地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

忙しい時ほど「対応は丁寧」を心がけよう☆宿のクチコミUP大作戦

   

今月中旬から書き始めている宿のクチコミシリーズは、400〜600アクセス以上有り、注目されている方が多いんだなぁと実感しています。各宿とも悩みは尽きない「クチコミ」ですが、宿を経営する主人は「クチコミがとってもありがたい!今日も2枚返ってきたよ!」ってお返事をニコニコ書いています。良いクチコミが毎日頂けるようになって、お客様もスタッフも楽しそうに働いています。

さて、今日のクチコミは、従業員やオーナーの接客について。これは苦情クチコミの中でも上位に来るもので、せっかくの美味しい料理も、接客がダメだとすべての評価が下がります。良い評価をたくさん頂いている中に「1」「2」があるときは接客ミスが関係しています。

実際に他の宿泊施設のクチコミで見てみると、

「フロントの対応はとても良いのだが、朝食の時にいた従業員(女性)の態度があまり良くなかった(挨拶が無い、食事を持ってきても何もいわずただ置いていくだけ)」

「忙しかったせいか従業員の対応が冷たく感じました。」

「仲居さんのなげやりな対応に言葉遣い。GWで忙しいからと言って理由になりませんよ。従業員に質問してもチンプンカンプンな回答。シャトルバスや日の出の方向などはよく調べて案内した方がいいと思いますよ。」

「従業員の仕事ぶりも、お客様にサービスをするというより、なんとか仕事を回すという感じがして、とても残念に思いました。忙しいのは分かりますが、旅館業としての最低限のサービスをお願いしたいです。」

共通して言えるのは「忙しい時」ということです。宿側からしたら、繁忙期のGWや正月、夏休みに旅行に来るからで、それは仕方ないって捉えるオーナーも居られるかもしれません。しかし、一方で、お客様の側からいうと、お金払って来ているのだから、プロとして繁忙期でもきちんと対応してほしいと思いますね。

「魔の○組」がミスを誘う

私が仲居で入っていたときに、接客が悪いとクチコミに書かれたことがあるのは、大抵、「超」満室のときです。オーバーブッキングで組数が増えたり、もう一家族連れて行きたいから部屋用意して!という設定人数オーバーになるときがあります。人数より組数が増えたときが危険信号。8室しかない主人の宿では、8組が最大数で、8組ある日は「魔の8組」と呼び、いつになくミスが増え、クチコミ評価「1」「2」を何度か頂いたことがあります。

従業員も気を付けているのですが、忙しいと注意力が散り、ミスの上塗りになってしまいがちです。苛立つから、更にミスのスパイラルに陥ってしまいます。私も何度、お客様や女将さんに怒られたことでしょう・・・

gatag-00005336 イライラする

売上げを上げるために、繁忙期にお客様の集客を無理して入れても、苦情クチコミや点数が1点、2点という酷評を書かれたら、後々ボディーブローのようにクチコミ評価が響いてきて、結局、予約率が上がらないという悪循環に陥りかねません。

民宿で繁忙期の接客ミスを防ぐには

学生バイトや近所のおばさんに来て頂いているなど、従業員教育が難しい民宿では、接客がどうしても苦手な方はお客様の場に出さないで、布団敷きや掃除、厨房などに入って頂くなど、配置を考えるのも一つの手です。また、1人で出さずにベテラン先輩と2人一組になり、アシスタントとして動いてもらう事も良いでしょう。高校生バイトなどの場合はお客様の場に出すと「従業員をケチってる」と思われる可能性が高いので、布団の上げ下ろしや掃除に徹してもらう方が良いでしょう。

ミスを防ぐには、従業員同志だけでなく、オーナー、女将、リーダーとのコミュニケーションが欠かせません。誰々さんが悪いと他人のせいにするだけでは、売上げも予約率も上がりません。1人のミスを複数がカバーすることで、ピンチをチャンスにすることが出来ます。忙しいときほどお互いに「ファイト!」「頑張ろうね!」と明るい声かけをしていきましょう!

スタッフの仲の良さや一体感はお客様に伝わりやすいです。そういう宿は泊まっていても気持ちがいいですし、スタッフと共に幸せな旅行を一緒に創りあげる感じで、私はスタッフの雰囲気や本当の笑顔がでる宿がとても大好きです。

旅館

気持ちのいい宿はまた来たくなりますね!

主人の宿の場合

主人の宿では、単価を上げ、お客様の人数が減っても収益に影響が出ないようにしたほか、宿泊人数を変えずに組数を減らすこと、宿泊プランの整理を行うことで、仲居や厨房の負担を減らすようにしています。特に食事プラン数が減ることで、仲居が料理説明を覚えることができるようになりますし、配膳時の間違いが減りました。宿泊人数を変えずに組数を減らす宿泊予約サイトの扱い方については、専門家派遣等で受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

悪いクチコミよりも
良いクチコミが欲しい方に効果的!

『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, クチコミ, 宿泊施設の支援, 相談事例

コメントを残す

  関連記事

集客に活用するFacebookとブログの使い方とは?

小規模宿泊施設や事業者の方、Facebookとブログを意識して集客に活用していま …

「普通と普通を掛け合わせれば ”独自性”の法則」オープンガーデン神鍋高原×ノルディックウォークで実感

先日、商工会の専門家派遣先の方々が多数参加されている「オープンガーデン神鍋高原」 …

たまには自社ページをスマホで確認してみましょう♪

今日は1週間ぶりの京丹後市。晴れててとっても気持ちよかったです。 途中で寄った「 …

先に答えを決めておく 〜福島正伸先生のセミナーから

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

選択肢の多さは、選べないから買えないという「決断疲れ」を生む

「決断疲れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?昨年秋のニューズウィークWe …

但馬の宿が冬場、松葉ガニ(ズワイガニ)にこだわり、香住ガニ(ベニズワイガニ)を使いたがらない理由

昨日今日と、城崎温泉にある商工会の事務所で専門家派遣のお仕事をしてきました。昼休 …

自然相手だけじゃない、事業にも必要な「インタープリター」

先月から、コムサポートオフィスの公式ホームページの制作と、会社案内のパンフレット …

その情報が欲しかった!お客様が知りたいことを発信するコツ

台風シーズン真っ盛りですね。先週には、いつもなら日本列島を縦断しないコースをとる …

今井さん、どうして新聞によく載るんですか?

先日、新規開業したお店の販促支援のお仕事に行かせて頂きました。そのお店の顧客層は …

ホテルが人気の一方で、旅館・民宿は低調?!☆宿泊旅行統計調査(平成27年)

観光産業ニュースサイト・トラベルボイスのTwitterにこんなニュースが。 今日 …