地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

男子の一人旅が増加?! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<1> 

   

昨日、リクルート・じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーに主人と共に参加してきました。これは自治体やNPO、まちづくり系企業を対象に開催されているセミナーで、私は3回目か4回目の参加です。会場では、じゃらんリサーチセンターが行った観光宿泊旅行に関する動態調査の報告や、じゃらんリサーチセンターが請け負っている自治体向け観光振興事業の報告などが行われました。

じゃらん2015

今日は、じゃらんリサーチセンターが十年以上行っている、動態調査の結果のフィードバックをお伝えします。この調査は、観光宿泊旅行だけが対象。日帰りや出張、修学旅行は除かれています。また、これは私の私見ですが、インターネットでの調査になりますので、インターネットをしない方々(人口の半数以上)及び、そういうアンケート調査に非協力な方は除かれています。あくまでもアンケートに答えて下さった方、ということを念頭に置いた上で、データはご覧下さい。(日本国民一般的に、或いは総意でないということです)

旅行者数は年々減少

20歳から79歳までの人が1年に1回以上旅行する割合は56.9%。4割の人は旅行しないということです。この割合、9年前がピークで66%だったので、この間に1割の人は旅行をしないように。ただし、旅行に行く人は年平均2.79回、約3回は行っている計算になりますので、旅をする人は何度も行くし、その一方で全く行かない人も増えてきたということです。

じゃらん2015

20-34歳男子の旅人増加

どの世代の旅行が増えているかというと、実は20-34歳男子の増加率が高いんだそうです。逆に50-79歳男女が共に減ってきています。これは女性の就業率が高いために休みが取りずらく、旅行に出にくくなっていることと、将来の不安から貯蓄に回す方が増えているためと分析。

じゃらん2015

増える一人旅、特に20代男子!

年々増えているのが一人旅で、特に20代男子は極端な増加傾向に。旅先に選んだ理由として、「話題・評判のいい店や場所」「特定のイベントやアクティビティ、そこならではの食や特産品に興味がある」など、SNSで発信するネタになりやすいものを求めています。旅先でやりたいことがあれば、多少予算がオーバーしてもやる人も半数以上にのぼり、タイミングや場所が合えば参加しよう、やってみようという旅人が多いのだそうです。

それには、地域に入ってからの情報提供が大事。その情報をお客様が受け取るのはチェックインの時が最も多いのだとか。紙媒体も積極的に部屋に置いておく、チェックインの時に取りやすいようにする、スタッフに「どこがオススメですか?」と相談されたときにスッと資料が出せるようにしておくといいですね。お客様はその場所に住んでいる人から最新の情報を欲しがっていますから。

旅先ではランチ奮発!

旅先でどのタイミングで財布の紐は緩むのか。実は昼食のときに緩む傾向に。日頃の弁当は550円程度であるが、旅先での平均支出額は1490円と実に3倍の金額で奮発。現地だから美味しい、地元で水揚げされた魚ばかりの海鮮丼、にぎりずしなどがあれば、ついつい食べてしまいますね。財布の紐を緩めたくなるような、美味しい地元食材中心の店が必要なのですが、但馬は少ないです。。。

その他、直売所があればついつい買ってしまう人が半数に及び、その金額も5500円と普段スーパーで野菜を買う金額に比べて大幅UP! 魅力ある道の駅やJA直売所があれば、大いに売れるということです。

じゃらん2015

*****

以上、「じゃらん宿泊旅行調査2015」の報告でした。

報告を聞いていると、私のフィールド・香美町や但馬地方の観光動向とは少し違うような気がしています。今回の調査は、全国調査で、観光地によっての差が当然あり、鵜呑みはしない方が良いのですが、観光地のありようとして個人旅行が増えている現状、地元でも評判の昼食が美味しい店や直売所を増やしたほうが良いのは香美町や但馬地方も同じですね。

今日のデータはじゃらんリサーチセンターのHPから抜粋しました。明日も引き続き、セミナーのお話を続けます。

 

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, セミナー聴講記, マーケティング, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

「お客様に忘れられない工夫を徹底的にする」〜9/21コムサポ販促塾開催報告

昨日のコムサポ販促塾は想像以上にハンパない内容。ノウハウの塊・・・これ、本当に部 …

5年後もガイドとして活躍したい人にインタープリテーションスキルが必須である理由

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

須佐は一年中「活イカ」を提供しているスゴイ地域だった!

先日、ジオパーク講演会に行った山口県萩市の須佐(すさ)地区は海に面した集落で、イ …

スマートフォン対策必須ですよ!

昨日、主人から衝撃のデータを見せてもらいました。主人の営む宿の公式サイトのモバイ …

ブログはワードプレスとアメブロどっちがいいの?(1)【Webビジネス活用セミナー開催報告5】

昨日のブログ記事でホームページ、ブログ、ソーシャルメディアの関係性をお伝えしまし …

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法1~誰が誰に何を書くか

何軒かの小規模宿泊施設のアドバイザーをさせていただいている中で「ブログの書き方を …

ビジネスホテルの朝食バイキングで感じたこと

先日、名古屋のビジネスホテルに泊まった際、朝食のバイキングで何と『きしめん』があ …

ネットが苦手な方でもできるじゃらんネット販促パック活用術<1/4>

おはようございます。兵庫県北部・豊岡市で宿と店の集客アドバイザー時々観光ガイドの …

観光を高収益化させ、地域の産業を支えよう〜〜観光プロデュース論1日目⑥

昨日のブログ『地域振興が進まないのは食うに困ってないから?!』は題名がセンセーシ …

「この週末、予約が殆ど入らなくて。何か手立てはありませんか?」〜宿泊施設の販促事例〜

「何か手立てはありませんか?」 年末年始が終わると、松葉蟹を出す宿もお客様が一段 …