地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

10/18竹野浜ビーチクリーンイベント、無事終了〜!

   

昨日。10月18日の午前中、兵庫県豊岡市の竹野浜海水浴場周辺のビーチクリーンイベントを複数の団体と一緒に開催し、無事終了しました! このイベントは、11年前の台風23号豊岡大水害(豊岡市内中心部の大半が水に浸かりました)をきっかけに始まったビーチクリーンイベント。その時に町から流れ出したゴミが一気に海へ流れ出して、日本の渚百選にも選ばれているジオサイト・竹野浜海水浴場も大量のゴミで埋め尽くされました。そのゴミを釣りグループ「海族ファミリー」さんと一緒にダイバーチーム(のちにNPOたじま海の学校&ダイブリゾートT-style)と清掃活動したのです〜。あれから11年っ!の今でもずっと続いている年に一度のイベントです。

海そうじ2015総勢151名!みんなで海のゴミを拾いました!

今年からは竹野浜周辺でジオカヌーを営む「海の家メリ」さんチームも参戦して、ダイバー、アングラー、カヌー愛好家による「いつも楽しませてくれる但馬の海へ恩返しイベント!」となりました。

海そうじ2015この日は「全国一斉水辺感謝の日」。
(公財)全国釣振興会さんも協賛して下さいました!

特に海域を使うイベントの場合、天候が晴れであっても波が高かったり、風向きが悪かったりするとイベントを中止しないといけないのですが、昨日に限っては、前日までの高波がピタッと収まり、透明度もOK、晴れて気温が25度まで上がり、10月に入ってから最もベストコンディションな日になりました!但馬の海の神様が掃除を喜んで下さっている証拠です♪

海そうじ2015海は穏やか、ダイバーや水底が見えるほどのコンディション!

参加者はダイバー&カヤックチームで51名、釣りグループ&一般参加者100名の計151名〜!遠くは和歌山、大阪、京都、神戸からも参加者が!近畿大学潜水部も毎年の参加で嬉しい悲鳴です。ダイバーは8時スタート、カヌーは9時スタートで、陸上班が10時スタート。役割によって開始時間を変えて、最も参加者の多い10時に開会式を行いました。

海掃除2015

そして集まったゴミは・・・軽トラ4台分!発砲スチロールは半島の入り江に多く、掻き出しが大変そうでした。港の下からは、缶コーヒーなどの空き缶や釣りえさの袋、大きな建築資材や、果ては手こぎボートまで!釣りのスポットになっている竹野新波止場の先端からは餌木59個のほか、釣りのおもりなども多数。海の中から上げてきたゴミは80kg+ボート分となりました。

海そうじ2015

11時半からは修了式。各班からの報告として、陸上清掃では、たばこのフィルターなどが多く、場所によっては竹野川河口からのゴミが多かったこと。海底清掃では空き缶や釣りのえさ袋などがあったこと、カヌーは発砲スチロールの大型ゴミが多かったことなどを各班のリーダーや参加者から感想を頂きました。

海そうじ2015釣りグループ海族ファミリー代表の谷さん。
プロの釣り師さんでファン多し。

海そうじ2015今回から本格参加、ジオカヌー・海の家メリの宮崎さん。

最初の頃は餌木が400本近く回収した年もあるのですが、今年は餌木の数が少なかったです。これについて、海族ファミリー代表の谷サンによると、今年水温の下がりが早く、例年10月がアオリイカ釣りのシーズンになるにも関わらず、9月にそれが前倒しとなって、期間が短かったために、釣り客も少なく餌木が少なかったのではということでした。餌木もよく見るとその殆どが新品に近く、今年ひっかかったくらいのものが多かったです。だんだん、古い餌木がすくなくなってきているので、古いものはこの10年くらいで回収できたのかな、と思います。

海そうじ2015回収した餌木やリールなど。

ここに関わる団体は、役割がそれぞれ決まっています。釣りグループは陸上清掃。ダイバーは新波止場と港の中の海底清掃、カヌー班は人が歩いて行けない猫崎半島の入り江に入り込んだゴミを集めてカヌーで移送。

海そうじ2015カヤックで運ぶジオカヌーチーム

それをバックアップして下さるのが「たけの観光協会」。集めたゴミの処分費用の負担や当日の炊き出しサービスなどです。北前館は海水を浴びたダイバーやカヌー参加者のお風呂サービス、カヌーによる水面監視も行って下さいました。こんなにたくさんの関係者が協働出来るのが「竹野」の懐の深さと広さです♪関わる方、皆が自分の範疇で無理なくできることをやって下さる、心温まるイベントなんです。

IMG_1799たけの観光協会婦人部による炊き出し。
ありがとうございます!

このイベント、清掃することも目的ですが、釣りグループとダイバー&カヌー愛好家という、ともすれば海辺では敵対する人たちが同じ目標「海をきれいに!」のもと、一緒に活動する事も大事な目的になっています。今回も3団体が同時に開催することでいろいろと運営の不手際があったり「こうすればもっと楽しめるぞ!」と思える事項が多かったです。来年もしたいので、ぜひ、来年は今年の不手際を改善して、もっともっと盛り上げていきたいと思います!ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。

海そうじ2015ダイバーチームで記念撮影!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

ジオパークマスターマップ初版の製作秘話<下>

昨日のブログの続き、商店主さんにジオパークのサポーターになって頂く制度「ジオパー …

イベントもプレゼンも仕事も一世一代の大事なことはすべて「準備8割」

明日いよいよ、豊岡市の竹野浜海水浴場で、市民やアングラー、ダイバーによるビーチク …

兵庫県の広報番組に出演しました

昨日、兵庫県広報番組「日曜さわやかトーク」の収録で、車で3時間弱、神戸にあります …

ジオパークって民間にどう浸透させればよいの?☆ジオ談会に参加

今朝もよく晴れて、事務所のある豊岡市内は真ん中に川が流れて盆地特有の朝霧がすごい …

最初に身につけるのは「知識」ではなく「安全管理」~霧島ジオパーク古園俊男さん

今回の山陰海岸ジオパークガイド交流会、8回目にして初めて外部から講師をお呼びしま …

imaihiroko.comでの検索ワードランキング

4/1からブログを始めて毎日がんばって1000文字以上書いて、100記事を超えま …

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」隠岐世界ジオパーク

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」今月は隠岐世界ジオパークで …

山陰海岸ジオパーク国際学術会議(湯村会議)の講演内容

本日は山陰海岸ジオパーク国際学術会議2014「湯村会議」です。今回の国際学術会議 …

2016年の日本ジオパーク新規加盟認定地域が発表!

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々ジオパークガイドをし …

5月から山陰海岸ジオパークガイド養成講座を企画運営! 他講座とひと味違う5つのポイントとは?

今年、ジオパークガイド養成講座を3年ぶりに私がプロデュースすることになりました。 …