地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「OSを更新しない限り、最新アプリを入れても起動しない」ビジネスにもジオパークにも言えること。 

   

先月、大阪でマーケティングコンサルタントの坪井秀樹(ツヴォイ)先生のセミナーを聴講してきました。

両親から継いだ傘屋をたたんで、心機一転、中古品販売の買取王国を立ち上げ、10年で30店舗に広げて上場させたツヴォイ先生の経歴。

それだけでもスゴイのですが、経験とありとあらゆるセミナーや塾に参加して得た理論から参加者に伝えられるツヴォイワールドは、ご自身が得意なイラストで示すことで、さらにわかりやすさを際立たせてました。

その講演を聴いていて、ふと、

「ジオパークもそうじゃね?」

と気づいたことがあったので、その話をさせて頂きます。

こんにちは。兵庫県北部・豊岡市で小さな宿&店の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこです。当ブログへお越しいただき、ありがとうございます。

OSとアプリの関係はビジネスでも言えること

ツヴォイ先生はOSとアプリの関係の話を始めました・・・

パソコンやスマートフォンを動かすための基本となるソフトウェアはOS。OSをインストールした上で、ワープロ・ソフト、表計算ソフト、画像編集ソフトなど、作業の目的に応じて使うのがアプリ。

両方稼働しないと目的の作業ができません。

ビジネスで同じように例えると、SNS講座や英会話講座、財務会計講座、プレゼンテーション講座、PC講座などの研修に行くことで、目的の仕事やスキルが出来ていきます。

しかし、どれだけその研修を受けても、本を読んで学んだとしても、社員のやる気がでるもの、逆に全くしないということもあります。

どうして?

例えばWindowsXPで動いていたPCにWindows10用のアプリをインストールしたら? アプリは稼働しません。

自分自身をOS、研修をアプリとしましょう。

ヒトも同じで、いくら手技手法の研修を受けたとしても、自身自身も更新していかないと、モノにはならず、事業を進めることができません。

自分自身の更新とは、手技手法などの表面的なことでなく、やる気、本気、自信、前向きな思いなど内的な欲求による感情や、考え方、意識、認識、行動力です。

ツヴォイ先生、めっちゃ分かりやすい!!

先生によると、ウィリアム・グラッサーの選択心理学の本に載っていることだから、詳しく知りたい人はそちらをお読み下さいっておっしゃってたけど、Webサイトを見ても難しかった〜!

ジオパークや地域振興に置き換えてみたらどうでしょう?

OSとアプリの関係って、地域振興に置き換えても全く同じだと思いました。

自分たちの意識や考え方、やり方、つまりベースが全く変わってない、成長しないのであれば、いくら外部講師や地域創生コンサルタントを呼んで講演してもらったり、事業のアドバイスを受けたり、補助金で新しいことをしても、全く稼働しないのです。

その時たまたま稼働したとしても、PCに例えると、Saveモード。緊急避難的に動いているだけで、完全稼働ではなく、そのうち失速します。

ジオパークも同じだなって。

ジオパークも日本に入ってきて10年。山陰海岸ジオパークも世界ジオパークになり、やがてユネスコの正式プログラムになり、どんどんバージョンアップしてます。

日本ジオパークも後から認定される地域がグレードアップしている一方で、既存のジオパークに「条件付き認定=イエローカード」の烙印がどんどん押されています。

再認定審査が4年に一度あり、その時の世界ジオパークが求めるレベルに合わしてバージョンアップを図っていかなきゃいけなかったのに、山陰海岸ジオパークはできてなかったから「条件付き認定」なのでしょう。

(9月に出た認定結果を報道する記事)

起業セミナーでよく聞くことですが、事業が頓挫するとき、それはミッションとビジョン、バリューも含め、経営理念が曖昧だからと言われます。

「人はきちんと具体的にイメージ出来できることしか行動に移せない。」

とツヴォイ先生も仰ってました。

ジオパークの場合も会社運営と同じく、ミッションとビジョン、バリュー、経営理念が明確で、ジオパークに関わる全ての関係者、住民が理解して同じ目標に向かって行動してたのか?

と言われれば、もしかしたら私も「?」が付くかも知れません。

山陰海岸ジオパークが共和国制のようなイメージが強く、統一感が無くバラバラと、ジオパーク全国大会の時にもいろんな方からお話頂きました。

一番心に残っているのは

「山陰海岸ジオパークって、何がしたくてどこを目指しているのかがよくわからん」

という言葉。

それはまさしく、先ほどのビジョン、ミッション、バリューに他ならないのです。関係者みんながイメージできないのに、事業が進むワケが無い・・・

ジオパークであり続けたいのであれば、

OS=山陰海岸ジオパークのミッション、ビジョン、バリューのバージョンアップも必要。

今後どうなるのか・・・ジオパークカーストでいえば下位の私は様子見です。

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

地方の小さな宿と店の集客サポート 
コムサポートオフィス 今井ひろこ

〒668-0022
兵庫県豊岡市小田井町5ー3フラッツオダイ201
TEL&FAX 0796−24−3139
「コムサポートオフィス」 で 検索!

Mail: info@@@imaihiroko.com (@は一つにして下さい)
URL:http://www.com-support-co.jp

★当社アドバイザーGAKUの骨太販促ブログ★
「コムサポートオフィスアドバイザー ガクの視点」

http://com-support-co.jp/blog

★あなたにマッチするビジネスセミナーの予定は★

主催セミナー開催予定日

☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆・・・☆★☆

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, セミナー聴講記, マーケティング

コメントを残す

  関連記事

送電線に火山灰が2ミリ積もるだけで停電?!〜東大地震研究所中田教授の講演から

先週、日本ジオパーク委員会副会長で東京大学地震研究所教授の中田節也先生がサイエン …

山口県萩市にやってきました☆講演会を前に須佐地区見学

さすが日本海側ですね。週末寒波で昨夜遅くから積もりはじめ、今は5センチくらいでし …

香美町の環境問題について授業をしてきました<後編>

昨日のブログの続きです。小学校で香美町の環境学習の出張授業を行ってきたのですが、 …

お客様を集めるのと売上を集めるのとは違う!

宿泊施設の販促支援を行っていると、卵が先かニワトリが先かという内容に出合うことが …

チラシや名刺、バナーを作るイラストレーター講座、4月から正式に開催します!

昨年秋から試験的に行ってきたillustrator&Photoshop講座ですが …

なぜ私が宿泊業の集客アドバイスができるのか?~2年間の接客係の経験

接客係を経験したことで、今、役に立っていることがもう一つあります。それは、「お客 …

小さなお宿がクレジットカード対応にする方法(2)オンライン決済

昨日お話ししたスマホ決済以外に、端末を導入しなくても良いクレジットカード決済方法 …

「スイスのDMOと日本型DMOの違い」まとめ

先週から一週間にわたって続けてきました、DMO(Destination Mark …

WEBサイトに訪れたお客様を3秒以内に離脱させない方法(宿泊施設編)

最近、私の支援先の一つである宿泊施設のお客様のところで、真っ先に取り組むのはホー …

寒中鍋パにジオパークどん?!☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<4>

2/13(土)に青森県下北半島のむつ市で行われたジオパークフォーラムですが、その …