地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

この宿カード使えないの?!☆クレジットカード利用可は売上UP確実!

      2016/01/20

先週のブログではクチコミ対策シリーズを書きましたが、とっても好評で、悩んでいるお宿さんが多いことが分かりました。それで、定期的にこのシリーズ書いていこうと思います。

今日のクレーム。宿のクチコミに書く人は少ないかも知れませんが、そもそも宿を選ぶ基準となる「クレジットカード利用」。私のクライアント様の宿の殆どは、現金払いの民宿が多かったのですが、クレジットカード利用をお勧めしています。

私の主人の宿は、香住エリアの中でカード利用を真っ先にアピールしたお陰で、「カード利用できるから選んだ」というお客様が多かったのですが、それから20年余りたった今でも、周辺のお宿はカード払いに対応(あるいは対応していてもそれを公言)しておらず、この点で香住エリアでは常に選ばれる宿になっているようです。

クレジットカード主人の宿のカード読み取り機(C-REX)

カード会社やオンライン決済会社の調査でも明らかに

①カード保有者の7割が、旅館やホテルはクレジットカードで支払う

カード会社のJCBが毎年行っている【クレジットカードに関する総合調査】の 2014年度版 調査結果レポートによると、2014年はカード保有者の72.3%(男性78.8%、女性65.9%)が旅館やホテルの支払いにクレジットカードを使っています。

②カード決済非対応は店舗経営の機会損失に?!

オンライン決済のSquare社が2014年9月に行った「クレジットカード非対応がもたらす機会損失に関する調査2014」調査によると、

*カード利用者の74%が、「カードが使えるかどうか」をお店選びの基準にする
*クレジットカード決済に対応していないお店は、クレジットカード利用者の21%の来店機会を失っている
*レストランやアパレル、旅館・ホテルで現金よりカードを使いたい人は50%を超える
*レストランでは、10人に1人の男性が会計時にカードが使えず困った経験があり、そのような人の20%は二度とそのお店に行かない

*****

JCBの先の調査でクレジットカード保有率は87%、殆どの方がカードを持っているといっても過言ではありません。また、そのうちの74%の方が、カード支払いが可能かを宿選びの基準としていることが分かります。旅行先の支払いにカードを使いたいという方が50%を超えているのが現実です。

宿泊施設のクチコミを見てみても

「たいへん愉快な滞在でしたが、支払いは“現金払い”のみなのはとても残念でした。経営方針なのか、クレジットカード不可というのはいまどきやはり不便で、再訪を大いに検討しているだけに、改善していただきたい。」

「クレジットカードでの支払いを行おうとしたところ、『できれば現金でお支払を。』と言われ、『楽天ホームページにカード利用できると書いてあった。』と言って、やっとカードが利用できた。気軽に使えるように改めて頂きたい」

と厳しいお声が寄せられています。現金のみと言われて、近くに郵便局やコンビニが無かったら悲惨ですね・・・

現金払いをさせる宿の理由は?

理由は2つあります。一つは

「ただでさえ、楽天トラベルやじゃらんネットからの予約で手数料を取られているのに、さらにカード払いの手数料まで取られるのが悔しい」

楽天トラベルやじゃらんネットでは宿泊者斡旋手数料がおよそ8−10%かかっています。私はこれを手数料と思わず、「広告料」と思って頂きたいとクライアント様に伝えています。自分の宿を宿泊予約サイト無しで全国各地の人に知ってもらうことは不可能です。そういう宿泊サイトがあるからこそ、ネットで自分の宿を見つけて頂けるのです。

それに加えて、まだまだカードが使えることを大々的にうたっている宿は少ないのです。カード払いの2−3%の手数料がかかってくるのがもったいないという理由だけで、カード払いにしない宿が多いのです。カード払いが可能なことがお客様の宿を選ぶ理由になっているという現実もあるのにです。手数料をケチったせいで、選ばれなかったり心象が悪くなるなんてもったいない!!なのに別途毎月10万、20万の広告費をかけているなんて本末転倒だと思いませんか?ぜひ、宿側としても「宿の強み」としてカード利用を積極的に取り入れ、ホームページ等でPRして頂きたいです。

