地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(1)

      2015/01/09

先日から、宿泊施設への販促アドバイザーのお仕事で京丹後市に通っています。同じ日本海側、山陰なのに、こうも違うのか!と思ったのが、間人(たいざ)港です。但馬の港はどこもリアス海岸の奥に港ができている、あるいは、すぐそばを川が通っていて砂が堆積した町のそばに港ができているなどの理由で、平坦な感じが多いのです。それに対して、間人港はすぐに山が迫っていて、町が崖の上にある、といった感じ。瀬戸内の家島(兵庫県)や男鹿半島の港を思い出しました。

間人港

さて、お仕事で行かせて頂いているのは、観光名所・立岩に近い「うまし宿とト屋」さん。女将の池田さんは地域活性化に熱心に取り組み、漁協とコラボして遊覧船事業を始めておられます。というのも、池田さんは漁協の準会員で、仲買人と一緒にカニをしっかり見て競落してもらい、お宿に仕入れているのです。スゴイ!今の時期は朝に魚を、夕方にカニのセリがあるんですって。香美町の柴山港とは違いますね。

とト屋さん京都丹後・うまし宿とト屋の女将・池田さん

間人(たいざ)港で揚がる松葉ガニ(地物のズワイガニ)は「間人(たいざ)がに」と呼ばれ、漁獲高が少ないために、宿へ泊まっても『時価』扱いになるほどの高級カニで、緑色のタグが目印です。

 

間人がに

なぜ漁獲高が少ないのか。それは小型船で京都府の沖合へ獲りに行くため、波が高くなれば漁に出れなくなるためです。(詳しくは、京都府HPのリンク:ズワイガニ漁業をお読みください) 私の暮らす集落の民宿は、主に柴山港の松葉ガニを使っています。大型船が9隻あり、時化の時でも果敢に大海原へ出てカニ漁をしています(よほどの時化はダメですが)。そのおかげで香住区150軒ほどの民宿へ供給が図られています。

間人がに

さて、その間人がにを、何と先述の池田さんから「事務所開店祝い」として、メス(セコガニ)とオス(間人がに)のカップルで頂きました。実はわたし、松葉ガニの活ガニそのものを調理して食べたことが無いのです。高いですもの!主人も毎日宿でカニ切りをしていますが、完璧な松葉ガニは食べたことが無いとか。「完璧な松葉ガニはお客様が食べるものであって、宿の私たちは食べるものではない」というのが理由です。カニは食べるのに時間がかかり、激忙の宿仕事の中で食べるのは不可能です。

とはいえ、生のカニってどうやって食べればいいのだろう・・・?!悩んでいた私に神様が舞い降りた!「ぼくが切ってあげようか?!」そっか、主人はカニ切りをいつもしているのでした。普通の包丁では民宿のようなきれいなそぎ落としができないので、カニ切り専用の特別な出刃包丁(利き手と逆利きの出刃包丁)で捌いていきました。カニの灰汁はとても強く、手がすぐに荒れますので、手袋をして捌きましょう。

間人がに

どんな風に生のカニを調理すれば美味しく食べることができるのか、 続きは明日お話します。

続きはこちら。
海の京都・丹後半島の間人(たいざ)がにを初めて食べた!(2)

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, ジオパークの恵み, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

今すぐ宿泊予約を増やすためにオフシーズンにしたい3つのこと

桜も終わり、新緑がまぶしい季節になりましたね。山陰では冬が観光のオンシーズンのた …

自分のお店、宿の良さはお客様が一番よく知っている

昨日に続いて販促支援からの気づきです。販促物のキャッチコピーやプラン名を作る時、 …

9/1 ビジネスTwitter活用講座@ヘルメター氏 開催報告 

昨夜、コムサポ販促塾でTwitterの活用講座を開催しましたので、今日はその報告 …

Facebookページとブログの違い

おとつい書いたFacebookについての反響がとてもあり、昨日は何とブログを始め …

「仕事は楽しい!」って思える仕組みを創る~小阪裕司先生の講演会より2

先日聴講したワクワク系マーケティング小阪裕司先生の講演会でもう一つ大きな気づきが …

ホームページがイケてない理由~WEB制作会社の選び方

事業者みんな持っているから、ホームページは作らなあかん。そんな使命感に駆られて、 …

「今井さんは日本ジオパークのアンバサダーだからね!」 〜山陰海岸ジオパークの(日本ジオパーク)再認定審査〜

動きが読めない台風5号。行ったり来たりしてましたが、ようやく動きが見えてきました …

写真だけでもホームページは勝負できるぐらい、写真は重要

写真だけでも勝負できるぐらい、写真は重要 今の時代、ホームページは必要って言われ …

ジオパークが子どもたちに浸透してきている!

一昨日、香美町香住区の一日市地区の区民祭に行ってきました。地域の歴史や文化、様々 …

ジオパークって民間にどう浸透させればよいの?☆ジオ談会に参加

今朝もよく晴れて、事務所のある豊岡市内は真ん中に川が流れて盆地特有の朝霧がすごい …