地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ホームページ製作で必要な素材は?【Webビジネス活用セミナー開催報告3】

   

先日10日に行った(株)ピーナッツ主催のWebビジネス活用セミナーでお話したことの中から、重要なトピックをお話するシリーズ。3回目の今日は、ホームページ製作で必要な素材についてのお話です。

ホームページで必要な素材は、ズバリこちらです。

Webセミナー

一つずつ理由をお話します。

1.写真

特に私がよく手がけている宿泊施設や飲食店の場合は、写真がすべてと言っても過言ではありません。写真の印象一つで美味しそうにも不味そうにも見えてしまうのです。

例えば、下記のステーキの写真は上下どちらが美味しそうに見えますか?(写真は写真素材「足成」より)

足成ステーキ

足成・ステーキ

最初にパッとみた3秒間の印象で、ホームページを見たお客様がすぐ離脱するか、そのまま読むかが決まります。ですから料理関係の写真だけでなく、全般的にもホームページで使う写真はプロに頼んできちんと撮影したほうがお客様に自店を選んで頂けます。

私の主人も、最初は自分のデジタルカメラや携帯電話で撮影した写真をホームページに使っていました。もったいないから、って。しかし、ホームページをリニューアルした2010年からはプロカメラマンとモデルを用意して撮影することに。高くついたと思っていましたが、プロに撮影して頂いた写真効果が絶大で、予約数が伸びて、すぐに撮影費用を回収することが出来たそうです。

地方のホームページでありがちなのは人物が写っていない、いわゆる「ひとけの無い」ホームページです。これではお客様に安心感が湧かないのです。笑顔のスタッフと一緒に話すお客様の写真を撮影させて頂いたり(もちろん撮影&使用許可要ります)、窓から外を見るお客様の写真(うちの主人の宿はモデルを使いましたが)など、お客様+施設、お客様+スタッフの写真があるといいですね。

2.お客様の声

お客様の声は食べログや宿泊予約サイト等のWebサイトに出ていることもありますが、お客様直筆の言葉が欲しいです。お客様言葉(お客様視点)が自社商品の説明で書けない事業者が多く、そういうときこそ、お客様の言葉を使うと、ホームページに訪れた方の心にグッとくるキャッチコピーができるのです。

例えば、

Webセミナー

左右どちらのキャッチコピー&説明でクリックするか、今回のセミナー会場で聞いたところ、1:9で右側の言葉のほうが良いという意見が多かったです。左がお店言葉、右がお客様言葉です。どちらが間違いということではなく、今のトレンドがまさに「お客様言葉」に惹かれるということなのです。理由は・・・

Webセミナー

「私もそうだったの」「私もそう感じたい」という【共感】が得られるキャッチコピーや説明でないと、イマドキのお客様はポチッと買い物して下さいません。

お客様言葉でキャッチコピーや商品説明を書くことができない事業者は、いますぐにお客様の声の記入用紙を作ることをオススメします。

3.店舗の「ウリ」と、売りたい商品

店舗の「ウリ」は先述2のお客様の声で多かった意見になります。お客様から支持されていることほど、事業者にとっては「普通だけど、何でそれがウリなの?」と思うことが多いです。それだけ自分の強みが分からないものなのです。それを教えてくれるのがお客様の声です。

また、ホームページを作成する際には、(ECサイトの場合を除いて)売りたい商品は出来るだけ絞ります。そうすることでターゲットを明確にして、その方に伝えたいことが響く言葉となるからです。特にスマホページを作る際には情報量が限られているので、絞り込みは必須です。

*******

いかがでしたか? これらはすぐに準備ができないものばかりですから、ホームページを作ると決めた半年〜1年前より準備が必要です。ホームページの製作や更新をご検討の方は直ぐに行動してくださいね。

 

illust3786

★☆「伝える力」を付けて売上UP!☆★
販促&プレゼン指導は
コムサポートオフィス 代表 今井ひろこ
〒668−0022
兵庫県豊岡市小田井町5−3−201
Tel&Fax 0796−24−3139

☆★まずはHPをご覧下さい★☆
http://www.com-support-co.jp

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ご挨拶・お知らせ, コムサポートオフィス, クチコミ, ブログ集客, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

ホームページの改訂で結果が出るまで2年、コツコツ合わせ技でも最短1年。

先日、ホームページを改訂して集客を伸ばしたい旅館さんの販促支援に行かせて頂きまし …

宿泊施設の皆様へ。スマートフォン専用サイトを作りましょう!

先日、面白いブログ記事を見つけました。 レスポンシブデザインって本当に使える?レ …

予約サイトのクチコミの返信は「Q&A」と思って書きましょう

一昨日、昨日とクチコミ活用のお話だったので、もう少し、クチコミの返信についてお話 …

店員の笑顔とやる気を出させるお客様のひと言

一昨日、京都で福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」に出席。また、たくさ …

宿泊プランタイトルの書き方セミナーを開催♪【宿泊施設様向けグループセッション】

Webで集客をしている宿屋さんが頭を悩ますことの一つが 「宿泊プランのタイトル」 …

新聞の「時の人」に掲載されました!~ジオパークを通じた地域支援の起業をした今井裕子(いまい・ひろこ)さん

今週22日から全国各地の地方紙に私の起業の記事を掲載して頂いています。ありがとう …

2016年のコムサポを振り返ると・・・試練と挑戦の一年でした

今年もあと1日。年末年始を大阪の実家で過ごして4年目。冷たい空気が頬をさすけど、 …

4度もあった若桜鉄道の危機。それをどう乗り越えた?! 〜若桜鉄道(株)山田社長の講演から

1/23(月)の山陰海岸ジオパークビジネスフォーラムでは、地域振興の事例報告とし …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(2・終)

昨日のブログの続きです。とってもきれいな間人(たいざ)かに、頂いたものはできるだ …

11月開催のジオパーク講演会のご案内

2015年度も後半にさしかかってくると、増えてくるのがジオパーク講演会です。今年 …