地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

日本のジオパーク候補地へ行ってみた!山口県萩市(2)☆ジオパークの見所が風景印に?!

   

昨日から2日間に渡って、山口県萩市のジオパーク候補地についてお話をしています。今日は、ジオパークになったら恐らく表紙を飾るのでは、という「須佐フォルンフェルス」です。私も今回行って、そのお菓子のような名前を初めて知りました。

ホルンフェルスって何?どれを指すの?

今の日本列島って、2000万年前から500万年間で起こった、ユーラシア大陸の端がちぎれて、ちょうど今の場所へ移動したんですが、その時は激しい火山活動が起きて、マグマがグングン上がってきたことも多かったのです。海の中や川の底でキレイに溜まっていた泥や砂の地層の間をグーンとマグマが突き抜けて来ると、そのマグマはアチアチなので、泥や砂で出来た岩石の性質が熱で変わっちゃうんだそうです。

フォルンフェルス

あの縞々がこんなになっちゃうなんて!
マグマの熱ってスゴいんですね

須佐のホルンフェルスって名前の響きとその手前の断崖の縞模様の美しさから、手前の縞々のほうが注目を集めているようですが、縞々の崖の奥の茶色いケロイドのような塊の部分だそうです。手前の縞模様の部分もほんの少しは熱で変わっているそうですけどね。

ホルンフェルス

実際は奥の崖のほうがフォルンフェルス度がうんと高い
しかし手前の縞々を指す人が多い

須佐フォルンフェルスと画像検索すると、圧倒的に縞々が人気です。

須佐

萩がジオパークになったら真っ先に有名なジオサイト(見どころ)になる『須佐フォルンフェルス』。詳しい説明が、須佐みこと館(資料館)にパネルで紹介していました。

みこと館

須佐みこと館入口のジオパーク展示

みこと館

フォルンフェルスの説明

古いガイドブックや古い情報を使っている資料だと、縞々=フォルンフェルスって勘違いしているものもあるし、当然、それを聞いて育っている地元住民も多いそうです。日本ではここにしかないものと思われがちなので、その誤解を解くのが大変そうでした。

フォルンフェルスって全国にある!

今回、ブログでこの話を書くのに、インターネットで調べて見たら、何と、各地にあるような感じです。こんなところに、というのは、京都・銀閣寺周辺と比叡山。大文字山と比叡山は何と泥質フォルンフェルスだそうです!(リンク先をご覧下さい)

大文字山

京都市青少年科学センターのHPより)

また、岩手県の陸前高田市にも4−5億年前の泥質・砂質フォルンフェルスが、愛媛県や石川県にも見られるそうです。山陰海岸ジオパークにはあるのかな? Facebookでフォルンフェルスの話しをジオパークの専門家の方とお話ししていたときに、全国のフォルンフェルスを拠点施設で紹介したら?というアイデアも出ていました。フォルンフェルスの聖地?としても魅力を伝えていけば、面白いジオサイトになるかもしれないですね。

風景印で楽しめるジオサイト

郵便局の風景印ってご存じですか?旅に出た時に絵はがきや手紙を出したりするときに、旅先の消印が、その地の名物を表したものだったりしますが、須佐はもちろん、このフォルンフェルスが風景印になっています。

須佐

須佐郵便局の風景印

もっぱら、縞々のほうが美しい景色なので、そちらが採用されているのが、ジオパーク的にどうなん?といわれそうですが、ま、良いではないですか!風景印を押して頂いて、旅先から手紙を送るってのも、ジオパークの旅の楽しさですね。ここまでジオサイトがハッキリ風景印になっているのも嬉しいですね!

明日は、須佐の名物・活イカについてお話します!

 

日本のジオパーク候補地へ行ってみた!山口県萩市
(1) | (2)

illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークの旅, ジオパーク講演会

コメントを残す

  関連記事

白山手取川ジオパークで水の旅(2/3)へしこを訪ねて

白山手取川ジオパークは活火山・白山を水源とする手取川とその伏流水がテーマになって …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<中>

昨日の続き、ジオパーク国際大会のツアーガイドの話の続きです。 そういえば、ツアー …

ジオパークはサラダボウル?!

25日の山陰海岸ジオパーク国際学術会議で国内招待講演として、首都大学東京の菊池先 …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・三笠ジオパークの巻

城崎オンパクシリーズを今日は中断して、今月の日本海新聞コラム連載「日本のジオパー …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<下>

一昨日、昨日とシリーズで書いてきた、ジオパーク国際大会ツアーのガイド顛末記(?! …

第5回日本ジオパーク全国大会が南アルプスジオパークで行われた意義

9月27日(土)からの3日間、日本ジオパーク南アルプス大会へ参加し、29日夜23 …

期待を上回る参加者数だった3つの理由!〜ジオパークガイド養成講座

今日は午後から今年初の自然学校リーダー。まだ水が冷たいのになぁ・・・がんばってき …

日本のジオパークのメッカ「糸魚川ジオパーク」巡礼へ<1>

今回の信州〜北陸視察の目的の一つは、糸魚川ジオパークへ行き、施設等がどのようにパ …

なぜジオパーク看板が必要なのか?

日本ジオパーク南アルプス大会の分科会D「見せ方、ソフト(ガイドなど)、ハード(看 …

日本ジオパークの再認定審査結果に思うこと〜来年の再認定審査に向けて〜

今朝は玄米を精米してきました。都会ではなかなか玄米で購入してこまめに精米はしませ …