地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

天草ジオパークで見て&食べた郷土食

      2015/04/16

昨日のブログの続きです。今日は天草ジオパークで食べた郷土料理などをご紹介します。私は今まで約20カ所のジオパークへ講演等に行き、その時に地元の食を出来るだけ食べるようにしています。ジオパークになっているところは特に郷土食が美味しいところが多いので、講演の時にはとっても楽しみにしています。(写真は、天草ジオパーク推進協議会&市町担当者の皆様。本当に仲が良い!)

天草ジオパーク推進協議会

さて、まずは、ジオパーク講演会のあったジオパーク祭りで出ていた、おまんじゅうみたいなもの。これは「いきなり団子」という熊本名物のお菓子だそうです。中はあんことサツマイモの餡で、思ったほど甘くは無く、腹持ち良さそうなものでした。これで1つ150円かな。地元では極めてメジャーなお菓子のようですが、何で「いきなり?」と売り子のオバチャンに聞いても「よくわからない」という返事でした。

天草GP

サツマイモ文化なんですねー、熊本は。そういえば、ジオパーク祭りのときに無料で振る舞われていた豚汁に入っていたのは、じゃがいもでなくサツマイモでした。

野菜で言えば、長いもをすったものにカツオだしの味を付けて鉄板で焼き、マヨネーズとお好みソースをかけたものが、ごく普通に居酒屋メニューになっているそうなのですが、但馬や大阪では見たことがありません。お好み焼きのキャベツ&肉無しという感じですが、ホクホクしてて軽いテイストが美味しかったです。

天草GP

熊本といえば、阿蘇の馬刺し!ということで、天草でも頂きました。半年前に長野県・南アルプスジオパークの伊那市で食べた馬刺しとはまた違ったテイストでした。こちらのほうが薄造りですが肉の味がしっかりとしていたような。

天草GP

刺身で出てきた魚は近海物が中心で、サワラさんなど楽しませて頂きました。イカも店の生け簀で元気に泳いでいました。

天草GP

入り江の多い群島の地形を利用して養殖されているカキも登場。そういえば、姫島ジオパークで見たことのある車エビの養殖、実は日本で最初に行われたのは、ここ天草だそうです。ジオの恵みですね〜。

天草GP

魚と言えば但馬のスーパーでもよく見かける天草の養殖ブリを、本場の天草でも食べました。寒ブリほどの肉の締まりは無いですが、それでも脂が乗って美味しかったです。写真はランチで、これだけで1000円切っていたような?恐ろしいほど安くて美味しかったです。お店の名前を忘れてしまいました・・・

天草GP

美味しいと言えば、天草で製造されているのに天草では購入できない(熊本市内では販売されているようです)、ある種の幻の酒「芋焼酎・池の露」も頂きました。芋焼酎にしてはとってもスッキリとした後味で美味しかったです!(持っているのは、当日私をホテルに送るためにハンドルキーパーになってしまってた、ジオ専門員の鵜飼さん。すみませーん!)

天草GP

最後にジオ菓子を。こちらはこの3月から販売開始された、その名も「ギョコラ」。道の駅・上天草物産館サンパールに売っているそうなのですが、見た目は魚のチョコレート。食べたら、美味しいクーベルチュールチョコレートの味が最初にして、その後はお口の中に煮干しのビターな味が広がる、摩訶不思議なチョコレートでした。最初は違和感あるものの、食べ進めると美味しくなってきます。

ギョコラ

以上、ジオパークで食べる郷土食のお話でした。

<番外編>
熊本といえば熊本ラーメン!JR熊本駅にあるラーメン屋さんで食べた熊本ラーメンは豚骨がキツくなくて美味しい豚骨しょうゆラーメンでした。トッピングにワカメのめかぶが入っていたのが印象的でした。これが醤油味と合うんですよー。また行こうっと。

熊本ラーメン

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ジオパークの恵み, ジオパークの旅

Comment

  1. こんにちは。
    いきなり団子は短時間で出来るので、その即時性からいきなり団子(だご)と呼ばれてます。また、昔の方言で「いきなり」に「簡単」という意味もあります。以上熊本出身の松田でした。

    • 今井 ひろこ 今井 ひろこ より:

      松田さんは熊本のご出身でしたか!いきなり団子の「いきなり」の意味が分かってスッキリしました!熊本のお菓子はグレードが他地域よりも高いように思います。次に講演会へ行くことがあれば、いきなり団子をまた食べたいです。^^コメントありがとうございました。

コメントを残す

  関連記事

「ジオパーク」を誰に何を伝えて、どう行動してもらいたいの?

今回、NPO桜島ミュージアムの福島さんのお話をお聞きして、ジオパークの活動を収益 …

世界遺産とオーバーユース~東北環境教育フォーラムより~

東北環境教育フォーラムのパネルディスカッションでは、地元秋田県や青森県のネイチャ …

ジオガイドは有償にと言いつつ養成講座は無料で行政が開催する矛盾

先日のブログでは、「ジオパークは民間でボトムアップすべき」とトップダウンで行政が …

但馬地方に残る奇祭のひとつ、わら人形を燃やす「ばば焼き」とは?!

昨日、但馬地方に残る奇祭のひとつ「ばば焼き」を見てきましたので、その報告です。 …

福島正伸先生の人材育成術をガイドの仕事に応用したら大成功!

18日にジオパーク国際大会(APGN)のツアーガイドを行いましたが、今夏から通っ …

ビーチクリーンイベントに参加。高校生がんばってます!

先週土曜日、兵庫県の日本海側、豊岡市竹野町にある猫崎半島の付け根、誕生の浜のビー …

但馬牛ガイドコース用のお客様向け冊子を制作中です

今年度、NPOたじま海の学校では、海の学校といいながら、山間部で活動をしています …

10/18竹野浜ビーチクリーンイベント、無事終了〜!

昨日。10月18日の午前中、兵庫県豊岡市の竹野浜海水浴場周辺のビーチクリーンイベ …

11/8 秋田県由利本荘市でジオパーク講演を行いました!

昨日、11月8日、秋田県由利本荘市で、ジオパーク講演会を行いました。来年、ジオパ …

「地域活性化と観光振興が結びつかない違和感」〜先日のブログにご意見をたくさん頂きました

本日は10日にUPしたジオパークと日本版DMOに関連したブログ「ジオパークの図を …