地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

もうモノだけを売っていてもお客様は来てくれない

   

一昨日は松葉ガニの解禁。私の住む香美町も香住区を中心にこれから5ヶ月間忙しくなります。今年は株価上昇の影響もあって、豊漁なのに結構高い値がついたそうです。関係書の皆さんは、ホクホク顔・・・かも。

ここ数年、私の主人は解禁日に初競り見学のガイドをしています。解禁日にご宿泊いただくお客様をお連れし、競りをする前の準備の様子と競りの様子をご覧頂きます。これは、私たちが進めているジオガイドやまちあるきガイドの一環です。そういえば、同じ日に城崎温泉博覧会でおけしょう鮮魚の桶生さんが津居山港で競り市のガイドをなさってましたね。この動き、どんどん広がってきています。

初セリ祭り

やってみると手応えがあります。まずは、お客様により深い知識や情報を提供することで当地のファンになっていただけること。日本海に数あるカニの水揚げ漁港の中から、なぜ柴山漁港がオススメなのか。おいしさの理由を知ることで「再度訪れるならばここ」という愛着が湧きます。そしてもう一つ、ガイドさんと仲良くなることで、お客様がもう一度会いに来たいと思う人ができる、ということ。行ったことのある観光地を思い出してみてください。美しい景色や美味しい食べ物だけを覚えているのではなく、そこで出会った人とセットで覚えていませんか?会いに行きたい人がいる。それだけで、お客様が再訪してくださる可能性を高くしてくれます。

初セリ祭り

私は会社員時代、ダイビング旅行を良くしていましたが、行く地域、お店は同じ所ばかりでした。ダイビングの場合は、特にガイドさんの存在が大きく、「あの人のガイドでまた潜りたい」「ダイビング後はあの人と一緒に飲みたい」っていうことも、再度訪れる理由でした。

まだまだ「観光地」と呼ばれている地域は景観や食べ物といった「モノ」に頼りがちです。ジオパークをすぐに「景観」と捉えてしまうのも同様です。私の住んでいる山陰海岸でもまだジオパークといえば玄武洞や香住海岸の遊覧船、鳥取砂丘を紹介すること、と思っている観光事業者が多いです。「モノ」はブームや景気の影響を受けやすく、お客様が来なくなると「景気が悪いのだから仕方がない」になってしまいます。景気が悪くても賑わっている観光地はいくらでもあるのです。自分たちで地域にある「モノ」の価値を高める「ヒト」の存在に光を当てる。それがガイドの存在であり、主人のようにお客様をお連れして競りを案内する人がもっともっと増えていけばいいのに、と思います。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, 地域活性化, ガイド, ジオパークとは?, ジオパークの旅, 田舎での商売心得

コメントを残す

  関連記事

オコゼ料理の生中継で気づかされた宿のオンリーワン

昨日、主人が経営する民宿「美味し宿かどや」で、テレビ局の生中継がありました。毎日 …

第5回日本ジオパーク全国大会が南アルプスジオパークで行われた意義

9月27日(土)からの3日間、日本ジオパーク南アルプス大会へ参加し、29日夜23 …

期待を上回る参加者数だった3つの理由!〜ジオパークガイド養成講座

今日は午後から今年初の自然学校リーダー。まだ水が冷たいのになぁ・・・がんばってき …

11月開催のジオパーク講演会のご案内

2015年度も後半にさしかかってくると、増えてくるのがジオパーク講演会です。今年 …

香美町香住区の桜は、まさに今が見頃!(後半)

昨日に引き続き、香美町の海側、香住区の桜の見どころをご紹介していきます。後半は香 …

環境教育は生活教育と捉えよう

先日の「ふるさと環境交流会in但馬」では、環境教育という言葉は漠然としたものと捉 …

田舎であなたの商売がうまくいく方法

昨日まで「田舎であなたの商売がうまくいかない7つの方法」についてお話してきました …

ジオガイドこそ、ジオパークの楽しさを発信しよう

全国各地のジオパークへ講演会に行っています。今日は、高知県で2番目のジオパークに …

ジオパーク全国大会にジオガイドが参加する意義とは?

昨日からニュースレター第4号の作成に入りました。今年2月から、3ヶ月に1回発行し …

ジオガイドは読んで欲しい「2038年 南海トラフの巨大地震」(尾池和夫 著)

先日の土佐清水ジオパーク構想での講演会を前に、是非読んでおきたいと思ったのが「2 …