地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

販促物やWebページを作るときには、半年以内のリメイク料も予算に入れましょう

   

パンフレットやチラシ、自社ホームページなどのリニューアルや、商品パッケージの変更などをされた事業者の方から、「ホームページを作ったんですけど、売上が思った以上に伸びないんです」というご相談を受けることがあります。

相談 ミーティング

自社商品や事業に対する想いを載せた販促物を作るのって、最初はウキウキするものですが、自分や自社の棚卸しという、大変な作業を伴うので、勢いよく進めていかないと、だんだん疲れてくるものです。棚卸しがおろそかになり、丁寧に自分を分析できない。その結果、途中でWebデザイナーや製作業者に丸投げし、できあがった作品を見て「こんなパンフレットを作って欲しいと言ってない」ということになりかねません。作るとなれば2-3ヶ月で一気に作って、ある程度のところで、いったん世に出し、そして修正していくという作業が、実は自分が理想とする完成形に近づける近道です。

それは、未来の客様がどの言葉に共感して下さるかが、実際に作って世に出してみないと分からないからです。実際に私も自社のパンフレットや、コーポレートカードを作りましたが、これもお客様に共感して頂けるか判断してマイナーチェンジを続けます。

パンフレット自社パンフレットを作りました

最初から自分の思ったとおりのデザインイメージになっていたとしても、お客様から共感されない販促物は売上に直結しないため、売上が上がらない場合は修正する必要があります。

今月下旬に締め切られる小規模事業者持続化補助金を活用して、販促物をリニューアル、或いは初めて作ろうと思っている事業者の方は是非、その予算の中に3ヶ月毎、半年までのリメイク代金も入れて算出をして頂きましょう。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 販促事例

コメントを残す

  関連記事

時には売り込みしない「販促物」も必要です

昨日、「どう行動して欲しいか」という点で、最終的にお客様にとって欲しい行動を促す …

売上が確実に上がるホームページと全く上がらないホームページ

ホームページを作ったからと言ってすぐにお客様から予約や注文が入ってくるとは限りま …

自然相手だけじゃない、事業にも必要な「インタープリター」

先月から、コムサポートオフィスの公式ホームページの制作と、会社案内のパンフレット …

プランタイトルの【現金特価】は今すぐ削除しましょう♪☆楽天トラベル売上UP!

昨日、湯布院のお宿コンサルタント・川嶋雄司さんのブログで知り、楽天トラベルの施設 …

宿のクチコミ評価を上げるには?☆リンスインシャンプー編

先日のブログでお風呂について「お風呂がこんなに狭いなんて思わなかった」と1−2点 …

予約サイトのクチコミの返信は「Q&A」と思って書きましょう

一昨日、昨日とクチコミ活用のお話だったので、もう少し、クチコミの返信についてお話 …

5/17 大地の歴史と特産品との美味しい関係が語れるガイドになろう♪ 〜山陰海岸ジオパークガイド養成講座2日目

明日から江戸へお上りさん。幕張メッセで開催される、地球惑星科学連合大会のジオパー …

写真だけでもホームページは勝負できるぐらい、写真は重要

写真だけでも勝負できるぐらい、写真は重要 今の時代、ホームページは必要って言われ …

「女性目線の観光資源って?」商工会女性部の研修会で講師を担当!

昨日、商工会女性部の研修会で講師を務めました。商工会や観光協会の女性部って研修活 …

ホームページを改訂した後にするべき6つのこと<前半>

昨日、ホームページを改訂した後がスタートで、そこからお客様に伝えて集客につなげる …