地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

良いクチコミを増やそう!~じゃらんネットの売上アップ3つの秘策(3)

      2015/12/02

連日、じゃらんnet売上アップのための施策についてお話しています。今回のお話は、インターネット集客はあまり得意ではないから、じゃらんネットだけ登録して細々と部屋提供してるんだけど、繁忙期や週末ぐらいしか予約が入ってこない、という小規模宿泊施設を対象にお話しています。残念ながら、現時点で既にインターネット集客はできているから、更に予約を増やしたいという宿泊施設を対象には書いていませんのでご了承下さい。

では最後、3つめの方法についてお話します。最後の方法は特にお金はかかりませんが、お客様とのコミュニケーションと、日々の継続性がとても重要になります。

クチコミ今日はクチコミのお話です

3.良いクチコミを増やす

じゃらんnetはクチコミを大事にします。この10月からじゃらんnetのクチコミ掲載方式が変わり、以前は1年前のものは見れない仕組みになっていたのですが、投稿されたクチコミは見れるようになりました。(評価点数は以前同様に1年間での評価平均になります)ということは、良いクチコミがたくさん来ると点数が上がって、検索上位に上がってくる可能性が高まります。そのためには、宿泊中にも「良いクチコミを書いてね♪」とお願いするだけでなく、お帰り後にも「良いクチコミを書いてね♪」とメールで投げかけなければなりません。その大切なお客様とのコミュニケーションの醸成をすっかり忘れて、次のお客様の対応だけを考えていると良いクチコミは集まりません。

接客クチコミはお客様とのコミュニケーションです!

小さなお宿さんほど、クチコミが投稿されることに嫌悪感を持たれている場合が多いようです。じゃらんnetは特にクチコミの投稿数と予約数が比例します。クチコミを書いてもらえるようにお願いする、それを日々続けていく精神的な負担はとても大きいです。何より「もしも悪いクチコミが入ったら・・・」という不安もあります。でも、それってタダでできることなんですね。お金がなくてもやり方はあります。でも、お金をかけずにやる方法はそれなりの精神的負担や日々の継続性が求められます。アタリマエのことですが、お金をかけずに楽(ラク)して集客できる方法はありません。

定型フォーマットで他の宿泊施設との差が表現しづらいじゃらんnetにおいて、最も差が出せる場であり、「返信が書ける」という意味では、オープンにお客様とコミュニケーションのとれる数少ない場でもあります。クチコミ数を増やす、良い口コミを増やす、入ったクチコミに対してどのようにお返事をしたらよいの?悪いクチコミが入った時の考え方、心の整え方は?等など、精神的な負担の高い部分でもありますので、避けたり無視してしまう施設さんが多い部分です。逆を言えば、ちゃんと向き合うことで、大きな武器にできるところでもあります。

*****

以上、じゃらんnetだけで集客をしている小規模な民宿やペンションの方は、今日お伝えしたことを参考にプラン名の修正や写真の変更、お客様へのクチコミ記入のお願いなどをしてみてください。きっちりと継続して取り組めば予約売上が上がるはずです。もし、お客様へのクチコミ記入のお願いを具体的にどうしたらいいのか、プラン名の修正をどうしたらいいのか?などのご質問や指導のお願いがありましたら、ぜひ私にお問い合わせ下さい。

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

コムサポ発 宿応援DVD
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援, 相談事例, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

宿泊プランにカニの匹数を書かない宿が多いよね? 

昨日、仕事の合間をぬって、市内のスーパーで行われた落語の寄席へ。話の間合いや目線 …

経営の各種専門家を派遣して頂くミラサポの使い方

私はいま、経済産業省中小企業庁が行う未来サポート(ミラサポと略)事業に関わり、中 …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<3/4>

おとつい、昨日と、月刊兵庫教育7月号に寄稿したジオパーク活動についてお話をしてい …

観光商品作りのワークショップに参加してきました

昨日、じゃらんリサーチセンターの佐藤先生による、観光商品造成のためのワークショッ …

本当に好きなのか、想いは文章に表れるーー。9/14「伝わる文章を書く7つのポイント」セミナー開催報告(2/2)

昨日と今日の2日間で、赤羽博之先生の「伝わる文章を書く7つのポイント」セミナーで …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

【報告】2018年9月9日GoogleMyBusiness活用セミナー(初級編)ZOOMでオンライン開催♪

8月に続いて今月もGoogleマイビジネスセミナーを開催しました♪ 実は、8/2 …

お客様を集めるのと売上を集めるのとは違う!

宿泊施設の販促支援を行っていると、卵が先かニワトリが先かという内容に出合うことが …

私がワードプレスでのホームページ制作を強く勧める理由

集客できるホームページ、お客様が読んでいたら商品を買いたくなるホームページを作ろ …

3連休でもお客様が少ない事態に関わらずワクワクな主人

私の主人が、近くの稼働してなかったペンションの一角を借りて、カフェとバーを今夏限 …