地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」隠岐世界ジオパーク

   

日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」今月は隠岐世界ジオパークです。隠岐は本州・島根県の七類港から約50km、大小180の島々からなる諸島で、有人島は4つ。今回はその中の一つ、西ノ島へ講演会に行ったときのお話をコラムに掲載しました。西ノ島に1日半居たのですが、まだまだ足りないです。一つの島だけで見どころをまわるのには3日はかかりそう!小さな島ですが、魅力がとってもあったんですよ。島フリークは是非!

隠岐ジオパーク

この記事に載っている以外の西ノ島の見どころについてお話します。

西ノ島町観光協会・ガイドの江崎さんは鳥が大好き♪

今回、西ノ島を案内して頂いたのは、ガイドもされる観光協会職員の江崎さん。前職が、NHKの紅白歌合戦でお馴染み「日本野鳥の会」職員で、大の鳥フェチ。ガイドさせて頂きますね、といいつつ、持っていたのはジオガイドがよく持っているルーペではなく双眼鏡。「突然、珍しい鳥が渡ってきていてもおかしくないシーズンに入りましたんで♪」 という彼にリクエストしていた野鳥は・・・雉(きじ)。雉といえば、auスマホのCMでしか見たことが無く、島に野良の雉がいると聞き、是非とも見せて欲しいと探していたら、林の外に雉がいたんです! とっても大きいのですが、人見知りが激しく、あっという間に林の中に走って逃げて写真撮れず・・・。それでも楽しい雉との出会いでした。

隠岐ジオパーク

江崎さんは1年前に夫婦で移住したとのこと。奥様は保母さん。保母さんは収入も安定して田舎どこでも就職口がある!田舎、それも離島に行きたいなぁと探しているうちに、西ノ島の募集を見つけ、すぐに移住を決断したそうです。1年暮らしてみて、島の方々の優しさ、温かさ、地元食材の豊富さ(とくに海産物)に、島に来てよかったー!とおっしゃっていました。特に大好きな鳥は珍しい渡り鳥が来ることがあり、それを観察するのが息抜きにもなるし、自身の研究調査につながるしー、ということでした。

巨大イカが木にぶら下がっている?!

「今井さん、木に何か見えませんか?」と言われて木を見ると、何と10mはあろうかという巨大なイカのオブジェが何枚も!

隠岐ジオパーク

これはちゃんと見なければ、と車から降りてすぐそばの浜辺を見ると、オバチャンとイカのオブジェがそこら中に。。。

隠岐ジオ

何がいったい起こってるの?! 「昔、ここの入り江にイカがほぼ毎年押し寄せたので、海の神様を奉る「由良比女神社」と地元のアーティストで、アートで町おこしをして、そのときに屋外展示をしたものが、今もそのまま残してて、ちょっとまえにリニューアルした」のだそうです。確かに、この由良比女神社の境内のあちこちに、イカの彫り物が!

隠岐ジオパーク

灯籠の下にイカの彫り物!

隠岐ジオパーク

隠岐ジオパーク

神社の本殿を見ると、波間にイカの姿が!

西ノ島は馬や牛に限定したサファリランド?!

島には牛や馬がいることはコラムに書いていますが、毎日確実に放牧場のどの場所に牛や馬がいるのかはわからないんです。そのため、「草原と馬」という構図になかなかならないのが生き物相手の醍醐味といえます。今回、馬にも会いましたが、ずんぐりした茶色の馬ちゃんでした。でも草を食み食みしてとっても可愛かったです。

隠岐ジオパーク

こんなに近くで車の中から見れるなんて、サファリパークのようです。その代わり、車も通るアスファルトにはう○こがとってもたくさん落ちています。自家用車ではかなり勇気が要るようなので(慣れれば問題無いらしいですが)、一般観光客は島ではレンタカーが良いと思います。

*******
ところで、約4年間毎月、日本海新聞但馬欄にコラムを掲載してきましたが、今回の「日本のジオパークへ行ってみよう・隠岐世界ジオパーク」で連載を終了させて頂きました。4年にわたって同じ人がコラムを書くというのは、日本海新聞でも珍しかったようです。関係者の皆様、そして、4年間読んで頂いた読者の皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ご挨拶・お知らせ, ジオパーク, ジオパークの旅, 新聞コラム

コメントを残す

  関連記事

ジオパークで地域が元気になる5つの効果~神戸新聞掲載「見る聞く」から<2>

住民だけでなく、自治体、そして地質学や地理学、農業林業・・・多分野の科学者が専門 …

あけましておめでとうございます

平成27年がスタートしました!あけましておめでとうございます。元旦の日、皆様はど …

11/8 秋田県由利本荘市でジオパーク講演を行いました!

昨日、11月8日、秋田県由利本荘市で、ジオパーク講演会を行いました。来年、ジオパ …

12/6(日)天草ジオパーク祭の講演会に登壇!<上>

12月6日(日)、熊本県の天草諸島・苓北町(れいほくちょう)で行われた第3回天草 …

「OSを更新しない限り、最新アプリを入れても起動しない」ビジネスにもジオパークにも言えること。 

先月、大阪でマーケティングコンサルタントの坪井秀樹(ツヴォイ)先生のセミナーを聴 …

日本海新聞コラム連載・桜島錦江湾ジオパーク

毎月第四週土曜日は日本海新聞の連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう!」の掲 …

苦節3ヶ月・・・クチコミ克服DVDがiPhoneアプリに!

先週土曜日に豊岡市商工会で行われた「合同プレスリリース」で発表させて頂きましたが …

「今井さんは日本ジオパークのアンバサダーだからね!」 〜山陰海岸ジオパークの(日本ジオパーク)再認定審査〜

動きが読めない台風5号。行ったり来たりしてましたが、ようやく動きが見えてきました …

これからの講演会・セミナー予定

昨夜はどんな初夢をご覧になりましたか?起きた時は覚えているものの、すぐに忘れてし …

ジオパークはサラダボウル?!

25日の山陰海岸ジオパーク国際学術会議で国内招待講演として、首都大学東京の菊池先 …