地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

白山手取川ジオパークで水の旅(3/3)荒忠さんのフグのへしこ

   

今回、フグのへしこを作って100年以上の荒忠さんの工場を見学させて頂きました。小さな木桶に歴史を感じますが、この木桶はもう製造しているところが無いそうで、へしこづくりを辞めた業者さんからも頂いて、現在は4000個あるそうです。

白山手取川GP荒忠さん

フグの卵巣だと半年ほど塩水に漬け、それから麹と混ぜて木樽にきれいに積み上げていきます。

白山手取川GP荒忠さん

こうした状態で桶を4段に載せ、手取川河川敷から採ってきたであろう大きな川原石を載せて、約2年から2年半、いろんな菌の力で旨みを生み出し、ふた夏を越して次の夏前に樽から出して販売し始めるそうです。夏がフェーン現象などで暑く、冬がそこそこ冷える、この気候風土と水が美味しいへしこを作る上で欠かせないとのこと。これこそジオの恵みです。

白山手取川GP荒忠さん

へしこが美味しいのは夏。食欲が落ちたときにお茶漬けにしたり、酒の肴などにもプチプチ感がたまらないのだそうです。昔の人は、猛毒のフグをよく麹漬けして無毒になるどころか美味しくなることが分かったなぁと思います。

「この豊富な湧き水があるからこそ、加工もできるし、大量に洗うこともできる」と、工場内にある大きな水槽を前に仰っていた社長の荒木忠嗣(ただし)さん。確かにほぼ使い放題の水が水道水であれば、とても高くてバンバン使えないと思います。手取川の湧水があるからこその魚の加工業です。

白山手取川ジオパーク

ところで、四代目になる荒木社長に、積極的に家業を継いだのか聞いたら「いやいや、全く。そんな気が全くなくて、ディーラーに勤めていた位だから」。しかし、いずれは継ぐんだろうなぁと思っていたとか。「車の販売はノルマもあるし大変だけど、へしこは安定して売れるから良い商売だよね、夏の臭いはきついけど。」今では5代目になる予定の息子さんがしっかりと後を継ぐために会社に入り、すでに六代目を継ぐお孫さんまで!昭和の時代には周囲にへしこ屋が多かったようですが、今では8軒と大変少なくなったとか。今は地元向けだけの安いへしこばかり売っていても商売が厳しいので、楽天市場などのネット通販に力を入れているそうです。

 

フグの卵巣のへしこを少しあぶって薄くスライスして、夜の宴席で頂きました。

白山手取川GP荒忠さん

他のへしこでは味わうことのできない卵巣独特のコクと旨みが、程よいしょっぱさとともに口の中に広がり、ご飯がとっても進みますし、日本酒のアテとしても最高でした。こういう食文化は続いてほしいですね。

白山手取川GP荒忠さん

ご飯がご飯がすすむくん〜♪

 

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, その他, ジオパークの旅

コメントを残す

  関連記事

日本に”世界ジオパーク”続々誕生~NHKラジオ番組を聞いて(5・終)

10月12日に放送されたNHKラジオ第1放送「私も一言!夕方ニュース」の中ので「 …

お客様が自社サイトより先に注目するGoogleマイビジネス、地方の小規模店舗ほど早急に取り組もう!

連休後半に入って、天気も良くなってきました。宿屋の主人も、コンサルの私も世間が休 …

MacBookAir、ディスプレイが真っ黒で何も映らない症状から復活!

明後日からのジオパーク全国大会でワークショップをする予定になっている私。MacB …

須佐は一年中「活イカ」を提供しているスゴイ地域だった!

先日、ジオパーク講演会に行った山口県萩市の須佐(すさ)地区は海に面した集落で、イ …

城崎温泉旅館視察ツアー「ゆとうや」編~城崎オンパクでジオってみよう(3)

現在開催中の城崎温泉博覧会(城崎オンパク)。60余りある体験プログラムの中には、 …

新聞記事に!!但馬牛と人々の暮らしを感じるシーンが続々!但馬牛ツアー報告(2)

みなさんにお知らせです。何と、先日の但馬牛ツアー、日本海新聞に大きく取り上げられ …

「・忖度」問題に見え隠れするジオパーク関係者のジェネレーションギャップとは?

トレンドワードを使うとネットニュースになりやすい。その記事から見えてきたジオパー …

ノジュールの意味~日本海新聞連載コラム・三笠ジオパーク編

昨日の日本海新聞連載コラム「日本のジオパークへ行ってみよう」三笠ジオパークの続き …

短命県?!青森県のむつ市でディープな昭和を堪能☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<5>

連日、青森県むつ市で行われたジオパークフォーラムを含め、むつ市の魅力をお伝えして …

5/10 山陰海岸ジオパークガイド養成講座2017、香美町でついに開講!

今週は怒濤の気忙しさで、目の下にクマができるほどでしたが、10時間以上寝て、今は …