地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

不満の反対は「出番」?! 〜福島正伸先生のセミナーから

   

先日からずっと福島正伸先生のセミナーでのお話をここでお伝えしています。今日は「人は意識して生きていこう!」というお話です。毎日、惰性で生きず、意識して「良い日にしよう!」「今日も一日がんばろう!」そういう想いを持つだけで、良い変化が出てくるんです!

******

人は自立型姿勢と依存型姿勢の正反対の考え方をもっています。無意識にいると依存型の姿勢になります。何故か?ラクをしたいからです。

私たちはラクをしたいという欲求充実した人生を送りたいという欲求という、二つの正反対の欲求を持っています。ラクをしたいと思い、ラクをすればするほど、こうしてほしい、あぁしてほしいって、周りや環境に依存していきます。すると、依存しているのに、思ったことを周りがやってくれない、会社が自分の思い通りのものを与えてくれない・・・やってくれないんです。総理大臣が自分の思うような政策をとってくれないんです。

他人に依存すると不満になるんです、思い通りにならないから。ラクをしたくて人に依存するのに、依存するほど苦しくなるんです。不満が出るんです。こうするべきだ、あぁするべきだ、こうしてほしい、あぁしてほしい・・・こうなってくると辛くなってくるんです。イライラするんです。いつもイライラする人って、いつも感情的になる人は依存型になってしまった人。そうではなくて、自分に期待するんです。

花

自分に期待すると、不満の反対になるんです。不満の反対を「出番」と言うんです。会社がどう、じゃないんです。「どんな会社を作りたいか」ですね。「この人生、どうなっちゃうんだろう」じゃないんです。「どんな人生にしようかな?」なんです。「ニッポンはこれからどうなるんだろう?」じゃないんです、「どんな国にしようかな?」ですね。

自分に期待をすると、出番になってワクワクします。

人や環境に依存すると、不満になってイライラします。

これは単なる選択の習慣に過ぎない。だから不満を言う人は、残念ながら一生、不満を言います。自分の考え方を変える以外に解決はできません。

不満にするか、出番にするか。どっちかです。

基本的に私たちは依存型です。無意識に居ると依存型になります、ラクしたいので。

意識をして、充実感のある人生を送って人の役に立つ目標を持ち、そして、こんな風に生きようとポリシーを持つ。これを意識してやらないといけないんです。

無意識でいると自己中心的で、自分の安楽ばっかり考えますから、人と仲良くすることは意識しないとできないし、ふたり以上の人が集まるとケンカになるんです。これが普通。気が合わない、ケンカするのは普通です。人間関係は努力しない限り上手くいかない。仲が良いチームや上手くいっている組織は、全部努力なのです。ひと言で言うと、良くしようと思ったことだけが良くなるんです。良くしようと思わないもの、または、相手や環境に期待しているものは悪くなる。つまり、全部自分の努力なのです。

******

確かに、私の周りでも文句ばっかり言ってる人が居ました。私もそうだったかも。でも文句ばっかり言っててもはじまらないので、距離を置いたり、本当に何とかしたいときには私から動いたりしていました。まさにそういうことを意識して行うのと、無意識にやっているのとでは、状況も変わってきますよね。私が自分で頑張りたいと思ったことは出番にしていき、私が居ない方が良いと思うことは文句を言わずにスッと去る努力もしなきゃいけないですね。今回もステキなフレーズが多かったです。半紙に書き写して事務所に掲げておこうかな、という言葉が続々でした。

「究極のコンサルタント養成講座」セミナーでのお話は一旦これで終わりにします。次のセミナーが8月上旬なので、それ以降にまたお届けします。

そういえば、先日28日(福島先生の誕生日)12時から1000部のみ販売になった福島正伸先生の音声DVD「真経営学音声全集」、先ほど到着しました。全巻で5万円もするんですが、4時間ちょっとで完売したそうです。すごいベストセラー! この音声全集も時々、このブログでフィードバックできれば、と思います。

音声全集

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - セミナー聴講記, 究極のコンサルタント

コメントを残す

  関連記事

困った人は自分を育ててくれる、ありがたい人 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生のコンサルタント養成講座では、もちろんコンサルティング手法についてレ …

送電線に火山灰が2ミリ積もるだけで停電?!〜東大地震研究所中田教授の講演から

先週、日本ジオパーク委員会副会長で東京大学地震研究所教授の中田節也先生がサイエン …

商工会の経営革新塾で経営計画書の書き方をみっちりと。

この週末、豊岡市商工会主催の経営革新塾がありました。10時から17時まで、丸々2 …

自ら考え道を切り開く「自立した人」になるには 〜福島正伸先生のセミナーから

福島正伸先生のセミナーシリーズ第三弾! セミナー中に伺ったお話を振り返り、私のブ …

竹田恒泰講演会「日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか」に行ってきました!

今日はテレビ番組「そこまで言って委員会」などでお馴染みの竹田恒泰さんの講演会に行 …

経営者が人を育てるということ 〜福島正伸先生のセミナーから

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

成功者には共通点があった!セミナー受講で成果を出す人が行っていたこととは?

先日から受講を始めた、福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」でのお話の中 …

インバウンドに対する、心のこもった「おもてなし」3つのポイント

昨日のブログの続きです。2/17に香美町商工会でインバウンドセミナーが開催され、 …

4度もあった若桜鉄道の危機。それをどう乗り越えた?! 〜若桜鉄道(株)山田社長の講演から

1/23(月)の山陰海岸ジオパークビジネスフォーラムでは、地域振興の事例報告とし …

お客様のウォンツはハードリピーターに直接聞く!〜観光プロデュース論1日目④

今日も和歌山大学観光学部での観光カリスマ・山田桂一郎さんの講義で印象に残ったスイ …