地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

自分の強みに気づいていない経営者って多いんです

      2014/11/30

今月、伊豆半島ジオパークにある2カ所の事業所に販促アドバイザーのお仕事に行っていました。一つは食品販売、もう一つは旅館です。どちらもジオパークをどう事業に活用したらいいのか、どうすれば利益が上がるのかというご相談でした。

伊豆半島ジオパーク

「ジオパークはネットワーク活動♪」
視察で訪れていた静岡県の川勝知事と
ガイドの佐野さんと一緒に(浮島海岸にて)

ジオパークで直接、商品開発をする。例えば、特産品の食品をお土産タイプにして販売する、ジオパークのポロシャツを作って販売する、大地に根ざしたということで水を販売する、カヤックツアーを行う、などなど・・・。しかし、それはジオパークエリア内の限定的なものですし、持続可能な事業になっているところはまだまだ少ないようです。

私はジオパークを間接的に活用して事業を展開してほしいと、いろんなところで伝えています。確かに、日本でジオパークに関わる自治体(準会員、その予備軍含めて)は、国内の全自治体の2割弱まで増えています。すごい数だと思いますが、逆に言うと、日本の自治体の8割はジオパークを知らないということを意味します。ほとんどのところが知らない、といっても過言ではありません。自分のお客様がジオパークエリアの中にしかいないのであればともかく、日本全国に住む方や旅行者が購買者になり得る場合、商品価値の説明には、まずジオパークの説明から入る必要があります。その説明に慣れていないと結局、商品価値の伝え方に手こずり、商品が売れなくなるという悪循環になってしまいがちです。

実は、ジオパークを何としてでも商売に使いたいと思うあまりに、商売に肝心な「大事なこと」が見えなくなっている経営者が多いです。今回アドバイスさせて頂いた2事業所はどちらも「オーナーやスタッフの強み」が、ジオパークにたずさわり、他人よりジオパークに詳しいことと思っておられました。それらは確かに強みなんですが、それ以上に事業に生かせる「真の強み・より強い個性」というものを経営者はそれぞれ持っているのです。ご本人にそれを伝えると

「あのぉ、それでいいんですか?それがそんなにすごいことなんですか?当たり前のことと思ってた・・・それって商売に生かせるんですか?」

と何度も聞かれました。それくらい、真の強みに気づいていない経営者の方が多いんです。

私は、ジオパーク推進員の時代、ジオパークで「地域のあるもの探し」をし、この地域でしか語れない理由をジオ的な視点で探り、その結果を商品のPRや観光MAPに落とし込んでいました。その手法は、実は人に対しても同じなのです。その人だからこそできること、過去に培った技術、趣味などが事業に生かせることがあるのです。新しい技術や商品アイデアというものは、急に生まれるものでなく、今まで世に出ているアイデアや商品を掛け合わせたものといいます。自分が辿ってきた人生の中で、今の事業に生かせることが必ずあるはずです。振り返ってみると「あぁ、あの時やってて良かった」と思うときがあるはず。

伊豆半島ジオパーク

下田駅にある黒船の模型。黒船来襲くらいの変革が必要ですね

真の強みに気づく方法。それは、残念ながら第三者に見て頂くほかないのです。自分の目玉が前や周囲をみるためにあるのであって、自分の顔を自分の目玉では直接見ることができないのと同じです。鏡などの道具を通して見たり、他人から指摘して頂いたり、そうでもしないと自分の素顔って見えないのです。そして気づかせて頂いたら、それを真正面で受けとめ、活用すること。心配なら、セカンドオピニオンのようにいろんな方に訪ねてみたら良いです。「私の強みって何だと思いますか?」って。もし、経営者の方で自分の強みをうまく事業に活用できているか自信のない方は、私にご相談ください。

 

illust3786
ジオパークの推進協議会の皆様
中小企業、個人事業主を含む
ジオパークの民間事業者支援は
ミラサポで今井ひろこを活用!
国の支援制度で、年3回まで
指導料は一切不要。今がチャンス!
詳しくは私のこちらのブログを参照ください!
180x50
illust3786

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, ジオパーク, マーケティング

コメントを残す

  関連記事

地方創生に!朝ごはんフェスはこんな風にすればもっと面白い!?

一昨日、昨日とブログで続けてきた朝フェスのお話の最終話です。ホテル、旅館、民宿、 …

自分の店の強みを知っているのは、お客様!

今月も但馬、佐用町、京丹後市の事業所様へ販促支援に行かせて頂きました。本当にあり …

道路沿いの看板で何を伝えるか、考えてみましょう

毎日、香住-豊岡間を車で通勤していると178号線沿いで看板を見かけます。先日ビッ …

インスタグラムの公開設定がFacebookで友達限定のままではもったいない!

今日はウイルス性胃腸炎でダウン。病院へ行き、点滴を打ってきましたが、トイレが友達 …

5年後もガイドとして活躍したい人にインタープリテーションスキルが必須である理由

兵庫県北部・豊岡市で宿専門の集客アドバイザー時々観光ガイドをしている今井ひろこで …

兵庫県の助成金申請でのプレゼン審査・面接審査攻略のコツ

兵庫県の補助金・助成金申請で10万円を超えるものについて、書類審査の他に面接やプ …

住民に対しジオパークに興味を持たせる3つの仕掛け(1/2)

先週登壇した東北環境教育フォーラムで頂いた質問のお答えシリーズ続きます! 地域を …

「女性目線の観光資源って?」商工会女性部の研修会で講師を担当!

昨日、商工会女性部の研修会で講師を務めました。商工会や観光協会の女性部って研修活 …

福山市でイチバンの発信力=チェック社長、豊岡に現る!〜8/30コムサポ販促塾開催報告

今朝も猛烈な風と雨です。遠く四国沖に台風があるのに、連日の雨です。最高気温予想も …

ジオパークはサラダボウル?!

25日の山陰海岸ジオパーク国際学術会議で国内招待講演として、首都大学東京の菊池先 …