地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

小規模宿泊施設で集客できるブログを書く方法2~書き続けることの価値

   

ブログについてのお話を昨日より続けます。まず最初にお断りしておきますが、ブログを書いたからって、すぐに売上が上がるわけではありません。かといって書いている(書き続けている)のと書いていないのとでは大きく異なります。更に言えば、書き続けている効果を最大限に発揮できる状態でブログを書いていかなければなりません。

ブログは資産です

私のブログ記事のurlはimaihiroko.comの後に/数字になっています。つまり、自分の公式WEBサイト(ホームページ)が毎日1ページずつ増えていっている、ということです。3年書き続ければ1000ページもあるホームページ、ということになります。これが宿泊施設さんのブログならば、おそらくその地域やお宿のウリとなるキーワードは何度も登場することになるでしょう。すると、そのキーワードに関して詳しいサイト、という評価を検索エンジン(googleやyahoo)からしてもらえる可能性が高くなるのです。

よく「SEO対策」と言いますが、今は業者さんによる様々なテクニックではなく、コンテンツ(内容)重視となっています。内容の濃いサイトが高評価を受ける。毎日更新し最新のデータを提供しているという最新性と、充実したコンテンツ(内容)が伴えば、どこよりもその検索キーワードでの優位なサイト、つまり検索すれば検索結果ページの上の方に出てくるということになります。

例えばGoogleで「日本海 オコゼ料理」と検索してみてください。うちの主人の宿が上位3つを占めています。「香住」とか「兵庫」といった狭いカテゴリではなく「日本海」という広いカテゴリで、です。

「日本海 オコゼ料理」で検索ブログからしっかりキーワードが検索で抽出されています

もちろん、ブログを書いたからすぐに検索エンジンに載る、というわけではありません。検索エンジンに載りやすくするコツはあります。

今、主人のブログの流入は75%がgoogleやyahooなどの検索エンジンからです。

主人の宿ブログの集客ルート分析↓↓↓
ブログルート実はFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアからは10%未満

約800日続けている主人だとこんな感じです。ブログはページ数(記事数)が増えれば増えるだけ検索されるチャンスが増えます。つまり、書けば書くほど資産となるのです。

まずは100記事書いてみましょう

私自身、このブログを立ち上げた時に半信半疑で続けていました。いつまで経ってもFacebookの友達からのアクセスしかありません。1ヶ月ほどでしんどくなってきたのですが、頑張って3ヶ月続けてみました。すると4ヶ月目、100記事を超えたところから急激に検索からのアクセスが増えたのです。

月別アクセス数私のブログ。4ヶ月目から変化が

100記事を超えるあたりで一気に検索エンジンに載り、アクセス数が急増するのは本当でした。

こちらのブログでも「100記事前後」となっています
↓↓↓
毎日こつこつブログ書いてたら、どんどん検索流入が増えるよ!

主人の宿ブログは来年には1000記事に達します。こうなってくるともはやデータベースです。このブログもそうですが、多くのブログでは「ブログ内検索」の窓があります。例えば、宿泊施設のブログで、地域情報を日々掲載していたとしたら・・・。お客さまにとって「◯◯地域のことを調べるんだったらグーグルよりも◯◯さんのブログ内検索した方が詳しい」と思って下さって、ブックマークしてくれる可能性があります。これはまさに「ブログのファンを作る」という行為なのです。

ブログは面白いことを書かないといけない、有益な記事を書かないといけない、と思いがちですが、記事を貯めていけば、何らかのデータベースとして専門性を持たせることができます。続けることでアクセスが上がる。でも、「100記事で検索エンジンに載る」「1000記事でデータベースとなる」にはいくつかの決め事と、どのブログサービスを使えばよいか、というお話になります。明日はその話をしていきたいと思います。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - コムサポートオフィス, マーケティング, 伝える力200%UP, 宿泊施設の支援

コメントを残す

  関連記事

「襖のシミが気になりました」を無くそう!☆宿のクチコミUP大作戦

お部屋の設備に関するクチコミで目にするのは「襖・障子の汚れ」です。破れているのは …

小規模事業者持続化補助金が追加募集に!申請書サンプル例も参照してね!

先週3日、ブログでも何度かご紹介した、小規模事業者持続化補助金の第二次募集の採択 …

男子の一人旅が増加?! 観光振興セミナー2015大阪・聴講記<1> 

昨日、リクルート・じゃらんリサーチセンター主催の観光振興セミナーに主人と共に参加 …

セミナーにおける自己紹介の必要性(1/2)

火曜日にお客様向けセミナーの運営指導を行った時に、講師をなさった方が自己紹介を2 …

誰に読んで欲しくてブログをUPする?

開業準備を始めた4月1日に同時に書き始めたこのブログ。辛い日もありましたが、毎日 …

昨日、当事務所の経営革新計画が承認されました!

昨日、コムサポートオフィスで一つの節目となる出来事がありました。 1年かけて練っ …

クチコミ対策に特化した宿向けDVDを製作した理由

昨日、Facebookで新発売のセミナーDVD『クチコミに負けるな!宿泊予約サイ …

セミナーを開催し、お客様との関係性を深めよう〜日本酒セミナーを開催して思ったこと〜

先週日曜日、豊岡市内の映画館「豊岡劇場」の小ホールで、日本酒セミナー「初夏の日本 …

持続化補助金の申請書に記載するときのポイント

いよいよ、今月27日に小規模事業者持続化補助金の第2回目(今年は最終)の締め切り …

選択肢の多さは、選べないから買えないという「決断疲れ」を生む

「決断疲れ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?昨年秋のニューズウィークWe …