地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

アウェイな状況・・・一発逆転は「但馬牛」

   

昨日は日本海の魚介類と海底地形の関係についてのコラム記事の話をしました。それと同じようなことがほかの特産品でもいえるのではと思い、代表的な特産品である但馬牛についてすぐに調べ始めました。なぜなら2010年当時、山陰海岸ジオパークは海岸という名前が付いていたために、山間部の方には「山間部はジオパークとは関係ない」と思われていたのです。山陰海岸ジオパークは「海岸」という名がついていますが、南北30km、山側のエリアも含まれています。このアウェイの状況を一発逆転するには、但馬牛をおいて他にない!と。

但馬牛の資料館は新温泉町の兵庫県立但馬牧場公園内にあります。まずはそこへ行き、但馬牛にどういう歴史があり、どのように飼うのかなど、基本中の基本を知りました。大阪から来てその頃3年ほど経っていましたが、但馬で牛を見たことが無かった私。但馬牛は幻の牛、観光客から遠い存在なのです。

但馬牧場公園の但馬牛像
但馬牧場公園の但馬牛像

但馬牛は平安時代の書物に詳細に特徴が記載され、銘牛ベスト10入りするほどの牛です。昭和中期まで、但馬では主に農耕用として棚田などで使われました。1歳になるまで但馬で育てられ、その後神戸や松坂などへ売られて肥育され、やがて「お肉」になるのです。

但馬地方は高い山が連なって谷が深く、山を越えて隣の谷筋へ牛を出すことができず、その谷筋だけという限られた地域でのみ繁殖させていました。但馬の高い山は火山が噴火して流れ出た溶岩でできています。そのため、頂上付近はなだらかな場所や、中腹には大昔の地すべりで平らになった所があります。毎朝、牛飼いの方が牛を山裾の集落からそこへ上げて、夕方になると下すということをしていたそうです。

小代の風景_吉滝キャンプ場から
小代の風景

但馬は高山植物や平地植物が入り混じる植物の宝庫で、但馬高原植物園があるほどです。そういう潤沢な草を食み、山からの清らかな水を飲み、空気もよい。毎年産んでも健康な子供が生まれる、それが但馬牛の特徴の一つでもありました。そして冬は2mもの雪が積もります。但馬牛は人の住む家と同じ住居で家族のように育てられ、厩(うまや)でじっと春が来るのを待っています。人間もじっとしていれば太るのと同じく、牛も同様で、このときにサシ(脂)が入るのです。

今の話を読んで頂いて、但馬地方の雪深く、そして緑豊かな自然と、山と谷が織りなす地形が、平安時代からの歴史ある但馬牛を育てたことがわかって頂けたと思います。それがジオパークのいう「大地と人々の暮らし」です。

但馬牛の仔牛
但馬牛の仔牛

実は順調に続いてきたわけではなく、明治時代には外国産牛と繁殖をするなど、純血の但馬牛は絶滅する寸前になったこともあるのです。それを救ったのも但馬の畜主でした。わずか4頭の純血但馬牛から、但馬牛の歴史は再び始まり、昭和の初めに君臨した日本のキング牛「田尻号」のDNAが、現在日本にいる黒毛和牛の母牛の99.9%に存在する、つまり、今の黒毛和牛の殆どは田尻号の血、但馬牛の血を引いているのです。それってすごくないですか?!

田尻号の記事
99.9%を伝える記事
(朝日新聞社会面にて)

私は但馬牛の本で学んだほか、地元の畜主さんや肉屋さん、牛の獣医さんにこれらの話を伺うことができました。但馬牛の歩んだダイナミックな歴史も合わせて、風土を知ることがジオパークの醍醐味であり、地元に行かなければわからなかった、自分だけが知り得たというワクワク感でもあります。

地元の方に但馬牛の話を聞いた、私のような経験を、ほかの観光客に対してもぜひお話して頂きたい。そう思って、地元住民向けの出前講座や、ブランド牛のいるジオパークでは「ジオパークの恵み」として但馬牛の話をするようになりました。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - 地域活性化, ジオパークの恵み

コメントを残す

  関連記事

もうモノだけを売っていてもお客様は来てくれない

一昨日は松葉ガニの解禁。私の住む香美町も香住区を中心にこれから5ヶ月間忙しくなり …

南紀熊野観光塾 第6期 〜観光振興の本質と広域連携を学ぶ〜【1】塾長講演から

昨年に引き続き、観光カリスマ山田桂一郎先生が塾長を務める「南紀熊野観光塾」に参加 …

一枚の写真から見えてくる地元の今昔物語

昨日のブログで、児童の夏休みの宿題の話をさせて頂きました。子供たちにジオパークの …

ジオパークを活用した地域活性<1>観光業者に向けて

昨年から、健康のために夫婦でノルディックウォーキング(ポールウォーキング)を始め …

「大地(ジオ)の恵みネタ」の探し方~竹野・お醤油の花房さん

一昨日は隣町・竹野にある、しょうゆの老舗「花房商店」の工場見学会に参加しました。 …

豊岡まちバルに行ってきた、Yah!Yah!Yah!

先週、「とよおかまちバル」というイベントに参加しました。バルというのはスペイン語 …

外国人観光客必携のジャパンレールパスに注目☆インバウンド集客

どうして外国人誘客を考えるようになったかというと、まずは宿の立地です。外国人の多 …

「本質に目を向けて知る。その先に変化や繁栄が有る。」ことを学んだ温泉寺

先日、城崎温泉の足湯に浸かったら、足どりが軽くなって「温泉」の効能を感じたワタシ …

インバウンド集客で成功している旅館「清風荘」へ行ってきました!<2>

昨日の湯田中温泉・清風荘さんのお話の続き。インバウンド集客を行っている宿では英語 …

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本 …