地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

クチコミの点数が悪い宿にありがち☆誇張した自社サイト

   

私の主人にはたくさんの宿仲間が居り、先日、悪いクチコミを書きこまれて凹んでいる女将さんから相談を受けていました。

そのお宿のクチコミを宿泊予約サイトで見てみると、良いクチコミも悪いクチコミにも、それぞれきちんと誠意のある返事をされています。料理も今のシーズンは松葉ガニなどのカニ料理がメインで、料理も美味しいと評判。美人で穏やかな女将さんですから、当然、クチコミの点数が良くなるはずなのに、点数が3点台と思った以上に悪いです。

落ち込む女性 gatag-00013271

悪いクチコミを頂くと
誰しもショックで凹みます

スタッフに特段落ち度が無い、施設が特段ひどいわけでは無い。料理も地産のものを丁寧に、クチコミにもきちんと対応、ということであれば、点数が低いクチコミばかりを書かれる原因は意外と簡単です。

『自社サイトで、自分の宿をハイグレードな宿に見せすぎ』

ハイグレードに見せすぎというのを、私の写真を例にしてレタッチソフトで表現してみました。下の左はレタッチ前、右はレタッチでシミを消して肌つやを良くして、小顔にしてみました。

今井ひろこ

同じ「今井ひろこ」ですが、右はずいぶんと若返りました♪(美顔サプリってスゴイ性能です)

これと同じことを宿側が自社サイトで表現しているんです。するとどうですか?実際に行ってみたら、なんだか違う・・・?!と不信感がどんどん湧いてくるのです!

自分の宿をハイグレードに見せ過ぎる自社サイトの特徴

こういう宿のホームページの特徴ですが、

1)部屋や施設(お風呂など)の写真にひとけが無い。

人物を入れて写真を撮影しないと、実際の大きさがイメージできません。お客さまは写真でイメージを勝手にしてきますので、いくら6畳や8畳と書いていてもピンときません。お客さまの居住地で異なり、京間8畳と江戸間8畳では、畳1枚分程度、京間の方が広いためです。最もクレームが多いのがお風呂です。お風呂こそ、モデルを使って実際に湯船に入ってもらって、大きさを視覚で示すのです。

かどや露天風呂

モデルを入れると、露天風呂の湯船が
1人〜2人しか入れない大きさということが分かります。
(民宿美味し宿かどやHPから)

2)音楽や動画で、無駄に高級感を演出。

高級旅館を思わせるような音楽や動画が入ることで、お客さまは「とても高級な宿なのだ」と意識します。高級なのにリーズナブルな値段!と、「値段」で決めてしまうのです。そうすると悲劇は起こります。

値段で決めたお客さまほどシビアです

旅館と聞いていたから心地よいサービスがあるのか、スタッフ皆が和装でご挨拶とか、部屋に何かお香をくゆらせているとか、お抹茶と茶菓子でおもてなしということもなく、普通の旅籠といった感じの部屋だとします。お客さまが勝手に意識の中で「高級に違いない」と思い込んでしまっていたなら、そのギャップは大きく、真っ先に損をしたと思いこみ、全てが損に思えてしまうのです。それがクチコミに反映されています。

動画や音楽を入れるだけで費用が高いので、私がWebサイトの編集をするときには、余程のことが無い限り、真っ先に削除します。

3)スタッフの紹介が殆ど無い。

ヒトの顔はWebサイトに出ているけど、誰が女将、誰がスタッフ、誰がオーナーかが分からないという宿が多いです。お客さまが来館する前に、誰がスタッフか、誰が女将かが、どのような思いで宿を経営しているのか、お客さま側に伝わるの伝わっていないのとでは、来館したときからのコミュニケーションが全く異なってきます。コミュニケーションの差がクチコミの点数に表れるからです。

それにWeb製作会社側も製作を面倒がるページなので、写真だけでごまかそうとします。インタビューして文章を考えて、何度かオーナー側とやりとりをしないといけないからです。私のWeb編集事業では、スタッフの皆様にインタビューしたりポーズの写真を撮って頂いたりと、ココに一番の重点を置いて製作するため、ちょっと時間がかかります。

例)大平山荘 スタッフ紹介ページ(楽天トラベル)

大平山荘

家族経営の旅館ですが、
スタッフの人となりが
一目瞭然!

*****

施設や料理を見せるだけで無く、見せるべきは「ヒト」。スタッフや女将、オーナーの「顔と人柄」です。

もし、自社サイトが上記の3つの特徴のいずれかに該当するならピンチです。もし、自社サイトのせいでクチコミが悪いのかどうかがよく分からないと言うことであれば、私にご相談下さい。

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

クチコミで凹むアナタに効果があります!

コムサポ発 宿応援DVD
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援, 相談事例

コメントを残す

  関連記事

分水嶺を越えて「貧すれば鈍す」にならないために〜澁井店長FBコメントからの気づき

年末は「今年をふりかえるブログ」を書いているのですが、今日はFacebookで強 …

宿泊施設の方がネット集客を考えた時にお勧め本「究極のネット集客術」

この正月、実家へ里帰りをしていましたが、その間、何冊か本を読んでいたので、本から …

宿泊施設に特化した「お客様の声」活用セミナー開催しました!(前編)

一昨日に続き、昨日は神鍋観光協会女性部の研修会の講師をさせて頂きました。題して『 …

Facebookページとブログの違い

おとつい書いたFacebookについての反響がとてもあり、昨日は何とブログを始め …

初岩手県訪問はOGALタウンと三陸DMOへ! 

昨日から岩手県に初上陸している私。今回、DMOの先進地・三陸や気仙沼の取り組みを …

なぜ私が宿泊業の集客アドバイスができるのか?~2年間の接客係の経験

接客係を経験したことで、今、役に立っていることがもう一つあります。それは、「お客 …

香美町主催の観光商品作りワークショップ2回目に参加!

先週、香美町で行われた、町主催の観光商品作りワークショップに参加してきました。今 …

写真だけでもホームページは勝負できるぐらい、写真は重要

写真だけでも勝負できるぐらい、写真は重要 今の時代、ホームページは必要って言われ …

コムサポートオフィスのお仕事総括【宿泊施設サポート編】〜楽天トラベルトップマイスター受賞サポート〜

一般的には昨日が仕事納めですが、当事務所は本日が仕事納め。 年賀状はこれから準備 …

【Facebook講習会】11/24、12/6と2回、鳥取県・日野町商工会で開催しました♪

昨日、鳥取県を横断し、鳥取県と岡山県や島根県の県境近くに位置する「日野町」へ行き …