地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

香住ベニガニ、松葉カニ、セコガニ、黄金ガニ、ズワイガニの「かに5種食べ比べ」は至極の味(2・終)

   

昨日のブログの続きです。昨日は紅ズワイガニ、マツバガニ、セコガニ、冷凍ズワイガニの4種類を食べたのですが、ここで、刺身の食べ比べとして、楽しい取り合わせも登場しました。

城崎オンパク香住カニ市場・山田店長の解説を聞きながら、カニを食べ比べている様子。

何と、香住ベニガニとの対決として、何と黄金がにが登場!滅多に手に入らないカニで、私も初めて。ここまででテンションが高いのに、さらにテンションが最高潮に!黄金がにというのは、紅ズワイガニのメスと松葉カニのオスの間にできたカニです。カニの姿は紅ズワイガニそっくりなのですが、カニの裏面が松葉ガニの遺伝のせいで白いのが特長です。昔は半ベニと呼ばれ、二束三文だったそうですが、ここ5年ほど前から、希少価値(ほとんど獲れない)で、かつ濃厚な味わいということで、「幻のカニ」と言われて、ハイブリッド(カニ)、黄金がになどの名前で、日本海側(特に能登など)は一気に人気が高まってきています。

城崎オンパク香住

まずは刺身を食べてみて、ということで、早速食べてみました。松葉ガニの刺身は、あまり味がなくて、弾力だけを味わう感じなんです。冷水にさらすと活けのカニでは花が咲くように繊維が膨張して開くので、活けのカニを使っているか使っていないかを見分けることもできます。黄金がにの刺身は殻を剥いてそのまま食べましたが、繊維が透明で弾力はあるのに、カニの上品な甘さも感じ、「黄金がには(あまりの美味しさに)漁師しか食べんかった」というのも納得です。香住ベニガニもカニの甘さがしっかりあって、弾力は少ないですが、繊細な味でとても美味しい。むむ。どちらも甲乙つけがたい。

城崎オンパク香住

刺身はその他に、今獲れる赤いか(ソデイカ)と甘エビも出してくださいました。赤いかの刺身は1年冷凍で寝かしたものだそうです。「〆てすぐのはうま味成分がなくてコリコリしているけど、冷凍して熟成させると、アミノ酸が出て美味しくなってくる」と店長が教えてくださいました。1年も冷凍庫にいれるの?!「業務用のマイナス50−80度で1年寝かせるのが美味しいんだけど、家庭ではそんな温度じゃなくて、マイナス18度くらいだから、1ヶ月ほど寝かせれば、柔らかくてねっとりとした美味しい赤いかの刺身ができるよ!」と家庭での食べ方も教えていただきました。甘エビもスーパーで売ってる小さい甘エビでなく、かなりメタボな甘エビで、食べ応えがありました。甲殻類vs魚介類の刺身は、どれも美味しく、甲乙つけがたいですね。

城崎オンパク香住

黄金がにのしゃぶしゃぶも店長にタイミングを教えて頂きながら、鍋の中でシャブシャブシャブと3回してすぐにお口の中へ。レアくらいが一番美味しいという店長の意見に大賛成!刺身以上に甘みが引き立ちます。

城崎オンパク香住

 

そして肩の部分は焼きガニに。これも身がホロっと綺麗に取れて、紅ズワイガニの良さを遺伝しているなぁと感心!

城崎オンパク香住

甲羅味噌は2人で1つ頂きましたが、松葉ガニのクリーミーな味わいと、あっさりした味噌の紅ズワイガニを足して二で割った感じの、本当に食べやすいし美味しい味噌でした。ご飯に載せて食べたらナンボでもいけそうな、そんな味わいでした。

城崎オンパク香住

コース終了後はお買い物タイム。先ほど食べた香住ベニズワイガニも松葉ガニも特別に安くして頂きました。

城崎オンパク香住

本当に最初から最後まで店長の太っ腹なご配慮を頂いての食べ比べツアー。アンケートを見ると全員が「来年も来ます」?! 年に一度の食べ比べツアー、また来年もお楽しみに!

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク, ガイド, ジオパークの旅, 山陰海岸ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

かつて北前船が運んだ「石州瓦」を秋田でも発見!

昨日のブログの最後のほうで、 他のジオパークを見学することは、自分のジオパークと …

「生まれも育ちも但馬!〜黒毛和牛のルーツ・但馬牛の今」を視て。

今朝6時から朝日放送で放映された「日本!食紀行」という番組。今日は和牛のルーツ・ …

東三河・蒲郡市の見どころ探訪・竹島へ行ってきた!

11月29日に愛知県蒲郡市で行われた「東三河にジオパークを!シンポジウム」で登壇 …

ジオガイドの賠償責任保険の加入について

山陰海岸ジオパークの場合、養成講座を修了後、ジオガイドとして推進協議会に登録しよ …

自然の造形に思わず息を呑む竜串海岸〜土佐清水のジオパーク講演会外伝

土佐清水市でのジオパーク講演会の前日、15時半に土佐清水市に近い土佐中村駅に到着 …

「山陰海岸ジオパークビジネスフォーラムin京丹後」に行ってきた!

3月22日に山陰海岸ジオパーク・京丹後市峰山町で行われた「山陰海岸ジオパークビジ …

2014年のブログ人気記事ベスト5

番宣でNHK紅白歌合戦がされるようになってくると、いよいよ大晦日が近づいてきたな …

但馬牛の安産祈願「大日祭り」に行ってきました!<上>

香美町小代は現在の黒毛和牛のルーツとされる但馬牛発祥の地。一家に一頭、農耕牛とし …

12/3(日)大混雑の余部クリスタルタワーでジオを叫ぶ?!【余部空の駅ガイドデビュー】

先週OPENした、余部クリスタルタワー。高さ40mのところにある展望台「余部空の …

ジオパークが急激に広がった5つの理由(2/2)

昨日のブログの続きです。東北環境教育フォーラムで登壇した時に頂いた質問で、ジオパ …