地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

ジオパークで観光客を集客できない理由は「ウンチクにこだわり過ぎ」(2/2ページ)

   

ウンチクはうっとおしいんですよね、大多数のお客様にとって。写真を見て、キャッチコピーを見てお客様なりに想像し、値段を見た上で納得したら、そこで初めて、もう少し詳しく説明を読みます。自分が旅行へ出かけるときなどに、他社の宿泊プランを探すときにはそういう風に見ているのに、自社のことになるとなかなか気づかないものなんです。

来週、私が企画した但馬牛の農家と牛を訪ねるツアーを開催するのですが、実は一昨日まで2名しか申し込みが無く、どうしてなんだろうと思っていたのです。しかし、今回のことに照らし合わせてみると、すでにツアー名「但馬牛と棚田の暮らしを訪ねる”99.9%”モニターツアー」がウンチクにこだわったものになっていました。

小代モニターツアー99.9%強調版修正版
99.9%というこだわりを見せたかったツアー名。予約は伸び悩む。

「99.9%」ってインパクトがある数字は、日本全国の黒毛和牛の99.9%が今回訪ねる小代谷の牛「田尻号」の血統だったということから、それをプラン名に入れ込んだのですが、それでビビビっと来て申し込む人は相当マニアックなお客様だけかも、と。そこで、プラン名をシンプルに「ナマの但馬牛に会いに行こう!」ツアーに変えてみました。

小代モニターツアー99.9%強調版修正版2
このキャッチコピーに変えて2名参加申込がありました!まだ募集中です!

だって、ホンモノの但馬牛さんを間近に見ることができるんですよ、もう目と鼻の先!ホンモノに出会えるなんて素敵だし、そしてなによりもクリクリっとした目が本当にかわいい。小代で飼われている牛の大半が雌牛、そう母牛。実は畜産農家は女子率高いんです。それを見に行きながら、現地で初めて来て頂いたお客様に対して、しっかりと風土と人々の暮らし、農家と牛との循環型農業について説明する。ここで初めて『ジオパーク』が威力を発揮するのです。

但馬牛ツアー写真
ツアーでは実際に牛舎でホンモノの但馬牛に会います♪

「世界遺産」の場合は、それだけで観光客がどどっと押し寄せます。が、リピート率が低く、2年目3年目になると観光客数の下落も少なくないです。「ジオパーク」はそれだけで観光客は来ませんが、ウンチクや「へぇ~!」の内容が多く、2年目3年目も観光客数は横ばい、あるいは上がっています。つまり、「ジオパーク」は一度来られたお客様の日帰りを1泊に、1泊旅行を連泊に、という効果がありますが、一度も来たことのない方を「ジオパークだから」と来訪にひきつける効力までは未だありません。だから、世界遺産とジオパークを同時に目指す自治体があることを、今はとても理解できます。

今の時代、観光客は写真やキャッチコピーで「共感」したものにだけ興味を示します。だから、ジオパークも最初からジオジオさせないで、「かわいい!」「ジューシーで、あまーいっ!」など、共感を得るようなキャッチコピーや写真でお客様に来て頂き、実際に来て頂いたあかつきには、しっかりと地域の良さをジオ的に伝え、リピート化につなげていくことがポイントだと思います。もし、ジオパークを前面に出してツアー等募集をされてて、集客数が伸び悩んでいたら、ツアー名やチラシのキャッチコピー、宣伝文を「共感スタンス」に変えてみてください。

ジオパークで観光客を集客できない理由は「ウンチクにこだわり過ぎ」(1)|(2)

 

illust3786
中小企業、個人事業主の方、
ジオパーク活用法で困っていたら
ミラサポで今井ひろこを活用!
ジオパーク初、中小企業庁の専門家。
今年度、国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパークとは?, ジオパークの恵み, ジオパークの旅, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

わかりやすく伝えるにはポイントを絞ること

先日、洞爺湖有珠山ジオパークの火山マイスターである川南さんがNHKの「おはよう日 …

世界ジオパーク再認定審査の様子

世界ジオパークの再認定審査のときの話をしたいと思います。もう、ホント、嵐のような …

鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中)の見どころに行ってきた!(後編)

先週末、秋田県と山形県の県境に計画されている鳥海山・飛島ジオパーク(申請準備中) …

白山手取川ジオパークで水の旅(2/3)へしこを訪ねて

白山手取川ジオパークは活火山・白山を水源とする手取川とその伏流水がテーマになって …

「日本のジオパークへ行ってみよう」日本海新聞連載コラム・南紀熊野ジオパーク<上>

遅くなりましたが、2014年12月27日(土)日本海新聞連載コラム「日本のジオパ …

ジオパークは「ボトムアップで住民から」と行政がトップダウンで言う矛盾

最近、ジオパーク関連の会議に出ていて大きな矛盾を感じることがあります。先日も、と …

「ジオパーク」を誰に何を伝えて、どう行動してもらいたいの?

今回、NPO桜島ミュージアムの福島さんのお話をお聞きして、ジオパークの活動を収益 …

短命県?!青森県のむつ市でディープな昭和を堪能☆2/13ジオパークセッション下北ジオパーク<5>

連日、青森県むつ市で行われたジオパークフォーラムを含め、むつ市の魅力をお伝えして …

ジオパークのビジネス活用例・シーカヤック事業

ジオパークをビジネスに活用する場合、最初に注意しておかなければいけないことは、即 …

「月刊兵庫教育」7月号にジオパークについて寄稿<1/4>

今年3月に兵庫県立教育研修所から「学校の先生方に対して、ジオパーク活動の話を中心 …