地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

お風呂が狭いという悪いクチコミを減らす方法と返信の書き方

      2015/12/02

先日、クライアント様より「うちのクチコミに、お風呂が思ったよりも狭いってクレームが多くて。料理がとっても美味しくて良い宿です、って書いていて、お風呂の点が響いて総合点が4点って・・・どうしたらいいでしょう?」というご質問を頂きました。

クチコミって実は伝染するので、「お風呂が狭い」と書き込みがあれば、次に書いた人もそう感じれば、「他の方も書いていましたが、お風呂は思ったよりも狭いです」と書いて伝染してしまうのです。逆に、「朝ごはんのカニ飯がもう最高!勿体ないけど残したら、おにぎりにして帰りに持たせてくれて、めっちゃ嬉しかったです!」と書いていれば、その次に書く方も同じように書いて下さるので、良いクチコミも伝染します。同じ伝染するなら、良いクチコミが嬉しいですね!

ではどうして「お風呂が思ったよりも狭い」と書かれてしまうのでしょうか?それはWebサイトの写真の「見た目」です。

実際に、私の主人の宿でも全く同じ事が過去にあって、ずーっと「お風呂が狭い」と書き続けられていました。実際にWebサイトで使っていた貸し切り風呂の写真は、

かどや

かどや主人の宿の貸し切り風呂の写真

実は貸し切り風呂はシャワーが一つ、陶器の湯船は2人入ったら満杯。貸し切り風呂は露天風呂なので、当然、洗い場も外になりますので、冬はとーっても寒いです。ですが、写真からは3−4人が入れて、露天と感じない撮影になっています。

宿泊を検討されているお客様は「斜め見」してしまうので、露天風呂だとか、2人入れば満杯等、「温泉」の欄に注釈を書いてあったとしても読まないのです。その上、お客様が見て感じたイメージのまま宿へ来られるので、「(自分が)思っていたより狭かった」とクチコミで書いてしまうわけです。

それに気づいた私の主人は、写真にモデルを採用して、撮影しなおしました。

かどや

実際に人を入れて撮影することで、大きさが分かりますよね?露天風呂って意外と狭いんだ、湯船が小さいんだということが。

露天風呂以外にも、普通の殿方用浴室の写真ですが、

かどや

これだと大きさが読めないので、10人以上はラクに入れるんじゃないかと思いますよね?モデルを入れると、

かどや

これだと、4−5人入ればいっぱいになりそうな、という感じがしますよね?

つまり、一目で分かるようにモデルを入れて撮影するほうが、「狭い」というクレームが減ります。実際に主人の宿はこの写真に変えてから、お風呂が狭いと書き込まれるクチコミ件数が一気に減りました。

モデルを頼んだら半日の撮影代とモデル代、交通費込で撮影費総額15−20万かかりますが、クレームが減ってクチコミ点数が良くなれば、クチコミを読んだお客様の転換率が上がり、結果的に売上が上がります。

モデルが用意できない、写真にそこまでお金がかけられないということであれば、一つ一つのクチコミに真摯にお応えしていくしかありません。例えば、私が返信を書くとしたら、

「お風呂場が狭いというご指摘につきまして、お客様のご期待に添えず、申し訳ありませんでした。お風呂場の改築工事はすぐにできないため、早急に改善することができません。現在のお風呂は殿方風呂で5−6名、婦人風呂で4名程度入ったらいっぱいになります。そのため、予約時に貸し切り風呂のご予約もお伺いするほか、チェックインされたときにお風呂場が混雑する時間帯をお知らせしたりするなど、混雑をなるべく緩和できるようにお声がけをさせて頂き、お客様に少しでも快適に過ごして頂けるよう努めて参ります。ご指摘、誠にありがとうございました。」

毎回書いていくと、予約前の検討時に読んで納得して予約頂ける方も居られたり、「狭いわ!」と書こうとされたお客様が「前の方も、その前の方もお客様が書いていて、旅館の方も返事をちゃんと書いてたわ。私が読んでなかっただけやね」と書き込むことを止める方も出てきます。

写真で伝えるのか、中の文章で伝えるのか、クチコミで伝えるのか。いずれにしても「分かりやすく伝える」ことが大事です。

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

コムサポ発 宿応援DVD
『クチコミに負けるな!宿泊予約サイト活用講座』
12月17日(木)順次発送!
【コムサポ 宿 DVD】で検索!

宿DVDバナー

668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5-3 フラッツオダイ201
0796-24-3139
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
info@imaihiroko.com
http://www.com-support-co.jp

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, クチコミ, 宿泊施設の支援, 相談事例

コメントを残す

  関連記事

どうすればお客様目線の言葉が思いつくようになるのか?

昨日のブログ「お客様目線」についてのお話、たくさんのアクセスをいただきました。共 …

宿泊予約サイトで受賞すると、こんな良いことが!

先日、主人の宿が楽天トラベルマイスター2015でカスタマイズページ賞を受賞。同時 …

自然相手だけじゃない、事業にも必要な「インタープリター」

先月から、コムサポートオフィスの公式ホームページの制作と、会社案内のパンフレット …

ホームページ制作を価格だけで選んでませんか?

先日から写真のお話を続けているのには理由があります。持続化補助金の申請のご相談を …

正月休みは、増えすぎたSNSお友達を整理しよう!

SNSの距離感ってホント難しいなぁと感じる出来事がありました。 Facebook …

宿泊プランの作り方のコツとは? じゃらん香美町観光セミナーから

先日からお話している、じゃらん×香美町観光商品作りセミナーのお話の続きです。 香 …

夫婦旅は現地で予定を変えてサプライズを楽しむべし〜小布施での話

信州視察の続きです。道中では高速道路のサービスエリアやハイウェイオアシスになるべ …

宿の売上は「プラン名とプラン内容」を書き換えるだけで短期的にUPできます!

今日お話する内容が私が宿泊施設の支援させていただく上で最も得意なところです。この …

明日から2016年後半戦スタート!☆折り返し地点で何を思う?

昨日、自宅近所を車で走っていたら、 地元・香美町の花であるユウスゲが咲いていまし …

「何のためにブログを書くのか理解できて良かった!」旅館スタッフ向けにブログ講習会を開催。

昨日、鳥取県米子市にある皆生温泉の旅館へブログコンサルに行ってきました。途中で寄 …