地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

楽天トラベルカスタマイズページは総合的に売上が上がる!

   

昨日のブログの続きです。昨日、楽天トラベルカスタマイズページを作ると、なぜか、じゃらんネットの売上げが先に上がっていくという現象についてお話ししました。そしたら、楽天トラベルの売上げはどうなるのでしょうか?

楽天トラベルはじわじわと予約が増える

楽天トラベルや自社サイトからの予約が増えるのはいつ頃かというと、カスタマイズページを作ってから半年後くらいです。それも一気ではなくじわじわと増えているため、気がつけば何となく増えてるなぁという印象です。私の主人の宿も5年前、全く同じように、先にじゃらんが増えて、その後で楽天トラベルの予約が増えてきたとのことでした。

かどや強みを明確に表現できる!

楽天トラベルを見る方でビジネス利用など価格重視のお客様以外は、じっくりと宿を検討されます。その際に、楽天配布のテンプレートで作っているページとカスタマイズページであれば、カスタマイズページのほうが閲覧時間が長くなります。楽天トラベルのデータでは閲覧時間が長いほど予約数が増えるとのことです。強みを認知してもらうには一定の時間が必要です。そのため、作って終わりではなく、カスタマイズページをみてもらうための工夫もしていかなければなりません。そうして、楽天トラベルの売上げも徐々に上がってきます。

自社の”強み”に共感して頂いたコアなお客様を集めるページを作ったわけですから、すぐに反響があって万人にウケるわけではありません。テレビ出演等マスコミに取り上げられた時のような反響は期待しないで下さい。むしろ、見て欲しいお客様に届くまで、広がるまでに時間がかかると思ってもらって良いといえます。安くしたり特典をつけて反響を煽るのではなく、価格が高くても喜んでくださるお客様を探す、見つける相思相愛を作るページなんだとご理解ください。

トータルしても売上げは上がっている!

先ほどの話をまとめると、カスタマイズページを作ったお陰で、他の宿泊予約サイトの予約も結果的に伸びるわけです。ですが、宿泊施設様の中には「楽天が伸びるお陰で、自社サイトやじゃらんを食ってるだけで、トータルしたら、トントンになっているんじゃないの?楽天に支払う手数料が増えるだけ、売上げを食ってるんじゃないの?」という質問を頂きます。

結論から言うと「トータルの売上げは上がります。但し、宿の強みを引き出した楽天トラベルページを作ったら」という前提です。独自の価値を伝えるページに興味を持った下さったお客様のみを集めるわけですから、これまでお越しいただいたことのないお客様も多数含まれてきます。

実際に、主人の宿では、カスタマイズページを作ってからというもの、総売上は伸びています。(もちろん作っただけではアカンのです→作るだけで終わると、売上は下降線です) 更にじゃらんとの契約を数年前切りましたが、そうすると自社サイトからの予約が増えて、トータルで売上は上がっています。詳しくは触れませんが、自社サイトからの予約、あるいは常連様が予約サイト経由になってしまう%は「楽天トラベル < じゃらんネット」です。

先にお話しましたが、じゃらんネットはお客さまにとって選びやすいサイトですが、その反面、宿泊施設にとっては強みを表現しにくく、価格だけ、設備の有無で選ばれてしまいやすい傾向があるのです。(言い方をかえると価格競争に巻き込まれやすい)

その辺の経緯は私の主人が以前にブログで書いていますのでご参照下さい。
↓↓↓
じゃらんネットから遠ざかった理由

【重要】ネット予約は弊社自社サイトと楽天トラベルのみとなります

昨日もお話しましたが、大切なのは「自社の強み」を見つけ、それをお客様に共感して頂けるようなページ作りをしていくことで、たまたま楽天トラベルカスタマイズページは、ページ数の制限があるお陰で、その強みが際立つのです。自社サイトでもそのページ作りや強みを活かしたプラン作りを反映させさえすれば、売上げはあがっていくのです。

今もまだ支援先で楽天トラベルカスタマイズページを1軒お手伝いし、4軒の宿で今年に入って楽天トラベルのカスタマイズページを作っています。うちの主人の宿を合わせて5軒となり、予約売上傾向のデータがどんどん蓄積されてきています。今後の支援に活かして行きたいと思います。

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援, 相談事例, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

ジオパークフィールドノート、兵庫県を代表し全国大会へ出場決定!

今日は地元の教諭チームと一緒に、西脇市立西脇南中学校で開催された、兵庫県の教職員 …

「どのように行動して欲しいのか」の考え方が欠けているパンフレットが多い

昨日、販促物(パンフレットやチラシ)を作る際の土台ということで、最初に考えておい …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法1~誰が誰に何を書くか

何軒かの小規模宿泊施設のアドバイザーをさせていただいている中で「ブログの書き方を …

「仕事は楽しい!」って思える仕組みを創る~小阪裕司先生の講演会より2

先日聴講したワクワク系マーケティング小阪裕司先生の講演会でもう一つ大きな気づきが …

【快挙】豊岡市竹野の湯やど「海の音」様が楽天トラベルマイスター・トップマイスター賞を受賞!

久しぶりにブログを書く時間と心の余裕ができました。 本日は午前中、豊岡市内の旅館 …

【豊岡・香住の宿限定】交通アクセス欄、日高神鍋高原ICに変更してくださいね!

今月25日午後6時から、北近畿豊岡自動車道は北に延伸し、いよいよ豊岡市に初の自動 …

持続化補助金の申請書に記載するときのポイント

いよいよ、今月27日に小規模事業者持続化補助金の第2回目(今年は最終)の締め切り …

宿がPC用サイトとは別にスマホ専用サイトを作った方が良い理由

先日、宿屋を営むウチの旦那が「宿のホームページ、今はPC用しかないねんけど、スマ …

WEBサイトに訪れたお客様を3秒以内に離脱させない方法(宿泊施設編)

最近、私の支援先の一つである宿泊施設のお客様のところで、真っ先に取り組むのはホー …

ハンパないDMでおなじみ「アトム電器豊岡南店」の年末セールに行ってみた!

私のブログで時々アナログ販促の良い例として登場する豊岡市日高町の「アトム電器豊岡 …