地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

フォーカスマーケティングで見つける自店の価値とは?☆楽天トラベル新春カンファレンス2016

   

今朝の自宅前は一面の銀世界!

佐津

昨日、楽天トラベルの新春カンファレンス(勉強会)が行われて日帰りで行きました。帰りには大雪警報が出て、あと30分くらいの処から、除雪の追いつかない道路を花びらみたいなボタ雪が降り注いで、車はスベるし、前は見えないし、運転が大変そうでした、主人が。

雪

さて、昨日の楽天トラベルの勉強会ではマーケティングの講義とワークショップが行われました。

楽天トラベルカンファレンス

月曜開催で参加者がいつもより少なかった
楽トラ新春カンファレンス2016

軽妙な大阪弁が特徴の大阪のコンサルタント・阪本啓一先生がこの日の講師で、題名にもある「フォーカスマーケティング」について教えて頂きました。考え方は藤村正宏先生のエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)に少し似ています。

 

楽天トラベル

フォーカスマーケティングとは、ひと言で言うと「具体的な1人のお客様が喜ぶ商品造成や情報発信などのマーケティングを行うこと」です。宿泊プランを考えるときに「カップルプラン」のような”ざっくり&漠然”とした対象ではなく、「そろそろ結婚したい20代後半の同い年の正社員カップルで、男性が旅行の時にプロポーズも考えている。その男性が彼女のために選ぶプラン」といった具合に、です。

最近の売れる女性向けファッション誌はまさにこのフォーカスマーケティングで構成していて、「そうそう、私もそうなのよ!そう思ってたの!これが私は欲しかった!」というものに共感を得て、本や掲載の洋服を買うのです。

今回のセミナーでは、自分のお店に合う顧客創造方法として3つのステップを紹介頂きました。「たった1人のお客様」に訴えることで「お客様」を獲得し、そこから「コアなファン」という関係性を構築し、競争とは無縁のマーケットを作り出すことができるためには・・・

Step1 自店の本当の強み(コアアイデア)を考える

自店のウリをシンプルに伝える事ができるかということ。そして、今はSNSの時代。伝えた相手に「いいね!」「シェア!」が付くなど賞賛される「ドヤリング」のネタになるかを考える。

☆ドヤリング・・・したり顔の「ドヤ顔」と同様、自慢&自信に満ちあふれたPR・主張することを「ドヤリング」と阪本先生が命名。

Step2 同じ業界を見て、サービスや料金体系をチェック

屋号を変えても通用するようなことはしない。自店でしか提供できないものが強み。屋号を変えて通用するようなら、思い切って辞める。同業者と同じ事しかできていないようなら、自店のウリを根本から考え直す必要あり。

Step3 誰のインタレスト(興味)を満たすのか

Step1と2から導き出した自店の価値を、一番喜び共感するのは誰かを考える。そのお客様にとっては、Joy(喜び)+WOW(感動)+Love(愛)+FUN(楽しさ)があるはず。どうして喜ぶかの理由も合わせて考える。

*****

私もお客様の店で商品のPOPや販促物を考えるときに、具体的に顧客パターンを掘り下げた上で、その人にどういう風に伝えるかをお店の方と一緒に考えています。チラシやホームページを修正する依頼がある時には、たったひと言「そのチラシって、隣の屋号に変えたらどうですか?」って聞くんです。すると、ほとんどが「あ、同じ・・・かも。」という返事が返ってきます。それではお客様に自分の商品や店、オーナーを覚えてもらえません。

お店のウリって同じ集落でも違うものです。だって、経営している方が全く名前も顔も人生も違う人ですもん!そして、何よりお店をしようと思ったきっかけや志が違うもん!それをハッキリ明確にすることが、自分の店に合うお客様を見つける近道です。自分の店のフィーリングに合ったお客様が通う店って、お店にいるだけで、お客様も店スタッフもみんな楽しいんですから。

明日も引き続き、楽天トラベルの勉強会で学んだコトをフィードバックしていきます。お楽しみに!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, セミナー聴講記, マーケティング, 宿泊施設の支援, 楽天トラベルカンファレンス

コメントを残す

  関連記事

宿泊業界は見習いたい航空会社の販売の仕組み

今週早々は支援先の伊豆の宿泊施設さんへ行ってきました。1泊2日で南伊豆の下田まで …

楽天トラベルEXPO2015に参加して感じたこと

今週はずっと分刻みのお仕事が続き、ようやく週末を迎えましたが、来週も金曜日まで分 …

充実感を得るための6つの要素とは? 〜福島正伸先生のセミナーから

「究極のコンサルタント養成講座」という福島正伸先生のセミナーで伺ったお話からお伝 …

「人が仕方なく住む町に未来は無い!」〜藻谷浩介氏の講演から【てしかが観光塾2017備忘録】

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

山陰海岸ジオパークガイド養成講座、受講生募集中!

今日はコムサポートオフィスが企画運営するジオパークガイド養成講座の詳細についてご …

お風呂が狭いという悪いクチコミを減らす方法と返信の書き方

先日、クライアント様より「うちのクチコミに、お風呂が思ったよりも狭いってクレーム …

ホームページを改訂した後にするべき6つのこと<後半>

昨日のブログ「ホームページを改訂した後にするべき6つのこと」の続きです。 4)常 …

タイのパワーブロガーに出石で気づかされたこと☆インバウンド集客

タイのパワーブロガー、タノンさんにお越し頂くときの第一目的は香住ガニがタイ人やそ …

「わたしのマチオモイ帖2015」大阪展に行ってきました

先週18日、大阪産創館でのエクスマセミナー終了後、メビック扇町(関西テレビのある …

学生が考えた、城崎温泉宿泊翌日に回りたい「城崎らしい観光ルート」とは? 〜7/12観光概論の授業から〜

先週まで観光関係事業者は閑散期で、集客方法のてこ入れをしたい事業者様、商工会様か …