地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭<3・終>仲居のめぐみさんの巻

      2015/06/06

昨日からご紹介している、主人のお友達の旅館、石川県山代温泉「宝生亭」の驚異のリピーター率80%超を支えているのは実は女将さんだけではなく、従業員もその一人なのです。今日は仲居のめぐみさんのお話をさせて頂きます。

宝生亭

私たち夫婦の担当になっためぐみさん。私たちがオーナーの知人である旨の連絡が入っていたと思いますが、緊張もされず、お部屋ではお茶を入れて頂きながら、オーナー・帽子山さんのお話に花が咲きました。そのときにひとこと。

「私、ここの女将に助けられたんです。だから頑張って恩返ししようと思っているんです。」

どういうことですか?と伺うと、

「実は別の旅館で仲居をしていたんですが、膝が悪くなって、だましだまし仕事をしていたんですが、とうとう痛みがひどくなってきて、仕事を休むことが増えたんですよ。ちょうど冬でカニの忙しい頃でしょ、そこの(宿の)方に、それだけ休むんやったら辞めてくれって言われたんですね。」

a0800_000678

「しっかり休んでその間に膝を治してって思っていたから、私、もう仲居ができないかもってショックでした。収入がなくなってしまう。。。そうしたら、ここの女将からうちを手伝って欲しいって言われたんですよ。」

え、でも、膝がそのときは悪かったんじゃ?

「そのことを伝えたら、『膝の様子見て、手伝えそうな日だけでいいから、是非うちを手伝ってほしい』って言って下さって。それで、前のところを辞めて、ここ(宝生亭)に来たんです。最初は膝の様子を見ながらだったので少し休んだ時期もあるんですが、だんだんと膝の調子も良くなって。私が仲居でお客様の前に出させてもらえることが嬉しいんです。ここで働かせて頂けるのはすべて女将のおかげ。女将もお子さん多くて子育て大変やのに、宴席もきちんと出てご挨拶もされるし、本当に素晴らしい方なんです。だから頑張って(宝生亭に)恩返ししようと思っているんです。」

*****

めぐみさんにはこのあとも、お酒追加や貸し切り風呂に忘れたタオルを取りに行って頂いたりと、いろいろと走り回って頂き、本当にお世話になりました。お話を伺い、本当に温かい気持ちになりました。

従業員教育は都会の企業でも重要なファクターですが、宿泊施設も同様です。企業では社長よりも営業担当がお客様と接する時間が長いのですが、宿も同様で、女将やオーナーよりも仲居のほうがお客様と接する時間が長いです。ホームページや宿泊予約サイトがしっかりとしていて、オーナーがお客様と的確な対応を心がけていたとしても、お客様に対応する従業員の心構えが全くできていなければ、今やクチコミの時代、万事休すなのです。

特に今は飲食店宿泊業とも人手が足りず、今年4月の有効求人倍率(パート含む)は接客・給仕は2.54倍!(ちなみに一般事務職は0.23倍と人あまり状態)ですから、いかにやる気みなぎる、店を自分も支えるんだとポジティブな気持ちを持っている従業員を確保するかが、現場では本当に大変なのです。人が足りない時代に選べない従業員・・・いかにモチベーションを上げていくか、集客を進めると同時に従業員のモチベーションという問題にどの店も直面しています。

オーナーの帽子山さんによると、倒産寸前の宿を6-7年前に買い取ったのが今の宝生亭のスタートだったそうで、当時客も少なく、従業員のモチベーションも最悪の状態だったそうです。山代温泉というメジャーな温泉地でライバルの宿も多いです。ここまで素晴らしい宿になるまでに、マーケティングも従業員教育もトライアンドエラーを繰り返し、人には語り尽くせないほどの努力をされておられるんだなぁと、お話を伺っていてそう思いました。

私はオーナーや女将が働く見本となっていることが大事だと思っています。お客様が幸せになって頂きたいために自分の店があるんだと常日頃から行動・態度で示すことだと思っています。お客様に見える場所で従業員を叱咤したりすることなく、忙しくともお客様へは的確にその場で対応する力が、オーナーや女将には求められていると、主人や他の宿の販促支援に行かせて頂くとき、いつも思います。

そうそう。最後に女将さんとお話をしていた時にすっごく感動したことが。私が女将さんに「優秀な従業員さんってどうやったら来てくださるんですかね」って聞いたんです。すると女将さんは「以前はできる仲居さんに来て欲しいって思ってたんです。でも現実は失敗も多いし、ちょっとそれは!って切れそうになることも。でもね。今は誠実な人に来てもらえればいいって思ってるんです。時々ミスすることもあるけど(笑)今は、お客様に対して誠実に接してくれるスタッフばかりなので、それぐらいはいいやって思っています」ですって。もう、感動でした!従業員を大切にすることが、結果お客様を大切にするってことが改めてよーく理解できました。

帽子山夫妻と宝生亭オーナー夫妻(奥)と私たち

<DATA>
山代温泉 加賀の宿 宝生亭
〒922-0257 石川県加賀市山代温泉桔梗丘1-80-1
TEL:0761-77-1143 FAX:0761-77-3046

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭 <1>販促物の巻 <2>館内施設の巻

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 地域活性化, 田舎での商売心得, 観光

コメントを残す

  関連記事

「お客様」から「仲間」へ~エクスマセミナーを聴講して

エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)のセミナー、ソーシャルメディアの活用 …

「僕たちは1/100のほう」〜実際に行動に移す人、続ける人は少ない

昨日のブログで、自施設の従業員に対して観光ガイド養成を行った湯村温泉の老舗旅館「 …

「おもてなし日本人の都合の押しつけである」〜『観光立国の正体』から

今日も藻谷浩介さん&山田桂一郎先生の著書『観光立国の正体』から、私が共感したとこ …

WEBサイト(ホームページ)を制作会社にお願いする時に注意する2つのこと

昨年11月くらいからでしょうか、様々なところから相談を受けていますが、パンフレッ …

選択肢の多さは、選べないから買えないという「決断疲れ」を生む

「決断疲れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?昨年秋のニューズウィークWe …

ジオパークマスターマップ初版の製作秘話<下>

昨日のブログの続き、商店主さんにジオパークのサポーターになって頂く制度「ジオパー …

商工会のアンケート調査結果を見て驚いた、カードが使える店は半分以下?!

少し前に香美町商工会から主人宛に「外国人観光客受け入れ状況に関するアンケート 調 …

平日に旅するお客様にこそ旅で得られるHappy感が必要

先日行った沖縄は、ド平日にも関わらず、飛行機の中、空港、そして国際通り、ホテルに …

城崎の良さは「リベラル」〜城崎国際アートセンター(KIAC)を訪れて

先週の雪予報が平地はハズレ、今日からしばらく11月の気温に逆戻り・・・スタッドレ …

今夏、個人旅行が激減?! 宿の平日対策は業界常識を見直すことから始めよう!

この週末2日間とも、コワーキングスペース「FLAP TOYOOKA」でお仕事して …