地方の小さな宿とお店の集客をサポート!「今井ひろこドットコム」

宿泊施設や店舗の集客コンサルティング、プレゼンテーション指導、研修会、ジオパークにおける地域活性化を行う今井ひろこのブログサイトです

*

「お客様を喜ばせる」がゴール~桜島・錦江湾ジオパーク福島大輔さん

   

2人めの講師は桜島・錦江湾ジオパーク福島大輔さん。私自身は2度、桜島錦江湾ジオパークに訪れていますし、先日の南アルプス全国大会でもお会いしています。

日本ジオパーク南アルプス大会南アルプス大会にて今回の打ち合わせの様子

福島さんといえば、下記TEDの動画があまりにも有名。

「想像力は世界を変える」

こちらの動画でお話されていることは、ガイドの真髄的なこと。「知識を共有し想像力を引き出す」という、福島さんがガイドをする際に最も気をつけていることだそうです。この更に深い部分を今回はお話いただけました。結論として福島さんが最も言いたかったこと。それはガイドは誰のために、何のためにするかというと「お客様を喜ばせるためにする」ということです。

お客様を喜ばせること「お客様を喜ばせること」とは?

福島さんのお話はとてもシンプルでわかりやすいです。ガイドは誰のためにやるのか?そもそもジオパークって何のための活動?地域活性化?観光事業?ボランティアガイドさんの生きがいのため?全てNoです。それらは全て目的ではありません。まずは前提としてお客様に喜んでもらうこと。それによってお客様がガイドを受けた地域を好きになり、結果としてその地域が元気になる、という循環ができること。あくまで結果そうなるのであって、全ては地域のためではなくお客様のため、という考え方が重要です。

ガイドは誰のため?重要なのは、お客様に満足していただくこと

良いガイドかどうかを判断するのはジオパーク関係者でも行政でも地域住民でもありません。お客様です。

良いガイドとは?判断するのはお客様

そのためのスキルアップとしてプロ意識の重要性もお話いただきました。

ガイドの養成自ら学ぶ努力を持つこと

全ては「お客様」目線で考える。当たり前でいて実は抜けている視点です。これってマーケティングですよね。このお話をお聞きして、改めて色々な気付きがありました。多くのジオパーク関係者にとって耳の痛い話かもしれません。明日はそんな衝撃的なお話をさせていただきたいと思います。

The following two tabs change content below.
今井 ひろこ

今井 ひろこ

1968年生まれ。大阪府出身。住友精化(株)研究所に17年勤務。在職中に但馬の環境教育を支援するNPOを設立。自然豊かな暮らしに憧れ、日本海に面する兵庫県最北の町・香美町へ移住。2010年より観光まちづくりに関わり、地域資源を活かしきれていない事業者に出会う。2014年9月にコムサポートオフィスを設立。年30回の講演や110回のコンサルティングを実施。事業者のやる気を引き出し、売上につなげるアドバイスをしている。

 - ジオパーク

コメントを残す

  関連記事

観光に携わる人ほど旅に出て、観光客視点で見てみよう

この秋は長野県伊那市や沖縄本島へ出かけました。日頃は観光客を迎える側ですが、仕事 …

ジオパーク国際大会ツアーでのバス添乗ガイド、無事終了しました!<上>

18日(金)に、ジオパーク国際大会でのツアーガイドを行ってきました。今日はその報 …

「ジオパーク」名称使用に思う

先月、新聞の但馬欄で「ジオパーク」の名称使用についての記事が掲載されていました。 …

ジオガイドをして欲しい人のところにまだ情報がいっていないだけ

今日は久しぶりに陸のガイドのお仕事が入りました。「香美がたり」プライベートガイド …

ジオパーク看板こそ戦略的に作るべし

昨日、ジオパークの看板には目的別に最低4種類あることをブログに書きました。看板は …

活躍するジオガイドが各地から幕張に集結?! ガイド分科会2017スタート♪

おはようございます。兵庫県で宿泊施設の集客アドバイザー時々ジオガイドの今井ひろこ …

ジオガイドのリスクマネジメント★そのガイド屋、お客様ファーストですか?

京都からおはようございます。京都は相変わらず外国人が多く、夏の観光真っ盛りという …

ジオパーク専門員の雇用問題について多数ご意見頂きました

昨夜、鳥取空港経由で香美町の自宅へ戻りました。実家が大阪市内と都会育ちの私ですが …

ジオガイド量産の善と悪☆ジオガイド資格の更新を前に

先月、山陰海岸ジオパークに興味のある方々20名近くが集まり、「ジオパーク談話会」 …

ジオパークの専門員ってどんな仕事?

羽田空港からブログを書いています。日本地球惑星科学連合大会という地球科学、地学、 …