地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

プレゼンで頭が真っ白になってしまうケースを想定しよう

      2014/11/17

久しぶりにプレゼンテーションスキルのお話です。先日、友人が商工会青年部全国大会の5分間プレゼンに参加されていたので、ユーストリーム配信で見ていました。5分間プレゼンの30秒前にチーンがなり、5分経ったら強制終了。この「時間で縛られる」というのはとても緊張するプレゼンテーションの一つです。

トラブル発生!!

今回見ていたら、開始と同時に別の人のパワーポイントがスタート。大観衆の目の前でこんなことが起こったら、皆さんならどうします?今回は急遽中断し、仕切り直しで3分後に最初から再スタートとなりました。想定していないトラブルが起こった時、頭のなかって真っ白になっちゃいますよね。幸い、今回の彼はしっかりとリカバリーして、リスタートのプレゼンを完璧にこなされていました。しっかりとした準備と練習をされていたんだなぁ、と思いました。聞けば300回以上練習を重ねたとか。さすがです!

私も過去に経験が

私自身も2年前の高知県室戸での日本ジオパーク全国大会で登壇時にちょっとしたハプニングがありました。分科会長としてパネルディスカッションに登壇したのですが、私の名前が違っている!!「えっ?!」と思った瞬間もう頭のなかは真っ白です。(笑)そのほかにも、講演会場にあったプロジェクターと私が持参したPCとの相性が悪くて、スライドが映らなくて、急遽、1時間程度、映像なしで講演会をしたこともあります。

 

頭が真っ白になってもリカバリする3つの方法

予期せぬトラブル、というのは起こり得ることです。どんなに自分に非がなくても、トラブルを引きずってしまい、その後の話がグダグダになってしまっては後の祭りです。そうならないための3つの方法を今日は紹介したいと思います。

(1)トラブルは起こるものだと想定しておく

まずは心の持ちようです。「トラブルが起こったからうまく行かなかった、流れに乗れなかった」。そんな後悔をしないために、「トラブルは起こるものだ」という認識を持ちましょう。トラブルが起こった時はどれだけ今の状況を客観的に、自分を俯瞰して見られるかがポイントです。

(2)最初の出だしの何行かは無意識でも言えるくらいにしておきましょう

どんな状況でも平常心でプレゼンできるようになるには練習しかありません。でも、どの程度で練習した、と言い切れるかわかりませんよね。私が心がけているのは、最初の出だしは無意識でも言えるぐらい暗記し、話す内容を決めておくことです。頭が真っ白になった時の一番のハードルは出だしのひと言です。ここが出てこなくてアドリブで言ってしまうとその後がグダグダになりやすいのです。私の場合、ジオパークの話であれば、「みなさん、こんにちは!山陰海岸ジオパークから参りました、ガイドの今井ひろこです!どうぞよろしくお願いします。」と言えさえすれば、その後は力が抜けて、スピーチできています。

八峰白神ジオパーク

(3)結論の部分、自分が一番言いたいことも暗記しておきましょう

内容がどんなにグダグダになっても、自分が何が一番言いたかったのかの「まとめ」を最後に話すようにすれば、聞いている側は意外と理解できるものです。最後のまとめ、自分が最も言いたいことも出だし同様空で言えるようにしておきましょう。

以上、プレゼンテーションや発表をする際の参考になれば幸いです。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, プレゼンの極意, 伝える力200%UP

コメントを残す

  関連記事

初岩手県訪問はOGALタウンと三陸DMOへ! 

昨日から岩手県に初上陸している私。今回、DMOの先進地・三陸や気仙沼の取り組みを …

ソーシャル疲れの人にお勧め!インスタグラムを始めた方が良い3つの理由【Webビジネス活用セミナー開催報告8・終】

一週間に渡ってお話してきた、Webセミナー開催報告シリーズ。これまでのお話をまと …

今井さん、どうして新聞によく載るんですか?

先日、新規開業したお店の販促支援のお仕事に行かせて頂きました。そのお店の顧客層は …

「本質に目を向けて知る。その先に変化や繁栄が有る。」ことを学んだ温泉寺

先日、城崎温泉の足湯に浸かったら、足どりが軽くなって「温泉」の効能を感じたワタシ …

地方創生に!朝ごはんフェスはこんな風にすればもっと面白い!?

一昨日、昨日とブログで続けてきた朝フェスのお話の最終話です。ホテル、旅館、民宿、 …

ソーシャルメディアってどれをすれば良いの?【Webビジネス活用セミナー開催報告7】

昨日の続きで、今日はソーシャルメディア(SNS)についてお話しします。ブログをU …

自分のお店、宿の良さはお客様が一番よく知っている

昨日に続いて販促支援からの気づきです。販促物のキャッチコピーやプラン名を作る時、 …

プレゼンの導入はターゲットに合わせて

町役場の職員を4年弱やって、その間に130回以上、のべ5200名の方に講演会を行 …

Facebookページとブログの違い

おとつい書いたFacebookについての反響がとてもあり、昨日は何とブログを始め …

新年早々ニューズレターがハンパないアトム電器さん

今日からコムサポートオフィスも仕事始め。近所の小田井神社にお参りし、今年の熊手も …