地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

真の「宿のおもてなし」を感じた旅館・宝生亭<1>販促物の巻

      2015/06/02

もう2ヶ月も前の話になってしまいましたが、感動が全く薄れない旅館の話をしましょう。

4月に夫婦旅行で信州・北陸へ行きましたが、三日目の目的は主人のお友達の旅館、石川県山代温泉「宝生亭」に泊まることでした。リピーター率は何と80%超え。その人気の秘密はどこにあるのか?自分の宿の集客率を高めたいのであれば、集客率の高い宿へ実際に足を運んで泊まってみること。それが意外と近道であることに気づいて、昨年からそういう旅行を夫婦でしています。

宝生亭

宝生亭公式ホームページ

主人曰く、殆どがリピーターで、館内POPをはじめ、お客様へのおもてなし度数がすごいとのこと。早速ご紹介しましょう。

見てるだけでウキウキする館内POP

館内の売店や部屋の中に、見ているだけで楽しい、従業員やオーナーの手作りPOPがたくさん♪ 部屋で主人が真似したいと言っていたのは金庫の使い方の説明書き。

宝生亭

金庫や部屋の案内ファイルの中に金庫の説明書きが付いているものなのですが、お客様は読まずにテキトーにしてしまい、いざ開けたいときに開けられないとトラブルになります。特にご年配の方に多いのです。そのため、必要最低限のことを手書きで書くことで、お客様に読んで頂いてから使ってもらうようにしているそうです。わかりやすいし目立ちます!

悩んだら売店のカゴを見よ!

売店ではどのお土産を買ったらハズレが無いか、かごにきちんと書いて下さってるのが凄いです。

宝生亭

宝生亭

ちなみに第一位の「うま辛味噌」は、主人が宿の賄いで豚の味噌漬けに使ったら、旨さ倍増だったと絶賛していました。

宝生亭

もちろん、これも誰が推薦しているのか、推薦理由もきちんと書いていて、女将と宴会でお酌された人は確実に買っていく導線ができています。さすが! POPは、いわば「販売員のサポート役」。これを見事に行っている売店コーナーに脱帽です。

パンチラ置き場では、「車で○○分」が全てに!

宿の従業員が聞かれる質問トップ3に必ず入るのが、観光地までの所要時間と行き方です。そのため、ロビー横のパンフレット&チラシ(パンチラ)置き場には、施設名と所要時間が書いてあります。パンフレットを見ても施設名がパッと見て分からないものも多いですもんね。

宝生亭

宝生亭

こうすると土地勘の無い観光客も一目で比較できるので調べるのが楽になります。もちろん、仲居さんに聞いてもお答え下さいますよ。

お客様の声を披露し喜びの声を集めよう!

ロビーの近くに「よろこびの声 ありがとう」と書かれたアンケートコーナーがあり、詳しく感想が書かれたもの、10点満点と書かれたコメントなどたくさん掲示されていました。

宝生亭

宿泊施設によくあるアンケートですが、アンケートの質問内容によっては、悪いところばかりを書かせるものが多く、それを受け取る従業員やオーナーはモチベーションが下がりますね。そういうMなコメントではなく、宿に泊まって嬉しかったことを書いて頂く欄だけを設けています。そうすることで、従業員のモチベーションアップと宿の強みを知るツールになりますね。うちの主人の宿もアンケートを置いていますが、以前、宝生亭で学んできたものです。

部屋には常連様向けのニューズレターが!

宝生亭は車で1時間圏内の常連様がとても多く、その方々へニューズレターを発送しておられるそうで、その新聞は何と手書き。

宝生亭

オーナー家族の話や館内売店のオススメ、時事のことなど、とっても楽しいんです。最新号をお持ち帰りできるよう、モノクロで印刷しているんですが、表面は何とテレビ欄。デジタルテレビについていけないシニア層に優しいですよねー。私もこの方が嬉しいです。そのほか、館内の過ごし方と、部屋番号、担当の仲居さんのお名前まで書いてあるではないですか!空白欄には、オーナーから主人へのメッセージも添えてあって、これだけでも楽しいお土産になってしまいました。

宝生亭

これだけでなく、本当にいろいろとPOPのヒントになることがたくさんあるのです。もっと知りたい方は是非お泊まりになって頂き、体感して下さい! 明日も宝生亭、続けます!

<DATA>
山代温泉 加賀の宿 宝生亭
〒922-0257 石川県加賀市山代温泉桔梗丘1-80-1
TEL:0761-77-1143 FAX:0761-77-3046

 

illust3786

(公式)コムサポートオフィスHP
http://www.com-support-co.jp
「伝える力」を付けて売上UP!!

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, マーケティング, 観光, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

ソーシャルメディアってどれをすれば良いの?【Webビジネス活用セミナー開催報告7】

昨日の続きで、今日はソーシャルメディア(SNS)についてお話しします。ブログをU …

お客様の心に留まる販促物を目指して私が心がけていること

今年から事業として始めた「販促物のディレクション」のお仕事。クライアント様の商品 …

ブログを続けるコツ~あなたのお客様が読んでいるかどうかを確認する方法

先日、主人が「最近ブログを読んでくださったお客様がお越しいただいていることを実感 …

アトム電器豊岡店さんのDMが今月特にハンパない!

ニューズレターやDMが大好きな私は、いろんな会社のものをコレクションしています。 …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …

宿泊施設の集客アドバイス~アナログ的改善方法

現在、ミラサポ等の支援を活用して宿泊施設さんの集客アドバイスに回っています。主に …

ミラサポの専門家に登録する方法

今日は事業者さんに対するお話ではなく、私同様、支援する側、専門家として事業を行い …

ソーシャルメディアをビジネスに活用する方法〜エクスマセミナーより

エクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)のセミナー聴講報告、最終回です。 前 …

宿泊施設の集客アドバイス~デジテル的改善方法(ネット予約プランの見直し)

昨日に続いて今度はデジタルな集客の支援についてお話します。デジタルな集客とはズバ …

宿を営むのに必須なコト2つ

9月から本格的に始めた、小規模宿泊施設(とくに10室以下の民宿)の集客・販売促進 …