地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

香美町の環境問題について授業をしてきました<後編>

      2015/02/16

昨日のブログの続きです。小学校で香美町の環境学習の出張授業を行ってきたのですが、いよいよ、本題。

まず、自分たちと山、畑の間にある問題として、畑を荒らす悪い子がいますよ・・・と鹿の話をさせて頂きました。

香住小学校授業_金谷さん写真は養父市の農家で猟師の金谷智之さんにお借りしました。

まずは鹿の基本、雄雌の見分けかた、運動能力、えさ、木を食べることの問題、山の崩壊について20分ほどお話をして、そこで休憩時間。その後、香美町の町職員で猟師の前田さんに登場して頂き、猟師の暮らし、山の話を約20分ほど、私が質問する形でお話して頂き、終わりの方では児童からも質問して頂きました。

お話の中で印象的だったのは「猟師は山の番人。鹿やイノシシを適度に獲って、山を見守っていく大事な役割を担っている。ただ、猟師はドンドン年を取ってきて減ってくるので、若い猟師がが必要だ」という言葉でした。児童からは「どんな鉄砲で撃っているの?長さは?」「熊が襲ってきたときはぶっ殺して良いの?」と男子らしい質問が多い中で、女子からは「女性も猟師になれるのですか?」という嬉しい質問も。「和田山に吉井さんという女性の猟師がいるよ!」という情報も教えて頂きました。積極的に質問をする児童は少ない学年なんです、と伺っていたのですが、居眠りする児童もなく、みな、真剣に話を聞いて下さって、質問の手がたくさん上がり、ずっと質問コーナーを続けたかったのですが、ふりかえりの時間が必要なので泣く泣く終了。

そのコーナーのあとは「ふりかえり」のワークショップ。この2日前に、海の環境問題について同様の出張授業が香住海上保安暑の職員によって行われたこともあり、香美町の山と海の環境問題について、2日間で学んだことを4人1組のグループで話し合って、どんなことが一番印象に残ったかについて紙に書いてもらい、全員の前で発表をして頂きました。

発表の内容は、この日の猟師の話があまりにセンセーショナルだったのか、山の話の気づきに集中しましたが、そんな中でも、「山の環境が悪くなることで、海にも影響があるということを今回知ったこと」が最も印象に残ったという意見も出てきて、私の目標はクリアしたかな、と思います。

出張授業というのは、私が日頃支援させて頂いている「お客様向けセミナー開催プログラム」と実は組み立て方は同じなのです。児童であっても、いい年の大人であっても、聞いて下さる方によって、言葉を選びます。スライドもわかりやすいものを大きめの写真で準備したり、中だるみしないように、スライドで話す時間を20分程度にしたり、切りの良いところでトイレ休憩を入れ、トークの時間を入れたり、質問タイムを入れたり、ワークの時間をいれて、最後にまとめの時間(ふりかえりの時間)を入れています。だから実は「お客様向けセミナー開催プログラム」と構成が全く同じなのです。昨日のブログの前編から読み直して頂けたら、流れが分かると思います。

今回の授業では、鹿被害の写真を農家で猟師の金谷さん、神鍋白炭工房の田沼さんに提供頂き、本当にありがとうございました。また、兵庫県森林動物研究センターの方々には小学校での出張授業のワークシートをはじめ資料提供をして頂き、大変お世話になりました。なお、同センターでは出張授業もおこなっているそうで、是非機会がありましたら、但馬の小学校でも授業にお呼び頂き、身近な環境問題を学んで頂きたいと思いました。

 

香美町の環境問題について授業をしてきました<前編|後編>

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, 環境・教育, お客様セミナー開催指導

コメントを残す

  関連記事

自店でも応用可能!ガチャめし企画の5つポイントとは? 〜集客アドバイザーからみた気づき〜

昨日は「ガチャめし」の体験談をお伝えしました。舞鶴道西紀サービスエリア(SA)下 …

新型プリウス購入で実感した「営業マンよりSNSの友人からの情報を信用する」

昨日、ブログで新型プリウスを買うのに、ハンドルが許せない、ローンを組むのが一番良 …

みんなでやれば怖くない?! 実際にやってみる「勇気」が出る理由

年齢を重ねると「若気の至り」ということが無くなり、どんなことでも世間体など外野の …

最低限何を書けばいいのかがわかる本「10倍売れるWebコピーライティング」

今日の本は、商品のWebページを作る際に必要な型とキャッチコピーをどう作っていく …

お客様の心に留まる販促物を目指して私が心がけていること

今年から事業として始めた「販促物のディレクション」のお仕事。クライアント様の商品 …

ホームページ制作を価格だけで選んでませんか?

先日から写真のお話を続けているのには理由があります。持続化補助金の申請のご相談を …

写真だけでもホームページは勝負できるぐらい、写真は重要

写真だけでも勝負できるぐらい、写真は重要 今の時代、ホームページは必要って言われ …

小さなお宿がクレジットカード対応にする方法(2)オンライン決済

昨日お話ししたスマホ決済以外に、端末を導入しなくても良いクレジットカード決済方法 …

日本海の漂着物に関する会議に参加しました

先日、日本海沿岸海岸漂着物対策推進懇話会という、長い題名の懇話会に参加しました。 …

販促物やWebページを作るときには、半年以内のリメイク料も予算に入れましょう

パンフレットやチラシ、自社ホームページなどのリニューアルや、商品パッケージの変更 …