地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

香美町の観光で人気は何?ギャップ調査の結果から

   

じゃらんリサーチセンターは依頼された地域ごとに観光調査も行っています。「香美町」も少し前ですが2012年に依頼し、データが出ています。(データは香美町の役場ホームページで公開されています)

兵庫県香美町調査報告書

じゃらんリサーチセンターではギャップ調査と呼ばれているもので、従来の観光施設と旅行者のイメージギャップを測定し現状の課題把握を行い、地域の資源・価値(強み)の発掘と整理を行うためのデータとして活用できます。例えば・・・

「香美町」は知られていない

キャップ調査「香美町の認知度」ギャップ調査「香美町の認知度」

なんと、46%の人が「香美町」を知らないという結果が出ました。日本全国ではなく、西日本、特に関西でのアンケート実施が50%での結果ですので、地域住民にはショッキングなデータかもしれません。但し、これは市町村合併して新しい町名になったところは共通した課題で、スポット的な観光地は知られていても、町名は知られていない、ということはありそうです。(かつて私も知らないどころか、読めなかった・・・)

自分たちが資源と思っているものがどれだけ知名度があるのか

ギャップ調査「興味度」ギャップ調査「香美町内での興味度」

続いて地域内における観光地、特産品の知名度、興味度についてのデータです。正直、「カニの町」としてのブランド力が高いと思っていたら、「但馬牛」の方が知名度が高かった、という結果になりました。私も全国各地で講演をさせて頂いたときに、「但馬牛を知っていますか?」と聞くと、東北でも1/3が手を上げるほど、知名度は高いんですよね。まさに地元と来訪者とのイメージギャップです。実際に聞いてみないとわからないことです。

実際のギャップから資源を掘り起こしてみる

ギャップ調査「イメージ」ギャップ調査からのイメージマップ

実際のデータをイメージマップに落とし込んだものです。これにより地元が気づいていなかった人気コンテンツや認知度があるのにPRが足りていなかったと考えられるコンテンツにもっと力を入れてプロモーションしてみよう、という方向性を決めることができます。例えば、上記のイメージ図でいうと「山陰海岸ジオパーク」は興味はあるけど認知度が足りない、というカテゴリーに入ります。この「興味はあるけど知名度が足りない」部分を「お宝コンテンツ」として磨いていくかが鍵となります。

逆に、マラソンやトレイルランニングが盛んになってきていますが、こちらは趣味趣向によるコアなファンが多いだけで、実際には観光でのドル箱になる可能性が低いということが示されています。参加総数は日帰り含めた香美町来訪者約130万人の中の1%にも満たないお客様数ですしね。費用対効果を考えましょうということですね。

夕陽がきれいな香住海岸。「日本の夕陽百選」のひとつとして売り出してきていましたが、「〜百選」というのはどこでも使われる「使い古された表現」です。別の切り口で表現したり体験できる観光メニューがあれば、もう一度クローズアップされる可能性を秘めている、とじゃらんリサーチセンターの佐藤先生はおっしゃっていました。

******

日本の棚田百選も然り。滝も然り。。。新しい切り口や既存メニューとの組み合わせによる新しい観光メニューセットができればいいですね。このあと、3回に渡って、香住・村岡・小代の各区(これはどやさと思いますが)に分かれてワークショップ形式であぶり出し&メニュー創作をしていくそうです。その手法等々、レポートできればと思っています。

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, 田舎での商売心得

コメントを残す

  関連記事

オコゼ料理の生中継で気づかされた宿のオンリーワン

昨日、主人が経営する民宿「美味し宿かどや」で、テレビ局の生中継がありました。毎日 …

イベントを開催する際、本当にお客様を呼びたい時に考えてほしいこと

先日、私の住む香美町香住の訓谷集落ではオープンガーデンフェスタが開催されました。 …

外国人観光客必携のジャパンレールパスに注目☆インバウンド集客

どうして外国人誘客を考えるようになったかというと、まずは宿の立地です。外国人の多 …

宮崎牛の血統に記された「田尻系」〜和牛を支える但馬牛・田尻号〜

NPOの活動で、昨年度は兵庫県が誇る但馬牛の史跡や牛舎・棚田と和牛の暮らしを案内 …

兵庫県の助成金申請でのプレゼン審査・面接審査攻略のコツ

兵庫県の補助金・助成金申請で10万円を超えるものについて、書類審査の他に面接やプ …

なぜ、浜茶屋のカレーライスが新聞で紹介されるのか?

最近、周りでプチブレイクしている、私のフィールド・香住区佐津海水浴場の海の家で販 …

近畿のスキー場はアジアを代表するスキーリゾートに〜但馬コネクション聴講記・4/終〜

昨日の話の続きです。先日、豊岡市日高で行われた但馬コネクションという会合に初参加 …

田舎であなたの商売がうまくいかない7つの理由(2)

私がここに嫁いで6年、いろんなケースを見てきた中で思った「田舎であなたの商売がう …

黒川温泉では地域共創で世代交代! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<3>

昨日の続き、じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーでの三田愛研究員の研究 …

地域づくり系の助成金申請書作成5つのコツ

先日のプレゼン審査会の続きです。当日のプレゼンも大切なのですが、基本は申請書です …