれや雪が舞って、本当に冬がやってきました。雪が降るの …

北近畿経済新聞に掲載して頂きました

京都府北部、兵庫県北部を網羅する「北近畿経済新聞」の2015年1月11日号に、コ …

スマートフォン対策必須ですよ!

昨日、主人から衝撃のデータを見せてもらいました。主人の営む宿の公式サイトのモバイ …

ソーシャルメディアでライバル店を批判するするのは逆効果

昨日、浜茶屋の美味し〜いカレーの話をお伝えしました。主人は宿のブログを書いている …

宿泊施設における予約率向上の鍵「申込み」は「プラン名&説明」になります

昨日、予約や注文をもらうためのホームページは「注文や予約がしやすいホームページ」 …

タイのパワーブロガーに出石で気づかされたこと☆インバウンド集客

タイのパワーブロガー、タノンさんにお越し頂くときの第一目的は香住ガニがタイ人やそ …