地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

無料で新規の宿泊客を集める方法

      2015/12/02

先日、とある民宿で集客方法の相談を受けました。私にご相談頂く第一位は「インターネットの宿泊予約サイトにも出しているし、自社サイトも作っているけど、平日の集客が悪くて、オフシーズンは週末も少ないんです。どうしたら良いでしょうか?」という内容です。

集客をしたい場合、新規のお客様を集めたいのか、常連客や休眠客(一度来てその後来ない)を集めたいのかによって変わってきます。先日もブログで言いましたが、新規のお客様よりも断然集めやすいのが常連客や休眠客です。一度泊まっているので、宿の事は良く分かっているからです。今回はあえて、新規のお客様を集めたい、それもできるだけ無料で、という場合の話をします。

1 宿の説明、宿泊プラン名やプラン説明に地名を入れましょう

新規のお客様がインターネットで宿を選ぶときは、いきなり自分の宿の名前は入力しません。

楽天トラベルサイト

*地名+食べ物 (例−「香住 かに」「城崎温泉 松葉がに」「香美町 但馬牛」など)
*地名+ビジネスホテル
*駅名+旅館

といった具合に、自分の宿を見つけるために検索する地名や言葉を考えて、その言葉をプラン内容の説明やプラン名に入れるようにします。それだけで検索の順位が上がってきます。

2 クチコミは良いものも悪いものもすべて返事!

クチコミはこれから予約をしようかどうしようかと迷っている見込み客が必ず見ます。宿泊客が書いているクチコミの内容も見ますが、むしろお客様が見るのは宿側の返信内容です。この返信内容が誠実かどうかで「この宿は安心して泊まることが出来る」「私には合っていると思う」と予約をするのです。時々、良いクチコミや4−5点の点数が付いているものだけに返信をして、3点をつけた普通のクチコミやそれ以下の悪いクチコミには返信をしないという宿があります。もし、「お客様へのおもてなしを大事にする宿です」「ホスピタリティーがウリです」という宣伝をしている宿なのに、クチコミに返信をしていなければ、お客様への誠実さは感じられないので、悪いクチコミを書いている人を信じてしまうのです。

楽天トラベルお客様の声

悪いクチコミを書いている人の中には、本当に腹を立てて居る場合と、改善したらまた来ようと思っている場合もあるのです。また、明らかに悪意を持って書いている宿泊客も確かに居ます。クチコミの点数を悪くして順位を下げるのを商売にしている方がいるのかもしれません。そういうクチコミには私の主人は返事をしません。その見分け方は簡単です。具体的なスタッフの対応等でなく施設の抽象的なことばかり書いている場合はその傾向があります。

悪いクチコミを書かれた時には、それらを見分けた上で、キレずに大人の対応で返事をすることが大事です。

3 無料ブログやSNSを活用する

Googleアドワーズや楽天トラベル広告、ヤフー広告などの有料広告を使わず、無料で自分の宿の知名度を上げたいのであれば、ブログを毎日書き、FacebookやInstagram、TwitterなどのSNS発信を増やすことです。SNSはお客様とのコミュニケーションツールになりますので、既存客や休眠客にも効果的です。

お宿が書くブログネタって、たくさんあります。

*宿の周りの風景を日々撮影してUPする。
*お客様が行く宿の近くの観光名所に行って撮影してUPする。
*料理を出す前にちょっと撮影してUPする。
*雪の情報などのローカル天気情報は重宝されます。
*お客様からのクチコミや御礼の手紙を頂いたら、それをそのまま載せて宿としての御礼を述べる。

いくらでも書く内容があるのです。まずは600文字〜1000文字、お客様が聞きたいお話を書き続けます。よくあるのは、宿泊プランのPRですが、売り込みの内容はお客様にそっぽ向かれます。ぜひお越し下さいのオンパレードはいやがられます。

インターネットにいかに自分の情報の種まきをするか、です。無料であれば本当に毎日真剣に1年間やり通さないとGoogle検索の順位も上がらず知名度が広がりません。結果が出てくるのは半年後以降だと思って下さい。それを面倒と嫌がり、すぐに結果が欲しいなら、有料広告でお金を月に10万円20万円と出せばいいだけです。

****

もし平日にお客様が来ないと嘆いている時間があれば、ブログやSNSを毎日更新し(SNSはそれぞれに5−10回投稿)、宿泊プラン内容やプラン名を書き換えてみましょう。そして過去のクチコミの返信もしてみましょう。きっとそこから数ヶ月後、光明が見えてきます。

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

コムサポ発 宿応援DVD
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, クチコミ, ブログ集客, 宿泊施設の支援, 相談事例

コメントを残す

  関連記事

露天風呂に浮いてる虫が気持ち悪い!☆宿のクチコミUP作戦

お風呂に関するクチコミお悩みシリーズ、今日は「露天風呂で浮いている虫や葉」です。 …

地元に来るお客様へも情報と安心感を提供できるのが、宿のブログの強みです

昨日、仕事から帰ってきた主人が私に「ねぇねぇ、聞いてくれる?もう、海で笑いが止ま …

ターゲットの設定は具体的に人物像を描こう。 〜POP講座からの気づき

先週、POPセミナーを開催しました。前回は20名以上居られたのですが、今回は10 …

宿泊プランタイトルの書き方セミナーを開催♪【宿泊施設様向けグループセッション】

Webで集客をしている宿屋さんが頭を悩ますことの一つが 「宿泊プランのタイトル」 …

Webデザインは構成が命☆宿泊事業者のHP制作☆持続化補助金

連休2日目ですが、天気は変わりやすく、じめじめ感がハンパない今朝。 おはようござ …

宿泊施設はクレジットカード払いを積極的に受けましょう

昨日まで、3泊4日で信州から北陸へ夫婦で旅行に出ていました。今回は知人友人の宿へ …

パンフレットを制作する時に最初必ずしてほしいこと

皆様は、パンフレットやカタログなどの販促物、WEBページを作るときに、 1)誰が …

自分の店の強みを知っているのは、お客様!

今月も但馬、佐用町、京丹後市の事業所様へ販促支援に行かせて頂きました。本当にあり …

モチベーションが上がる!集客の第一歩は「お客様の声を集める」

今日、集客支援のお仕事で町内の料理旅館へ3ヶ月振りに訪れ、お客様の予約状況を伺い …

宿のオーナー注目!小規模事業者持続化補助金でスマホページを作る場合の注意点

今年も小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)が中小企業庁から …