地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

地域イベント、多すぎませんか?~残すべきイベントとは

      2014/05/26

昨日お話したまちあるきガイド、通常有料でさせていただいているものを「無料」で開催させていただきました。それは、今回のイベント「佐津・訓谷オープンガーデンフェスタ」に賛同したからです。

オープンガーデンフェスタ2014
今年で9回目を迎えた佐津・訓谷オープンガーデン

決してメジャーなイベントではありませんが、ゆるやかにイベント参加者が増えています。このイベントの良さは住民自らが動いて手弁当で開催していること。最初は、集落でガーデニングが好きな人たちが集まってはじめました。次第にイベントとは関係なく、集落全体に花づくりの意識が高まってきました。今ではこのフェスタに合わせ、多くのお家が玄関を飾っています。

佐津集落のお花
庭や玄関以外にも自然に花のある集落

イベントの2日間には有志の民宿さんが食べ物屋さんや喫茶店を臨時で開かれます。パンやケーキ、アクセサリーを販売しているところも。コンビニも食堂もない集落が、この2日間だけたくさんのお店であふれます。私もお昼は民宿さんでいただきました。

さだえさんのカレーうどん
さだえさんのカレーうどん350円

源助ランチ
源助さんのランチ500円

とってもリーズナブル!お財布にもやさしいです(*^_^*)

強制的なやらされイベントではなく、地域住民が自分たちでも楽しんで開催しているのが伝わってきます。大きな宣伝はしていないそうですが、観光客の方も年々増えているということです。私は観光客の方にこそ楽しんでいただけると思います。理由は、楽しんでいる地域の方々と触れ合えるからです。交流を通じて、もしかしたら「この集落に移り住んでもいいかな?」と、思って下さる方が増えたら嬉しいです。

地域住民も楽しんで
地域住民も楽しんでいます!

これからはお金はかけなくても「住民交流型」のこのようなイベントが田舎では大切になってくると予想します。市町村合併以降、住民数は減少し、しかもイベントの実働スタッフ(特に若い人)は更に減っています。しかし、イベントはむしろ増加。今年のイベント数はピークに達しています。毎週どこかでイベントをやっているような状態では、住民が疲弊してしまいます。補助金ありきでイベントを行い、蓋を開けてみると観光協会の職員と役場の職員だけが当日スタッフとして働いているイベントもみかけます。

今の多様化する価値観の時代には、住民の賛同を得られていない昭和の補助金型イベントは観光客からもそっぽを向かれます。

気がつくと、無料配布にたかるような、町にお金を落とさないお客さんばかりになってしまいます。補助金がなくても、行政職員の手を借りなくても、住民と賛同する商店さんや団体さんだけで当日も運営できるイベントを残していかざるを得ないところまで来ていると、私は危機感を持っています。

地域住民が地区運動会やお祭り並みに、本当に楽しんで実施しているイベントにこそ、規模の大小関係なく、それを観光PRにつなげて欲しいです。それが、「地域の人が自ら風土と暮らしを伝える」機会になるのですから。

うん、ジオなイベントってこういうことだなぁ~

地域の人のお話を聞く
地域の人と真に触れ合うイベントを!

 

illust2712
香美町まち歩きガイド「香美がたり」
香住、今子浦、佐津エリア受付中!
ジオパーク公認ガイドが
まちの魅力をわかりやすくお伝えします!
お問い合わせ・申込はこちらをクリック!
10291825_455700764565169_5111936446927707570_n
illust2712

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化

コメントを残す

  関連記事

ジオパークのビジネス活用例・海上タクシー事業

山陰海岸ジオパークには元々遊覧船事業者が岩美町と香美町(どちらも通年運航)とあり …

香美町主催の観光商品作りワークショップ2回目に参加!

先週、香美町で行われた、町主催の観光商品作りワークショップに参加してきました。今 …

アウェイな状況・・・一発逆転は「但馬牛」

昨日は日本海の魚介類と海底地形の関係についてのコラム記事の話をしました。それと同 …

豊岡に新しいコワーキングスペース誕生!FLAP TOYOOKA、早速利用してみた感想

とっても景色がいいところで今朝はブログを書いています。 実は本日、豊岡のじばさん …

「人が仕方なく住む町に未来は無い!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

田舎であなたの商売がうまくいかない7つの理由(3)

私が嫁いで6年、いろんなケースを見てきた中で思った「田舎であなたの商売がうまくい …

地域で出る杭となるトンガッた若者を集めるには?

今回の大交流会において昨日もお話したとおり、他の市町の方々から「こんなポジティブ …

地元住民が固定客の道の駅は勢いがあった

昨日朝目が覚めると、それまでの晴天が一変して、雨でした。いつもは静かな洞爺湖の水 …

若い人たちの就業支援で、シカやイノシシから地域を守ろう

「ふるさと環境交流会in但馬」でのパネルディスカッションでは、会場からも深い意見 …

天然醸造を貫く大徳醤油に私が惹かれた3つのポイントとは?

ここ但馬(兵庫県北部)は、海も山も豊かな恵みをもたらします。 温かい地方に生える …