地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオガイドは読んで欲しい「2038年 南海トラフの巨大地震」(尾池和夫 著)

   

先日の土佐清水ジオパーク構想での講演会を前に、是非読んでおきたいと思ったのが「2038年 南海トラフの巨大地震」。日本ジオパーク委員会の尾池和夫先生(京都造形芸術大学学長、元 京都大学第24代総長)の最新刊です。和歌山沖から四国沖にかけて伸びるプレート境界「南海トラフ」の巨大地震が2038年頃に起こると予想されているため、それまでにどのような減災ができるか、大地震直前に予測が出来るのかなどが書かれています。

2038年

尾池先生は地震の専門家で、次の南海トラフの大地震は必ず起き、それは明日とかではなく、2038年頃に起きると予測されています。必ず起こるということと、いつ頃起こるかがハッキリしている、世の中でもこの場所でしかできない予測です。

2038年尾池先生とツーショット!

先生は常日頃「日本は変動帯の大地」と仰っています。地震は当たり前に起こり、火山は当たり前のように活動するのです。日本がユーラシア大陸から約2000万年前頃から離れてきて今の位置にいるのですが、その活動は実は今も続いているのですね。先生が本の中で示した図が、ビックリなのですが、巨大地震を起こす場所って、大陸の端の方にある「列島」なんですよ。偶然じゃ無く必然です。また、インドネシアで過去何度も大地震と津波を繰り返してきましたが、インドネシアと日本の地図を同じ縮尺で並べたら、列島の弓形などがウリ二つなのです。

2038年大きい地震を起こす場所の地形は弓形!

ところで、なぜ2038年頃って予想がついているかというと、過去5000年にどんな地震や津波が起こったかが、地層を見ると一目瞭然なんだそうです。国の地震調査研究推進本部のHPの図を見ると、いつ起こったかがわかります。

南海トラフ地震調査研究推進本部のHPより
本州沖の海盆での地震発生年

この付近では、100年から200年の間に一度、一年に数センチは沈み込んでいるプレートのひずみを元に戻すチカラによって地震が起きて、津波が発生するんですが、ちょうどそのタイミングが2038年頃とされているんです。それより早く起きれば小さくなり、それよりも後に来たら、より大きな地震に繋がるのです。

とんでもなく規模の大きな地震が起こり、そのような巨大地震はプレート境界のある海底で起こるから、直後に大津波が来るという判断が、地震のことをきちんと理解しているヒトには完璧にできるということが重要な意味を持っているのである。(中略)科学の知識があって、自然現象から得られる情報を理解する能力を持った人が増えてほしいと私は思っている。そのような人たちが社会のあらゆる要所にいて開設することが、災害の軽減につながっていくと思う。

(第一部 南海トラフの巨大地震 その仕組みと予測 / 南海トラフ概観 より抜粋)

これこそがジオガイドの役割であり、それを観光客だけでなく、地域住民にも知らせていくべき大事なことなんだと思いました。

******

先月のジオパーク全国大会のガイド分科会で討論の一つになった「『地球を伝える』とは地球活動なのか、地球環境なのか、地球そのものなのか?」という話。「そんな大きなスケールの話しはできません」って断言するガイドさんまで居て、議論のまとめ方が難しかったと聞いていますが、この本の第一部の中に「地球の歴史」という段があり、これがとてもわかりやすい表現になっています。地学を学んでいない人でもわかる内容になっています。尾池先生は京都造形芸術大学の学長をされていて、そこの学生さん達にも授業をなさっていて、地球の歴史について話しをするそうです。その内容も地球を四五歳の女性に見立てて語ることを試みているそうです。

地球の歴史の中での一億年を、ある一人の女性の年齢一歳分に置き換えて、地球を四五歳の誕生日を半年ほど過ぎた女性の人生に置き換え、アルバムで綴りながら説明するという試みである。その女性の名は、テラさんという。(中略)テラさんが生まれた直後に、妹の月、ルナさんが生まれた。(略)

(第一部 南海トラフの巨大地震 その仕組みと予測 / 四五歳のテラさんのアルバム より抜粋)

人それぞれにたとえ方の違いはあるでしょうけれども、まずはきっちりと地球の歴史について勉強した上で、尾池先生のような物語風にお伝えすることで、地球についても語ることの出来るジオガイドに育っていくのでは無いかと思うのです。最初からそういう大きい話しは無理ときめつけるのではなく、まずは知ることが大事です。

今回、講演会を尾池先生と一緒にさせて頂ける機会を得ましたので、サインもして頂きました。尾池先生、本当にありがとうございました!

2038年

学長ナマズ

学長ナマズも書いて頂きました♪

 
 

illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
山陰海岸ジオパーク公認ガイドが
深堀りしたまちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, その他

コメントを残す

  関連記事

須佐は一年中「活イカ」を提供しているスゴイ地域だった!

先日、ジオパーク講演会に行った山口県萩市の須佐(すさ)地区は海に面した集落で、イ …

ジオパークガイド交流会でインバウンド対応を勉強しました!

昨日、山陰海岸ジオパークガイド交流会に行ってきました!今年第一回目で、鳥取市〜京 …

「私を見て!」という生き方をリーダーはしよう 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」セミナーシリーズ第四弾! セミナー …

「OSを更新しない限り、最新アプリを入れても起動しない」ビジネスにもジオパークにも言えること。 

先月、大阪でマーケティングコンサルタントの坪井秀樹(ツヴォイ)先生のセミナーを聴 …

2017年の日本ジオパーク再審査結果を見て、私なりに想うこと。 

まずは今朝の日本海新聞。(但馬欄です) 年末企画でジオパークのイエローカードにつ …

香美町小代のガイドツアーは嵐の中でも大盛り上がり!

一昨日の山陰海岸ジオパークのガイド交流会の午前中は、香美町小代でガイドツアーを開 …

ジオパーク専門員の雇用問題について多数ご意見頂きました

昨夜、鳥取空港経由で香美町の自宅へ戻りました。実家が大阪市内と都会育ちの私ですが …

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(4)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中で「日 …

11/29(日)「東三河にジオパークを!シンポジウム」で登壇しました

こんにちは。コムサポートオフィスの今井ひろこです。先週末、愛知県蒲郡市で行われた …

2/13「ジオパークセッション下北ジオパーク」(青森県)に登壇<2>サコタデザインの迫田さんのお話

昨日の続き、2/13に青森県のむつ市で行われた「ジオパークセッション 下北ジオパ …