地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「歴史・文化の 観光資源活用セミナー」から、ツウ好みの観光ツアーの作り方について

   

この2月から3月、各回3時間×6回にわたり、養父市地域雇用創造協議会さまからの依頼で、「歴史・文化の 観光資源活用セミナー」の講師をさせて頂きました。今日はそこで行った講義の中から、一般事業者でも役に立ちそうな、対象者によってアプローチが変わることを学ぶ「ペルソナワーク」を紹介します。ペルソナは阪急ホールディングスのブランド名にもなっていますが、マーケティングでは「製品やサービスの理想の顧客の人物像」を指します。

養父市観光セミナー

さて、この講座では、求職者を対象として、歴史・文化に関連した観光資源を活用して、ガイドコースなどを立てることができるようにして、宿屋や旅行会社に就職をしたときにそれが活かせれば就職に有利になる、という目標があって、ジオパークのツアーづくりに実績がある私にご依頼があったのです。

6回の講座の中では「地方における観光のあり方」について、特に着地型観光の基礎についてお伝えしました。養父市は10年前に近隣市町が合併してできたため、一市とするとエリアがとても大きく、協議会からの意向で「旧大屋町」に決まりました。この大屋町は但馬(兵庫県北部)でもIターンの多いところです。宿泊施設は皆無に近いですが、隣の旧関宮町にはハチ高原というスキーやグリーンシーズンになるとお客様でごった返す(らしい)民宿街もあるようですので、そこを利用して市内を巡るコースが設定できます。

昔むかしは、観光というと大型観光バスでA地点からB地点へ移動するオリエンテーリングのようなことをしていました。それも施設に行って見学して、の繰り返し。ただ施設を巡るだけの観光はもう古いっ!のです。今は商品のPRでもエピソードやストーリーを伝えて訴求する時代になっています。そういうストーリー性の無い観光ルート開発は、地域への興味が薄まるだけでなく、すぐに飽きられてしまいます。ストーリー性と希少性が高いツアーの場合、費用がかさんでもそのツアー内容に共感したお客様は参加します。

近畿日本ツーリスト 例えば、上記画像のある近畿日本ツーリストさんのクラブツーリズムでは、通常のバスツアーの他にテーマ性のあるツアー商品を販売しており、そちらは一般的なバスツアーよりも高いのですが、この旅でしか食べられないもの、特別なガイドやコーディネーターなど、その価格の価値と理由があれば、高くても参加すると担当者から教えて頂きました。

近畿日本ツーリストツアー

ツウの方に大人気の「歴史街道あるき旅」(近畿日本ツーリスト)

テーマ性を持たせたツアーコースを作るために考えなければならないのは、参加する方の年齢や性別、居住地とその方の収入等の暮らしぶり、そして趣味です。万人にウケるツアーコースというのは作ることができません。昔ならできたのですが、価値の多様化が広がって情報量が過剰な時代には不可能と言われています。そのため、実際の旅行者がどういうところに行きたいだろうかと調査すればいいのですが、調査には時間と手間とお金がかかります。そこで、当地に来られるお客様を想像して、その方の趣味に合わせたコースや商品をつくってみるのです。これが「ペルソナワーク」です。(→勝手に名付けました)実際に、主人の宿ではこのように具体的なお客様像を想像して宿泊プランを作っています。

用意するものは葉書大の用紙だけです。

*旅行する方の年齢とグループ構成

*趣味

の2種類のカードを作ります。

ペルソナカード

そうして、旅行者は1つだけ、趣味は5つくらい、ランダムに組み合わせます。そうしてその設定に合ったツアーを考えていきます。そのことで、対象者が違うと視点が変わることに気づいて欲しいと思ってこのプログラムを作ったところ、大正解でした。趣味の中のどれか2−3コを満たす見どころや場所を選び、移動手段と、どこに居住か、中産階級か、富裕層かなどを予め決めてからツアーを作ってみると、それらのヒントが無い時に比べて、選びやすくなっているのです。そして、観光客の構成が変わるとツアーコースが全く変わっていました。今回は参加者個人で考えたり、グループで考えたり、といろんなパターンでさせて頂きました。

ペルソナワーク

今までに無い旅行商品を作りたいという方、目新しいジオツアーを作りたいという方などのツアー造成の練習にオススメです。また、この作業は旅行商品だけで無く、一般小売りや飲食店、もちろん宿泊業などでも使うことが出来る手法です。万人受けはしないけれど、ツウの方がみれば、また、ニーズが合うとその方に高く売れていく商品になります。

どういう風に設定を考えたらいいのか分からない方はぜひお問い合わせ下さい。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, マーケティング, 講演・セミナー活動

コメントを残す

  関連記事

北近畿経済新聞に掲載して頂きました

京都府北部、兵庫県北部を網羅する「北近畿経済新聞」の2015年1月11日号に、コ …

正月休みは、増えすぎたSNSお友達を整理しよう!

SNSの距離感ってホント難しいなぁと感じる出来事がありました。 Facebook …

ハンパないDMでおなじみ「アトム電器豊岡南店」の年末セールに行ってみた!

私のブログで時々アナログ販促の良い例として登場する豊岡市日高町の「アトム電器豊岡 …

POPで学べる販促物制作の基本

先週の話になります。お昼と夜に2回、2時間のプログラムでPOP講座を開催しました …

「当店へはどなたかのご紹介でご来店ですか?」このひと言、聞いていますか?

昨日紹介させていただいたアトム電器豊岡南店さんのブログ記事に興味深いひと言があり …

時間厳守、ワークショップ付で人気!☆今井ひろこのセミナー企画運営

今週は私の棚卸し作業中で、どんなことを起業後にしてきたかをまとめています。今日は …

京丹後市でジオパークのビジネス活用術を講演

今日は山陰海岸ジオパーク推進協議会からお願いされて、京都府京丹後市の峰山町で事業 …

8/28(日)南紀熊野ジオパークでガイド養成講座に登壇〜geoの語源とは?

昨日、和歌山県南部・日置川町でジオパークガイド養成講座第一回の講師を担当して、そ …

宿泊プランは選択肢があるほど「決断疲れ」で予約率が下がる

昨日のブログの続きです。 昨日のブログはこちら↓↓↓ 選択肢の多さは、選べないか …

男子の一人旅が増加?! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<1> 

昨日、リクルート・じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーに主人と共に参加 …