地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ポール・マッカートニーのコンサートでのビジネス的気づき

   

おとついになりますが、主人に誘われてポール・マッカートニーの大阪ドームでのコンサートに行ってきました。実は主人と行く予定だったお友達が急用で行けなくなり、急遽チケットが私に回ってきました。ビートルズの曲はいつも通勤の車の中で聞いている私ですが、そんなに詳しいわけではありません。大ファンで行きたかった方もいらっしゃったでしょうから、私のような「ビートルズの曲程度しか知らない」者が行くのは少し申し訳ない気持ちもありました。

ポールマッカートニー

しかし、行ってみて大感動!!御年72歳のポールさんが37曲も休みなく歌い続ける姿にも元気をもらいました。また、会場ではその世代の方も多く居られ、踊っていたり歌っていたりとそんな雰囲気もとても良かったデス。

さて、今回のチケットは主人持ち♪だったのですが、聞いてビックリ!!なんとチケット代は1枚18000円!!二人で36000円です!4万人もの人たちがその金額を支払って来場されているわけですよね。そのことに驚いていたら主人曰く「ドームコンサートだからこれでも安い方。日本武道館で開催される分は10万円だよ」とのこと。

ポールマッカートニーコンサート料金

チケット1枚10万円!!(>_<)

コアなファンでない私から見ると信じられない価格設定です。「ビートルズ」というブランドがあるからこそなし得る価格設定かもしれませんが、旦那曰く「ドームコンサートじゃなくて小さなホールで、しかも49年前と同じ場所でのコンサートという価値を考えると、冷やかし半分じゃなく、本気で来て欲しいファンだけに来てもらおうとするのにあえて価格をあげてしまうのは一つの方法じゃないかな〜」って。

価格設定について考えてみよう

これを自分の商売に置き換えて考えてみてくださいね。価格を高くする、というのは勇気のいることです。例えば5千円の単価のものを半額2500円にして2倍の人数のお客様に来てもらおうとするのと、単価を2倍の1万円にして今の人数の半分以上の方に来てもらうことを考えるのとどちらが良いでしょうか?どちらも同じ売上です。

安易に価格を下げていませんか?

価格を半額にして集客するというのは、新規のお客様を集めるのに有効です。ただし、元々お買い得感のある人気商品がさらに半額になっている、ということがお客様に伝わらないと集客効果はありません。逆に価格を2倍にする、というのは既に購入してくださった方に、「2倍になっても購入する価値がある」と納得して頂けばよいわけです。難しそうに感じるのは自分の販売している商品やサービスの価値を理解していない証拠です。新規のお客様はそもそもの最初のスタートの価格を知りません。もちろん、価格を2倍にする為にはそれだけの価値付けを付加しなければなりません。つまり、ファンの方をよりコアなファンになっていただくための仕掛け作りが必要になります。

音楽業界の場合、CDが売れなくなってきている今の時代、特典DVDや握手券とかのおまけ付販売でなんとかしようとしているケースが目立ちます。逆にそういった多売戦略や大きなコンサート会場でのライブをやめて、ライブハウスやホテル(ディナーショー)などを利用した少人数高単価で、コアなファンと繋がることを重視して営業をされている歌手の方も増えてきています。ファンクラブ会員対象の高額ですが、とても距離の近いファンミーティングやディナーショー、シークレットコンサートなどもあるようです。

すごいなぁと思ったのは、ポールマッカートニーさんのコンサートはカメラ撮影(一眼レフ、ビデオを除く)OKでした。今の時代、それを取り締まるよりも、どんどん撮影させてソーシャルメディアとかで紹介してもらった方が臨場感ある観客の声が伝わりますし、宣伝効果も高いです。おとついはFacebookのタイムラインがポールさんで埋まった関西の方もいらっしゃったのではないでしょうか。

Facebookのタイムラインにて主人のFacebookの投稿

本当に好きな人たちだけを集めて、より深いサービスを提供して価格を上げる。安易に価格を下げる前にむしろ逆の発想をしてみる。自分の商売にもぜひ置き換えて考えてみてくださいね。単純に「ブランドがあるから高く売れるんだ」ではなく「距離感を縮める」「特別感(お得意様感)を高める」ことによって価格を再考することもできるはずなんです。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, マーケティング

コメントを残す

  関連記事

「仕事は楽しい!」って思える仕組みを創る~小阪裕司先生の講演会より2

先日聴講したワクワク系マーケティング小阪裕司先生の講演会でもう一つ大きな気づきが …

繁忙期ほど入る悪いクチコミ。「1点」が入ったらどう返事しますか?

今日は大晦日。今年の年越しそばは、11月のてしかが観光塾(北海道)のときに、弟子 …

ソーシャルメディアってどれをすれば良いの?【Webビジネス活用セミナー開催報告7】

昨日の続きで、今日はソーシャルメディア(SNS)についてお話しします。ブログをU …

「女性目線の観光資源って?」商工会女性部の研修会で講師を担当!

昨日、商工会女性部の研修会で講師を務めました。商工会や観光協会の女性部って研修活 …

福井県商工会連合会を訪問☆ボルカライスも食べてきた!

昨日、福井市にある福井県商工会連合会へ「営業」に行ってきました!イマイが営業って …

Facebookページが非公式ページと統合できない?!Web制作会社が仕込んだ「管理者」の罠

先日、集客支援をしている宿の女将さんから 「私、Facebookやってみようと思 …

宿泊施設はクレジットカード払いを積極的に受けましょう

昨日まで、3泊4日で信州から北陸へ夫婦で旅行に出ていました。今回は知人友人の宿へ …

「今井さんは日本ジオパークのアンバサダーだからね!」 〜山陰海岸ジオパークの(日本ジオパーク)再認定審査〜

動きが読めない台風5号。行ったり来たりしてましたが、ようやく動きが見えてきました …

「どのように行動して欲しいのか」の考え方が欠けているパンフレットが多い

昨日、販促物(パンフレットやチラシ)を作る際の土台ということで、最初に考えておい …

「平日限定」と「平日特典」、言葉の使い方には要注意!

先日、あるクライアント様から「繁忙期にもかかわらず土曜日に空室があるんです。どう …