地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ホームページの改訂で結果が出るまで2年、コツコツ合わせ技でも最短1年。

   

先日、ホームページを改訂して集客を伸ばしたい旅館さんの販促支援に行かせて頂きました。競合するお宿が多く、独自色が出せるかどうかが鍵でしたが、他の宿には無い「体験の宿」というコンセプトを明確にしたホームページができました。例年より予約が入ってきているというお話でした。

とト屋さま楽天トラベル丹後の旅館・うまし宿とト屋様の楽天トラベルHP

お問い合わせの多いホームページ制作なのですが、事業所様の中には「ホームページができたらすぐにお客様からの反応がある、売上げが上がる」と勘違いされている方が多く、ホームページを作るにあたって、それ以前に考えておかねばならない「集客そもそも論」をお話する機会が増えてきました。これも昨日までお話していた小規模事業者持続化補助金で、ホームページの改訂やスマホサイトの制作が補助対象となっていることが考えられます。

ホームページを何のために作るか。今流行のECサイト(インターネット通販)を目指すのか、パンフレットの代わりのページを目指すのか、集客をさせたいホームページなのかによって、作るボリュームや今後取るべき方針が全く変わってきます。そこを実はあまり深く考えていない事業者様が多いんですよね。

はっきりと申し上げますが、ホームページを作ってUPしただけでは、お客様の反応は無く、売上も上がりません!ホームページを作ってからが勝負なんです。作った後にどう行動するかまで考えないといけないんです。

例えば、小規模宿泊施設の場合、ホームページの寿命は4年ー5年だと思っています。4-5年毎にお客様のニーズを反映したウリを見つけて改訂をしなければなりません。しかし、改訂しただけでは、お客様に気づいてもらいにくいです。そのため、改訂したことをGoogleアドワーズで宣伝したり、ブログで何度も伝えたり、Facebookやツイッター、ラインなどで情報を流したり、常連様に対してお知らせを送ったり、来店したお客様にホムペの感想を聞いたり、クチコミを書いてとお願いしたり・・・と、実はデジタルなことよりもアナログなことを数多くしていかないと、ホムペを改訂したと認知されないんです。だって、換えた直後はGoogle検索も認知できないんです。そのサイトがたくさん見られる様になって初めて、「あ、こんなに良いサイトができていたんですね」とGoogle検索に上がってくるようになります。

ですから、ホームページを作ったがゴールじゃないんです。そこからの販促をどうするかまでよーく考えて、Web攻略と販売促進をして、時々ホームページを手直しして、ブログも書いて。。。ってちゃんと自分は業者さんと協力して長ーいお付き合いでやっていくんだ!という意気込みをもって、HPを作りたいって言って欲しいです。

私は支援の時には、ホームページの改訂で結果が出るまで2年、コツコツ合わせ技でも最短1年かかると言っています。ホームページを活かしてデジタル&アナログで集客をして、はじめてお客様やファンが増えるのです♪ 起業準備から1年1ヶ月、この事務所に移って半年が経って、この持論は正しいかなと思っています。

もし、ホームページを立ち上げたあとで、何もしてなかったなぁと少し後悔された事業所様が居られたら、今からでも遅くないので、アナログ対応進めていきましょう。どんなことをすれば良いか分からないかたは、いつでもご相談下さい。

 

illust3786

(公式)コムサポートオフィスHP
http://www.com-support-co.jp
「伝える力」を付けて売上UP!!

illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 宿泊施設の支援, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

宿泊施設はじゃらんネットや楽天トラベルに参画したほうが良いの?

今やインターネットによる宿泊予約といえば、じゃらんネットと楽天トラベルが2大巨頭 …

ニューズレターやガムテープが◎!楽天人気店「小島屋」さんがハンパない!

福島正伸先生の「究極のコンサルタント養成講座」の中で、何度となく紹介されている小 …

ジオパークを活用して宿のコンサルティング!

今日はコンサルティング業をスタートしてから、初の「ジオパークを活用した」宿のプラ …

お客様の心に留まる販促物を目指して私が心がけていること

今年から事業として始めた「販促物のディレクション」のお仕事。クライアント様の商品 …

クチコミで自社の強みを教えてもらい、やる気もUP!

昨日、じゃらんネット集客のコツの一つとして「良いクチコミを集めましょう」というお …

デバッグできたのにFacebookにアイキャッチ表示が出ないときは?

本日は午後からSNS講座を城崎で開催します。これも伝えたい、あれも伝えたい・・・ …

人気の無い宿の多くは、ホームページで使う写真撮影をケチってる。

週末の但馬はイベントがどっさり。今日明日は、但馬まるごと感動市という物産展、そし …

WEBサイトに訪れたお客様を3秒以内に離脱させない方法(宿泊施設編)

最近、私の支援先の一つである宿泊施設のお客様のところで、真っ先に取り組むのはホー …

フリーマガジンの広告はターゲットに響く業種とデザインを。 9/2集客&販促セミナーより

先日、「集客効果が出る販売促進ツールの選び方」というセミナーを豊岡市商工会のまち …

その集客手段は「認知」「興味」「購買」のどこに対してのものですか?

ホームページやメルマガ等のデジタルな販促物だけでなく、チラシやダイレクトメールな …