地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

スキー場で儲ける秘訣は『お祭り』〜但馬コネクション聴講記・3〜

      2015/03/30

昨日の話の続きです。先日、豊岡市日高で行われた但馬コネクションという会合に初参加させて頂き、スキー場や地域再生を全国で手がける、日高出身、クロスプロジェクトグループ代表の辻隆さんのお話を聴講させて頂きました。

辻さん

*******

スキー場で儲ける秘訣は『お祭り』。

スキー場の来場者は年間に1ー2回来る人と3回以上来る人とはちょうど半々の割合だが、売上高でいうとリピーターの方が売上が低い。売上高の比率はリピーター2割、初心者が8割の業界。実際、1回や2回しかスキー場に来ないお客様は、花火大会などの「お祭り」に行くような感覚だと思う。お祭りの時、屋台のお好み焼きやサザエがとんでもなく高くても、その場のフィーリングで買ってしまうもの。そういう人に対して商売をするから儲かる。リピーターの声はできるだけ聞かないことにしている。

実はUSJやディズニーランドは1月から2月は寒いから空いている。しかし、寒いときこそ呼べるレジャーがスキーで、それ以外のライバルはいない。USJやディズニーランドも、初めてから1回、2回来たことのあるお客様を相手にするからこそ、物販やレストランなどの収益が期待できて儲かるのである。

スキー場での売上はレンタル、食事の順で伸びている。そういう仕組みづくりが大事。リフト券の売上が伸びないのは、滑る人が乗るからこそ。「仕組み」は単純なほど儲かるものである。

実際、当社で行った例でいうと、リフト券を0円にする代わりに食事は1300円でレンタルを4100円にしているスキー場がある。普通のところは、リフト券を3500円、食事は800円。レンタル1500円。年に1,2度来るお客様は自分の道具を持っていないので、絶対にレンタルを借りてくれる。スキー用品はいま、かなり安くなっていて購入しても2万円程度になっている。このため、更新もしやすく毎年レンタルを新しくする。そのことで、「新しいから借りよう!」という風に使ってくれ、すぐに元が取れる。

スキー

カツカレーに1300円もするって最初は驚かれるが、それなりの味やセットなどを用意したりするので、現地レストランスタッフも気合いが入って前向きになってくれる副次的効果もあった。初心者ほど、余りすべらなくて、コーヒー飲んだり、食事をするため、早朝に来られるお客様のための朝食バイキングなども行い、1日5食食べて頂く仕組み作りに努めた。つまり、食事やレンタルでこそ儲ける仕組みが大事。

*******

新規顧客にターゲットを絞ったマーケティングはスキーだけでなく、スポーツ全体にも言えます。主人が経営するダイビング屋さんも実は同じで、まだライセンスを持っていないお客様が実はいろいろと買って下さったりします。ライセンスを持ってバリバリに潜る方ほど、地元にはお金をほとんど落としません。

逆に民宿は、新規顧客よりも常連様を大切にしましょう、と常連様にターゲットを絞ったマーケティングを行います。ニューズレターを送ったり、先行予約を受け付けたりします。そのことで「第二のふるさと、第二の田舎」と足を運んで下さったり、友達や知人に我が宿を紹介して下さったりします。

儲かる「仕組み」作りは本当に大事です。仕組み無くして仕事なし。

明日へとお話を続けることにします。「この儲けたお金、クロスプロジェクトさんはどうするの?」という疑問に対する答えです。ここが真骨頂だと私は思っています。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, 田舎での商売心得

コメントを残す

  関連記事

ジオパークって民間にどう浸透させればよいの?☆ジオ談会に参加

今朝もよく晴れて、事務所のある豊岡市内は真ん中に川が流れて盆地特有の朝霧がすごい …

若い人たちの就業支援で、シカやイノシシから地域を守ろう

「ふるさと環境交流会in但馬」でのパネルディスカッションでは、会場からも深い意見 …

南紀熊野観光塾 第6期 〜観光振興の本質と広域連携を学ぶ〜【1】塾長講演から

昨年に引き続き、観光カリスマ山田桂一郎先生が塾長を務める「南紀熊野観光塾」に参加 …

香美町の観光で人気は何?ギャップ調査の結果から

じゃらんリサーチセンターは依頼された地域ごとに観光調査も行っています。「香美町」 …

香美町主催の観光商品作りワークショップ2回目に参加!

先週、香美町で行われた、町主催の観光商品作りワークショップに参加してきました。今 …

「鉄道を廃止じゃなくて、道路も鉄道もある地域を守ろう!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

「赤字ローカル鉄道って廃止したほうがいいよね?」ってよく聞きますが 殆どが赤字路 …

地元住民が固定客の道の駅は勢いがあった

昨日朝目が覚めると、それまでの晴天が一変して、雨でした。いつもは静かな洞爺湖の水 …

宿泊施設が観光パンフレットを100%役立たせる方法

今日のブログは、宿泊施設やお土産屋さんなどの観光施設がお客様とのコミュニケーショ …

【開催報告】11/29(水)長野県宮田村のジオパーク講演会に講師として登壇!

先週は火曜日から土曜日までずっと出張ずくめで、ようやく落ち着いてブログが書けます …

私がジオパークと経済活動をつなげたい理由

ジオパークは長期ビジョンとして有効であり、即効性はないけども漢方薬のように地域に …