もう一つの理由は

「カードだとすぐにお金が入ってこないので資金繰りが大変になる」

ということ。これに関してうちの主人に聞いたところ、資金繰りに余裕のある時は手数料の低いC-REXで(末、15日2回〆の15日後支払い)。資金繰りが大変な時はお客様がカードを切った翌営業日にすぐ入金になる楽天スマートぺイを使っているそうです。「カード利用全面可」とするだけでお客様が選んで下さる確率がウンと上がります。

楽天スマートペイ手数料は3%を超えますが、即入金が便利♪
楽天スマートペイ

この2つの理由、事業者側都合で、お客様の方を向いていませんよね。

お客様の利便性を図るのが商いの本質

カードの読み取り端末に昔は保証料金や買い取りなど、高い料金が設定されていましたが、最近ではほとんどが無料で読み取り機を借りることができます。iPadやスマホで簡単に決済ができるタイプもあります。先に写真で紹介したC-REXは全旅連加盟の宿泊施設ならば設置可能で手数料は3%以下、楽天スマートペイでも3%ちょっとです。一昔前みたいに手数料5%以上という時代ではありません。更には全てのカードに対応可能なオンライン決済も導入して、お客様が大金を持ち歩かなくても良いようにしています。←ココ大事でしょ?

オンライン決済オンライン決済なら全てのカード会社に対応

カニ料理を家族4人で食べに来たら、2万円のコースでも8万円。それに飲み物等も入れたら10万円突破するかも。そんな大金、旅行の時に持って歩きたいですか?寝るときもちょっとドキドキしますよね。お客様のストレスを本来癒やすためにする「旅行」なのに、電子マネー全盛の今なのに大金を持ち歩かせるなんて。お客様の利便性、ぜひ鑑みてください。

「カードが使えない」ってことが「ここの宿はお客様のことを考えていない」って判断にもなってきている時代です!!

<今日の続きはこちら>
すぐにできる!!クレジットカード端末の申し込み☆宿のクチコミ対策

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

お宿様のご購入、増え始めました!

コムサポ発 宿応援DVD
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, クチコミ, 宿泊施設の支援, 相談事例

コメントを残す

  関連記事

4/25 「TVに採用されるプレスリリースとは?」コムサポ販促塾の感想

昨日は大阪から講師を豊岡にお招きし、今年初のコムサポ販促塾を開催しましたので感想 …

福山市でイチバンの発信力=チェック社長、豊岡に現る!〜8/30コムサポ販促塾開催報告

今朝も猛烈な風と雨です。遠く四国沖に台風があるのに、連日の雨です。最高気温予想も …

事業者もソーシャルメディア対応必須の時代に〜エクスマセミナーを聴講して〜

エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)のセミナーの続きです。後半の話はソー …

『良い値決め悪い値決め きちんと儲けるためのプライジング戦略』 田中靖浩著

最近、値決めで困っている事業者さんから販促支援の相談を頂きました。寝具ですが、材 …

Facebook広告、宿泊施設は出した方が良い?良くない?

今日は宿泊事業者のFacebook広告を出すべきかどうかについて、ご質問に回答し …

店舗や宿ではFacebookページの「いいね!」より「チェックイン」を有効活用!

Facebookはオワコン(時代遅れのもの)と言われつつありますが、Instag …

【快挙】豊岡市竹野の湯やど「海の音」様が楽天トラベルマイスター・トップマイスター賞を受賞!

久しぶりにブログを書く時間と心の余裕ができました。 本日は午前中、豊岡市内の旅館 …

ブログを続けるコツ~あなたのお客様が読んでいるかどうかを確認する方法

先日、主人が「最近ブログを読んでくださったお客様がお越しいただいていることを実感 …

人気の無い宿の多くは、ホームページで使う写真撮影をケチってる。

週末の但馬はイベントがどっさり。今日明日は、但馬まるごと感動市という物産展、そし …

自分の店の強みを知っているのは、お客様!

今月も但馬、佐用町、京丹後市の事業所様へ販促支援に行かせて頂きました。本当にあり …