地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

観光商品作りのワークショップに参加してきました

   

昨日、じゃらんリサーチセンターの佐藤先生による、観光商品造成のためのワークショップが香住で行われました。参加者は当初の予定よりも大幅に少ない15人ほど。宿の方が最も多く、遊覧船のガイド、まちあるきのガイド(わたし)、漁協の方、温泉施設の方も含めて、やる気ある方々が揃って、いい雰囲気の中スタートしました。

じゃらん香住観光セミナー

今日のテーマは「売れる観光商品作り」。どんな観光商品がこの地でできるのか?どこから訪れる誰に売るのか?その誰かさんはどんな趣味嗜好を持っている人なのか?そこまで落とし込んで商品作りに役立てようということのようでした。

さて、今日は5−6人でグループを組み、3グループに分かれて、ワークショップをしていきました。ファシリテーターは佐藤先生です。

 

1)閑散期の集客に苦戦する理由は?

これをブレストでどんどん付箋に書いて出して、グループ内で意見の多いものを3つ程度上げていきました。この地域の課題を見つけるのが目的のようで、先生曰く

課題は自分たちで解決できるもの、問題は自分たちで解決できないものなので、問題を議論しても建設的な話し合いにならない。それらをフルイにかけて、課題だけを見つけていきましょう!

例えば。

『食を売って、観光を売っていない』という理由は、売り方を変えれば売れるので「課題」となりますが、『交通の便が悪い』という理由は自分たちでどうかできることは無く、これは「問題」として、今回の議論からは外すということです。

観光商品作り

グループ討議をするときに、出てきた「課題と問題」をそうやって見分けて、ファシリテーターがふるいにかけるように促すと、解決する課題を浮き彫りにすることができることを学びました。

2)どの季節に、どの地域から、どんな属性の、どんな嗜好の人を呼びたいか?

今回の香住エリアでは、春秋の観光シーズンはお客様が減り、夏と冬はドーンとお客様がやってきます。春秋はカップルが多く、夏はファミリー、冬はカップル+大人旅が多い属性というじゃらん調査の結果でした。

観光商品を造成する場合に考えねばならないのは、

『閑散期を伸ばしたい』

『繁忙期をもっと伸ばしたい』

のどちらか。来て欲しいお客様像や販売したい観光商品が全く変わるので、ワークグループの中でまとまらない可能性があります。そこで、参加者に上記のどちらですか?と挙手で聞いて、グループを再編しはりました。

今まで、グループワークの途中でグループの再編をするって珍しいことだった(絶えず変わるワールドカフェ方式は除きますが)のですが、再編することでまとまりやすくなりますよね。この手法にビックリしました。

今回は繁忙期を延ばしたい方が4名、閑散期を延ばしたい方がそれ以外ということで、グループワークもしやすい人数に再編されました。

私のグループでは、来て欲しいお客様像に「事業をしているシニア夫婦」とか、「農業従事者がはさかい期に」という絞り方をしていました。自分一人ではなかなか出ないお客様像が出てくるのが、やる気ある方々が揃うワークショップの醍醐味ですね。

この後、どうやっていくらで販売していくのかという話し合いをグループで行って、各グループの案を分かち合ってワークショップは終わりました。これらの結果から得られたキーワードでマーケティング調査を行うそうです。その結果を踏まえて、観光商品を作り上げていくワークショップが秋にかけて行われます。とっても楽しみになってきました〜!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, セミナー聴講記, 観光

コメントを残す

  関連記事

カメムシ、何とかしたい!☆宿のクチコミUP大作戦

今日は久しぶりに宿のクチコミについて、田舎の宿に特有の「カメムシ」についてお話し …

「そうそう、私もそうやねん!」~お客様目線の言葉とは?

昨日、Facebookをしていたら横にスターバックスの広告が。何気にクリックして …

Google検索で本当の検索順位を調べてみよう! 貴方のお店は一番上に来ていますか?

先日、商工会議所さんからご依頼を受けて、無料経営相談で飲食店へ行ってきました。 …

自分のお店、宿の良さはお客様が一番よく知っている

昨日に続いて販促支援からの気づきです。販促物のキャッチコピーやプラン名を作る時、 …

宿のクチコミ評価を上げるには?☆リンスインシャンプー編

先日のブログでお風呂について「お風呂がこんなに狭いなんて思わなかった」と1−2点 …

昨日、香美町でエクスマセミナー「さらば、安売り!」に参加。

昨日、私の住む香美町で、主人のマーケティングの師匠である藤村正宏先生の「エクスペ …

小規模事業者のみなさま、商工会をもっと活用しましょう!

中小企業庁の中小企業&個人事業主の商売をサポートする「未来サポート事業」(通称: …

ブログ集客(3)大量のアクセス数は求めなくて良い

ブログを続けていると最初の頃、どうしてもアクセス数に一喜一憂してしまいます。アク …

ソーシャルメディアってどれをすれば良いの?【Webビジネス活用セミナー開催報告7】

昨日の続きで、今日はソーシャルメディア(SNS)についてお話しします。ブログをU …

パンフレットをデザイン会社に依頼するときに必要なこと。

今、私が活動するNPOたじま海の学校で作っているミニガイドブック「香美がたり 小 …